車を売るとき修理をすると損をする?その理由とは?

車を売るとき修理をすると損をする?その理由とは? お役立ちコンテンツ

車を売る際、ボディーにキズがあるなどの修理が必要な場合みなさんならどうしますか。壊れた箇所をしっかりと修繕しないと査定額が安くなるのではないかと心配になる方も少なくないでしょう。

やはり査定をしてもらうからにはきれいなきちんとした状態でみてもらいたいと思うのは自然なことです。しかし、その修理代を上回るだけ査定額が高くなるのが良いですが、修理によって査定額が果たして上がるのでしょうか。

どれだけ減額されるのか

キズやへこみがある状態とない状態とではもちろんない状態の方が高く売れます。キズやへこみがあるとどれだけ減額されるかみなさんはご存知ですか。
軽いキズやへこみであれば査定額は減額されません。キズやへこみが目立つくらいの大きいものになっていけばいくほど減額されていきます。目安としてはボディーの状態によって1~3万円程度減額されます。結局のところ、年式や走行距離といった項目の方が車の査定に大きく響いてくるようです。

キズなどがあったとしても軽いものなら減額されませんし、どんなにそのキズが大きかったとしても最大で3万円程度の減額で済むのです。思いのほかそこまで減額されないことが驚きですよね。
なぜボディーにそんなキズなどがあってもそこまで査定に響かないのでしょうか。それは買い取り業者が自前の整備工場を有しているところが多いからです。そうすると外部に修理を依頼する必要なく、自分たちで買い取った車を低コストで修理することが可能になります。ですから、別にそこまで査定額を減額する必要はないのです。

しかし、業者から見たらそのような事情を知らないので、私たちから車を安く買いたたこうと査定額から大幅な減額をしようとしているところもあります。いまも述べたように車体のキズそのものでそこまで減額されることはありません。それを理由に大幅な値下げを迫ってくる業者は断ってしまって構いません。「キズなどがあったとしてもそこまで査定に響くことはない」、ということは車を安く買い取られないためにもしっかりと覚えておきましょう。

修理そのものはいくらかかるのか

車の修理にいくらかかるのかみなさんはご存知でしょうか。修理して買い取りに出すのが割に合わない理由を修理費の観点から説明します。
まずは車体のキズの修理費についてです。キズの深さによってその費用は変わってきますが、6千円から2万円程度です。これはあくまでも目安ですので、修理業者によってもっと高くなることもあります。へこみに関しては2.5万円以上の修理費がかかるといわれています。車体の状態があまりにも悪くドアの交換をしなければならないときは国内車だと10万円程度、輸入車だと20万円程度です。修理費と先ほどの減額の目安を比較すると、修理をしない方が損することなく高く売れそうであることに気づきましたか。

例えば、車体にキズやへこみがある車を修理してから売却する、修理せずにそのまま売却するの2つを考えます。キズがない状態ではこの車は70万円で売れるとしましょう。修理せずにそのまま売却した場合、キズとへこみの程度からみて3万円減額して67万円で売却できるとわかりました。一方、修理に持ち込んだとき修理費が10万円となってしまいました。キズとへこみは修理されたので車は70万円で売れると判明しました。このとき、どちらの方がお得でしょうか。
それは修理せずに売る方です。

修理して売る場合は確かに70万円と修理をしないときよりも査定額は高くなっています。しかし、修理に10万円がかかっているので実質的には車の査定額は60万円になってしまいます。そう考えると、修理をして車を売るよりも修理しないままそのまま売る方が得策であるといえます。

どうしてもキズが気になる場合

キズによる減額をなるべく抑えたいけれど、修理費用をかけすぎて損をしたくないという方もいらっしゃると思います。そこで、修繕にあまりお金をかけることなくキズを目立たなくする方法を伝授します。カー用品店に出向くと実はキズを補修できるキットが売っています。キズの種類によってスプレータイプあるいはペンタイプの補修用品を利用するとキズが目立たなくなります。

スプレータイプを使用すべきはキズが広範囲に渡っている場合です。例えば、バンパーをこすってしまったというケースではスプレータイプのものを用いるとキズが目立たなくなります。一方、キズが線状であるならペンタイプのものを使うとうまく補修できます。
補修するときは塗料の色をしっかりと確かめましょう。車には型式テンプレートというものが付いています。どこにそれが付いているのかはその車のメーカーによってさまざまですが、多くの車ではエンジンルームにあります。その型式テンプレートにカラーナンバーというのが記載されています。塗料の色を選ぶとき、塗料にもカラーナンバーが記載されていますから乗っている車のカラーナンバーと一致するものを選びましょう。

修理をせずに売ってしまうのがお得

車にキズやへこみなどがある場合は修理を出さないままの方が損することなく売却することができます。どうしてもキズが気になり、修理に出したくはないけれど査定でも減額されたくない場合は市販の補修用品を利用してみましょう。キズやへこみ等による減額は買い取り業者によってもまちまちです。しかし、買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

愛車がいくらで売れるか一括査定で確認する

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。

まずは、車の一括査定を利用して、現在のあなたの愛車がいくらで売ることができるかを確認だけしてみましょう!

お役立ちコンテンツ車売却について車売却の注意点
シェアする
ks_paint0329をフォローする
車売却ウルゾ

コメント