走行距離によって査定価格は変化?10万キロ超えの車も高く売ろう

走行距離によって査定価格は変化?10万キロ超えの車も高く売ろう車売却について

1つの車を長年に渡って乗り続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな愛着ある車を手放し、新車に買い替えるということもあるでしょう。もしそうなったとき、いまの車がどれくらいの価格で売れるか気になりますね。長い期間乗り続けると、その分その車の走行距離はのびていきます。

しかし、買い取り時の査定で走行距離が10万キロを超えるとその車の査定価格が急激に落ちるといわれています。そんな話を聞くと愛車が安い値でしか売れないのではないかと落胆してしまう方も多いはず。もし、走行距離が10万キロを超えていたとしても、出来る限り高値で売却できたらうれしいですよね。では、どうすれば走行距離が長い車でも高く売ることができるのでしょうか。

走行距離と査定価格の関係

そもそもどうして走行距離が長くなると査定価格が下がってしまう傾向にあるのでしょうか。それは車体の劣化が進んでいると見なされるからです。同じ車を乗りつぶせば乗りつぶすほどエンジンが劣化して不具合が発生しやすくなるのが想像できると思います。また、劣化が進んでいるのでその分メンテナンス費用がかかり、維持費用が割高になってしまいます。中古車を買おうとする人の立場から考えると、わざわざ高いお金を払ってまでもそんな不具合が出る車を購入したいと考えるのが普通です。

「走行距離が長い=劣化」は本当なのか

走行距離が長くなればなるほど車の劣化が進んでいると考えられているということは先ほどもお話ししましたが、実はそれは一概にはいえないのです。
だいぶ昔ですが以前私が新車の購入でこれまで使っていた車を下取りに出した際に、エンジンに使われる部品そのものが新車では進化しているということをディーラーの担当者さんから聞きました。もっというと、技術の進歩によってどんなに使い倒したとしても従来の車よりもエンジンそのものが摩耗しにくくなったということでした。

そうすると、10万キロ以上を走った車でもその車に使われている技術が古いのかどうかつまり比較的新しい車種やモデルなのかどうかによってその車の価値というのは変わってきそうな気がしませんか。車種やモデルが古く走行距離が長いとその車がこれからも使えるのかという疑問に中古車の買い手は直面することになりますが、走行距離が長くても比較的新しい車なら技術の発達によりまだまだ使えそうだと考えるはずですね。そう考えると走行距離が10万キロを超えているといっても、その車の摩耗度合いは車によって千差万別であり、その車の価値も一律ではないということがわかるはずです。

ディーラーに下取りを出すべきかしっかり考えよう

新車の購入はディーラーで行いますが、ディーラーから持ち掛けられるのが「下取り」です。この下取りはディーラーに車を売却し、そこで得られたお金を新車の購入費用に使われる仕組みになっています。しかし、車の売却先としてはディーラー以外にも中古車買い取り専門の業者もあります。ですから、安直に下取りに出すのはあまりおすすめしません。しっかりと比較、検討したうえでどこを売却先にするのかを選ぶのが賢いやり方です。

そもそもディーラーは新車の販売をメインに行うところです。ディーラーによっては走行距離が長くなりすぎると廃車をすすめられることも多いようです。彼らにとってみれば新車よりも狭い販路で中古車を販売しなければならないわけですから、高額に中古車を買い取ることは不利益でしかないのです。また、販路が狭い分どういった中古車の需要があるのかをつかみにくいところがあります。

また、下取りは査定価格を競合させることはできません。例えばトヨタのディーラーでアクアの購入が決まると、そのディーラーでしか下取りを出せないからです。もし、複数の中古車買い取り業者に査定を依頼すればその業者の間で査定価格を競合させてその額をつりあげることが可能です。
というわけで、ディーラーに下取りを出そうとお考えの方は早急に下取りを出すのを決めるのではなく、中古車買い取り業者も選択に加えてしっかりと吟味することが大切です。

走行距離が長くても価値のある車とは

技術の進歩により走行距離が10万キロを超えていたとしてもそれが故障に直結するとは限らないというのはこれまで説明してきた通りです。その他にも実は走行距離が長くても壊れにくく、買い取り時に高い査定額がつく車も存在します。

それはメンテナンスが定期的に行われてきた車です。もちろん車を使えば使うほど部品は消耗し、車は劣化していきます。その劣化を防ぐためにメンテナンスがあるわけですが、
このメンテナンスが定期的に適切に行われて入れば劣化が進みにくくなります。仮にまったくメンテナンスがされていない走行距離10万キロ超の車と定期的に部品の交換等がなされた走行距離10万キロ超の車とでは明らかに劣化の度合いが違うのは明白ですね。

また、中古車買い取り業者が車を買い取ったあと国内ではなく海外で販売されるというケースも多くあります。日本では走行距離を気にする風潮がありますが、海外の人々から見るとあまりそれを気にしないみたいです。海外では壊れるまで1つの車を乗りつぶすことも普通のようで、日本のメーカーがつくる車に品質の面で信頼を置いていることもあって日本の中古車が世界では高く売れることが多いようです。それに加え、自動車そのものを自国で生産していない国もあり、そういった国から見れば車の供給には輸入に頼らざるを得なくなり、仮に走行距離が長くても品質の良い日本車を好まれるということもあるようです。

このように海外で人気のある日本の中古車ですが、海外に販路を持っているのは圧倒的にディーラーよりも中古車買い取り業者の方が多いです。中古車買い取り業者はそのような海外での日本車の需要を加味したうえで査定をしてくれるのでディーラーで下取りに出すよりも買い取り価格が高くなる可能性が高いのです。

中古車買い取り業者にも査定を依頼しよう

これまでのまとめとして、走行距離が10万キロを超えている車を売却するときはディーラーでの下取りをすぐに決断するのではなく、中古車買い取り業者にも査定をしてもらってどこにいまの車を売却するかを判断すると良いです。しかし、いちいち自分で連絡をとってさまざまな業者に査定を頼むのは面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

愛車がいくらで売れるか一括査定で確認する

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。

まずは、車の一括査定を利用して、現在のあなたの愛車がいくらで売ることができるかを確認だけしてみましょう!

車売却について
シェアする
ks_paint0329をフォローする
車売却ウルゾ

コメント