10年落ちの車は買取してもらえる?10年以上経った車を高く売る方法とは?

5010年落ちの車は買取してもらえる?10年以上経った車を高く売る方法とは?お役立ちコンテンツ

年式古い車を手放したいと考え、車の買い替えを検討している方もいらっしゃると思います。そのタイミングとしては現在乗っている車が「10年落ち」になったときだといわれています。しかし、車の年式が新しいほど高く販売され、年式が古いほど安く販売される傾向にあります。ですので、あまりにも古い車を売ったとしても大した金額にならないのではないかと考えるのも自然ですね。

しかし、諦めるのはまだ早いです。10年落ちの車だとしてもしっかりとした値が付くことだって十分にあるのです。では、どうすれば10年落ちの車でも高く買い取ってもらえるのでしょうか。

年式とは

中古車の話になると、みなさんは「○○年落ち」ということばを耳にすると思います。これは年式が現在から何年前なのかを表しています。そもそも「年式」とは何なのかご存知でしょうか。これはその車が製造されて登録を受けたのがいつなのかを示したものなのです。現在使っている車の年式は車検証の「初度登録年月」から、あるいは新車保証書の「登録日」から簡単に確認できます。

買い替え時期が「10年落ち」になるのはなぜか

記事の冒頭でも述べたように車の買い替えのタイミングはその車が10年落ちになったときが多いと思います。その理由は車を長期間乗り回すとメンテナンスの費用が割高になる傾向にあるからです。

もし、10年落ちの車に乗っていて部品交換などで高いお金を払うのと買い替えのタイミングだととらえて新車に乗り換えるのとではどちらをいいでしょうか。おそらく古い車に高いメンテナンス費用をかけるぐらいなら、これを機に新しい車に乗り換えようと考えるはずです。
要は古い車に高額なメンテナンスをかけ続けることが割に合わないと思い始めるタイミングが愛車が10年落ちとなったときなのです。

古い車が安い値でしか売れないという思い込み

冒頭でもお話ししたように、年式が新しいほど高く、年式が古いほど安く販売されることはよくあります。しかし、だからといって10年落ちの車のすべてが安く買い取られるとも一概にはいえないのです。

では、どうして年式の古い車が高値で売れないと思い込んでしまうのでしょうか。それは車を売る=「下取り」と考えているからではないでしょうか。
車の売却方法としては「下取り」「買い取り」の2つがあるわけですが、新車を購入しようとしている方の中でもこの下取りしか検討していないケースが多いように感じます。下取りはディーラーで現在の車を売却してそこで得た資金を新車購入に使わなければなりません。

ディーラーで下取りされた車はもちろん売却されますが、ディーラー自身が中古車の販売に積極的に取り組むでしょうか。彼らのメインの仕事はあくまでも新車を売ることであり、中古車のウェイトは新車よりも必然的に小さくなります。事実、ディーラーでの中古車の販路はさほど広くありません。そんなディーラーから見れば大して売れない中古車を高い値で買い取ること自体が損なのです。ましてや年式の古い車など狭い販路では売れませんから安く買い取ろうと彼らも必死になるのです。結局、年式が古いから安い値でしか売れないと思ってしまうのは下取りに関するそのような背景が背後にあるからなのです。

買い取りも検討しよう

他方、「買い取り」はどうでしょうか。買い取りでは中古車の専門業者が査定して車を買い取ります。中古車の専門業者が中古車のプロですから、どういった車種が高く売れるのかなどを熟知しています。そう考えると、ディーラーで下取りに出すよりも高い値をつけてくれそうな気がしますね。

さて、10年落ちの車でも高い値で販売されていることがあります。それは技術の進歩と定期的なメンテナンスによって車の劣化が進みにくくなり、まだまだ走行できるからなのです。さすがにあまりにも古い車だと燃費が悪かったり、エンジンの性能が良くなく高く売れないということがあるかもしれませんが、ここ10年くらい前なら比較的性能が良い車がほとんどなのでしっかりとメンテナンスがされていればまったく問題はありません。そういったこともあり中古車情報サイトなどで10年落ちの車でも高い値が付いていることもあるのです。

また、日本の中古車は海外で高く評価され高く売られています。とりわけ東南アジアでの日本の中古車人気は顕著で、その理由は先ほどと同じで車の品質が高く、メンテナンスがしっかりと行われているからなのです。
中古車の専門業者は車そのものの性能やメンテナンス状況のみならず、海外にも彼らは販路を持っていることが多いので海外での日本車人気を考慮するなどありとあらゆる観点から査定を行っています。ですので、下取りより買い取りの方が車の査定額が高くなりやすいのです。

動かない車でも価値はある

年式が古くても走れる車も存在しますが、もちろん動かない車も存在します。しかし、動かないからといって価値がないわけではありません。車には鉄などの大量の資材が使われています。使えない車からそのような資材を取り出してリサイクルをすることが可能です。実際に、車に使われていた資材が取引され、違うところで使われています。車としては価値がないのかもしれませんが、リサイクルという観点から見れば価値は十分にあるのです。

10年落ちでも高く売れる車

車を売るなら中古車の専門業者に買い取ってもらうのが良いと説明してきましたが、もちろん全部が全部高い値で売れるわけではありません。しかし、高値が付きやすい車もありその特徴を説明します。まずは定期的なメンテナンスがしっかりと行われている車です。メンテナンスなしでは車はただ劣化を続けるだけですから、部品交換等を定期的にすることで劣化の進行を遅らせることができ、それがしっかり行われた状態の良い車を高く買い取るのは当然ですよね。

次は人気の車種の車です。先ほども述べたように海外で日本車は大変人気があります。日本車の中でもとりわけ人気の車種というものが存在し、例えば「プリウス」や「ヴェルファイア」は人気が高いようです。また、中古車市場でその車種を扱うライバル少ない希少価値の高いものも高値で買い取られる傾向があるようです。

どこに買い取ってもらうかはしっかり検討しよう

結論として、少しでも高値で車を買い取ってほしいなら中古車買い取り業者に買い取りを依頼しましょう。買い取り業者によって査定額はもちろん変わってきます。仮に1つのところにしか査定を出さずに売却してしまったら、違う業者では高く売れ、自分の車が安く買いたたかれてしまったことに気づかず損をしてしまうことがあります。ですから、多くの業者に査定をしてもらいどこに車を売却するかを吟味するのが賢いやり方でしょう。しかし、いちいち自分で連絡をとって業者1つ1つに査定を頼むのは面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント