車を売ることを前提に車を買おう!

車を売ることを前提に車を買おうお役立ちコンテンツ

「新生活に車が必要だ」とか「経済的に余裕ができたから車を持とう」あるいは「家族構成の変化や転勤で車の買い替えが必要」といった様々なケースがあると思います。

そんな時に気をつけてほしいのが新しく車を買おうが買い換えようが、車を売ることを前提に車を買うことをオススメします。

それはなぜか。

将来のことを考えて、より高く売れる車を持つことは大事だからです。

まず車を買うことは大きな買い物であり、将来のことを考える必要があります。

とすると将来手放す可能性も大いにあるわけで、お金のかけすぎあるいは手放してくるときの対価が少ないことは避けたいでしょう。

ですので、車を買うときにより高く売れる見込みのある車を買っておくことで将来の見通しを少しでも楽にすることができるのです。

では、売ることを前提に車を買う時にはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

この記事では、車種選びと車のメーカー選びの2点から気をつけるべきことをお伝えします。

ぜひ車選びの参考にしてください。

車種選び

車を売るときには当然高く売りたいですよね。

とすると、中古車市場での人気を頭に入れて買う車を選ぶ必要があります。

中古車市場では、利便性が高く万人受けする車の人気が高いです。

そして車を売るときには中古車という扱いになるので、中古車市場での人気や価格相場が大事なのです。

中古車市場での人気と新車としての人気は、別物であるという認識を持っておきましょう。

では中古車市場で人気のある車種は具体的には何でしょうか。

トヨタ車であれば「アクア」や「プリウス」そして「カローラ」などが非常に人気です。

ホンダ車だと「フィット」や「ヴェゼル」あたりが人気です。

日産であれば「セレナ」などが人気のある車種となっています。

新車購入時にこの中から車種を選んで買うと、車を高く売ることができると思います。

SUVなどは非常に人気で高く売れることが期待できます。

その一方でセダンやスポーツカー系は高く売れることが期待できないでしょう。

セダンやスポーツカー系は半値以下で売ることになると忠告している人もいるようです。

また、色や装備についても売ることを前提とした購入では注意が必要になるかもしれないです。

色は、高く売れるのは白で低く売れるのは黒、だと覚えておくといいでしょう。

色によっては10万円ほど査定額に差がつくとの記述もみられるくらいなので、特にこだわりがなければ白系統の色を選ぶことをオススメします。

ただし、車の種類によっては売るときの価格に差がつかないこともあるみたいです。

装備は安全装備に関するオプションで価格に差がつくことがあります。

高く売ることを強く視野に入れている場合は多少余計な出費になっても、車を買うときにオプションの導入を検討しましょう。

その出費以上に査定額で評価され、高く売れる可能性があります。

そのほかには修復歴や走行距離も売るときには重要になってくるようです。

修復歴とは過去に事故・故障で車に異常が生じて修理をしたかどうかと修復箇所の現在の状態そして走行距離とは今までその車が走った距離のことです。

これらは売るときに車の状態を示す扱いになり、業者は念入りに確認することから査定額に大きな影響を与えます。

売ることを前提に買う車が中古車である場合には、修復歴と走行距離を一度確認しておくことをオススメします。

車のメーカー

売ることを前提に車を買うときには、トヨタ車を強くオススメします。

というのもトヨタ車は万人受けするブランドイメージと車を有しており、必然的に中古車市場で高値がつきやすくなっているためです。

中古車市場のメーカーの人気は、トヨタの次がホンダです。

メーカーに特にこだわりがない場合は、再販価格が高いトヨタとホンダを買うことをオススメします。

日産車はこれといった特徴がなく、三菱車は中古車市場での人気が低いようです。

ちなみにマツダ車は近年中古車市場での人気が高まってきているとの情報もあります。

やはり、トヨタとホンダがオススメです。

ただし軽自動車は価格に差がつきにくいようですのでご注意ください。

各メーカーのディーラーですがメーカーごとの特徴よりもお店ごとの特徴が色濃く反映されているそうなので、注意深く観察するといいでしょう。

また、実際車を売るときには下取りよりも買い取りの方が高く車が売れます。

買い取りで車を売ることを強くオススメします。

買い取りは業者が専門でおり、中古車市場でより高く売ることを目的としているので比較的高く売れる傾向にあるのです。

一方で下取りは車を買うお店で買ってくれることを前提に行い、新しく買う車の料金から値引きされるだけです。

ですから査定も評価が厳しく、あまり高い評価額がつきにくい傾向にあります。

買い取りには複数の業者から一度に査定を受けられる一括査定サービスがあるようなので、一度活用してみてはいかがでしょうか。

ここでのまとめとして、車を買うときに売ることを前提にする際には、トヨタあるいはホンダの車を選びましょう。

そして、買い取りで売ると高く売れる可能性が大いに高まるでしょう。

まとめ

以上のことに注意して車を売ることを前提に車を買うことをオススメします。

以下にまとめます。

車種は中古車市場での動向に左右されます。

色は白が高く売れ、安全装備のオプションに左右されます。

メーカーはトヨタとホンダがオススメです。

しかし、これらはあくまでも傾向だということも理解しておきましょう。

これらの条件に該当しているからといって、その時の中古車市場の流行や車の状態次第では低く売れてしまう可能性もあります。

車の状態とは外装の傷や凹みや破損そして内部の状態のことを指しています。

売る前に一度入念に確認しておきましょう。

車を売る前提で買うようにしておくことで、将来後悔することのない車を買うことができると思います。

そして車を売るときに思っていたより低い査定を受けるような事態を避けるには、引き取りの意味合いが大きい下取りよりも専門とする業者がいる買い取りを積極的に利用しましょう。

その際はより高く売れる可能性を考慮して査定を比較するため、多くの業者と連絡を取り合って買い取ってもらうことが必要になるでしょう。

そうした買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいきます。

そこから車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント