車を売りたい!走行距離の影響は?買取額のUP方法!

車を売りたい!走行距離の影響は?買取額のUP方法!お役立ちコンテンツ

家族が増える、転勤などで新しい車が必要になる方もいるでしょう。

そのような時には現在の車が要らなくなり、手放すために売りに出さなければならないでしょう。

その時に今の車がいくら売れるのかはみなさんの関心があるでしょう。

できるだけ高く売りたいというのが本音でしょう。

売る時の査定ポイントは主に「車の状態」と「年式」そして「走行距離」があります。

その中でも「走行距離」は車の寿命を示す重要な指標となっており、走行距離は査定額を決める大きな要因になっているのです。

今回の記事ではなぜ走行距離が売値に大きく影響があるのか、どのくらいの距離が高く売れるの2点について解説していきます。

なぜ「走行距離」が査定に大きく響くのか?

では、どうして走行距離が査定額に大きな影響があるのでしょうか。

結論から言うと、前述の通り車の寿命は走行距離を決定しているからです。

走行距離が長ければ長いほど、部品が消耗し車が劣化していき車のこれから走れる距離が減っていきます。

とすると、中古車での市場価値が落ちてしまって高い売値が付きづらくなってしまうのです。

では、どのくらいの走行距離なら最も高く売りやすいのでしょうか。

必ずしも走行距離が短ければ短いほど、高く売れやすいとは限らないようです。

どのくらい距離なら高く売れるのか?

基本的には、走行距離が短ければ短いほど高く売れます。

しかし、いくつか条件があるので忘れないようにしましょう。

まず、使用年数に応じた走行距離であるかどうかです。

日本自動車査定協会では総走行距離が1年1万kmと定めています。

つまり1年に1万km以下であれば比較的高い査定になり、1年に1万km以上であれば比較的低い査定になるということです。

ただし、走行距離が短すぎるとそれもそれで低い評価になってしまいます。

というのも車というものは動かすことで製品の動作が安定するそうです。

走行距離があまりに短いとかえってエンジンなどの部品のトラブルもあるそうなので、ご注意ください。

あくまでも、査定額の決定で一番大事なのが「車の状態」であることを忘れないようにしましょう。

以上を踏まえてまずは現在使用している車の走行距離と使用年数を確認してみるといいでしょう。また年式×8000が目安となっている場合もあるそうなので、頭に入れておきましょう。

次に総走行距離が5万kmかどうかです。

総走行距離が5万kmより長いかそうでないかが査定の大きなポイントになっているそうです。

逆に言えば車を売ることを考える際には走行距離が5万kmと10万kmを目安にして、走行距離が下回っているかどうかを1つの判断基準にできるということです。

では、走行距離が10万km以上の場合はどうなるのでしょうか。

そのような場合でも高く売れることもあります。

というのも昔の車は10万km以上だと概ね故障していたそうですが、現在は技術の発展とともに性能が向上したことで高く売れることもあるそうです。

走行距離が長いことが逆に車の性能の裏付けとなり、査定で高く評価される場合もあります。

また今までの車検等のメンテナンスのおかげで、走行距離が10万kmを超えても十分な性能を維持している車が増えてきているのも事実です。

その中でもより高く売るには部品の交換を行うといいでしょう。

具体的には査定の直前ではなく走行距離が10万kmを超えた時点で、タイミングベルトの交換を行いましょう。

そうすると査定額アップが期待できますよ。

ただしくれぐれも売る前の交換は逆に損する可能性がありますので、タイミングベルトの交換は控えましょう。

ちなみに5万kmより走行距離の多い車を「多走行車」、10万kmより走行距離の多い車を「過走行車」と言います。

もちろん、例外もあります。

走行距離が大きすぎて値段がつかないことも残念ながらあります。

そんな時に少しでもお金に換えられたら嬉しいですよね。

その車を廃車買い取りもしくは新車下取りに出すとお金に換えられるかもしれません。

ディーラーなどの販売店と相談して少しでも高く現金にできる方法を探してみてください。

近年では日本の中古車が海外で人気という事情もあって、通常買い取りがされない場合でも海外への卸販売ルートを持った日本車を引き取る専門業者が高く買い取ることもあります。

ですので、諦めないで幅広く業者を検討してみましょう。

また、ここで述べたことはあくまでも目安ですので、車種や年式によっても査定額に変動があることも注意しておいてください。

走行距離と年数を頭に入れて、より高く賢く車を売れるといいですね。

その他の査定額に影響するポイントは?

走行距離ももちろん査定を決める大きな要素です。

それ以外には「年式」や「車の状態」や「事故歴」そして「需要」があります。

あくまでも、中古車市場での需要とその車の現在の状態が大事という認識をしておきましょう。

年式とは、車の製造年などを表しています。

ただし、古いからと言って一概に安くなるとは言えないそうです。

車の状態とは、車の外傷ならびに中の状態で決定されます。

つまり車のボディに傷があったり、シートの目立った汚れがあると査定にはマイナスとなってしまうのです。

車の状態が悪いとみなされるのです。

誰しも汚い車には乗りたくないということのようです。

事故歴とは、その車に事故歴があるかどうかです。

査定に大きく響くかと思われやすいですが、実はさほどマイナス査定にはならないのです。

事故を経験した車は多く、市場に出回っているようです。

しかし、フレームなどの大幅な修復をした車だとマイナス査定になってしまいます。

このことを申告せずに売りに出してしまうと、後に罪に問われるそうです。

必ず事前に申告をしておくようにしましょう。

繰り返しにはなりますが、走行年数や上記で挙げたポイントはあくまでも目安です。

査定を決定づけるのは、中古市場での需要と現在の車の状態なのです。

走行距離は査定額に大きな影響をもたらす

以上の情報を踏まえて、車を売る時には現在の走行距離を踏まえて売りに出すようにしましょう。

少しでも売ることを視野に入れている方は一度査定に出してみるといいでしょう。

実際売りに出す時に走行距離が長すぎて買い取ってもらえるか、逆に短すぎて査定額を高くできるかといった様々な不安があると思います。

しかしその中でも、距離が短いもしくは長いとしても車を売る以上は高く売りたいものですよね。

では、より高く売るためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

複数の業者に査定してもらって価格交渉を行うとよいでしょう。

とはいっても車の売却を検討する買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント