車の売却は代理人でも可能なの?車の名義変更は?

車の売却は代理人でも可能なの?車の名義変更は? お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

車を売るときはその所有者が売却するのが多いと思います。

しかし家族から車を譲り受けたけれど売却したいといったことも中にはあるでしょう。

このように車の所有者と使用者が異なるケースもあります。

そうすると使用者が勝手に車を売ろうとしたら買い取り業者に突っぱねられることが予想されますね。

そういった状況でも自分が代理人として車を売却するという体なら車を売ることができそうな気はしませんか。実は代理人が車を売却することは可能なのです。

そうだとしても車の名義変更をしなくてはいけないではないかという疑問も出てくるでしょう。

そこで今回の記事では代理人でも車の売却が可能なのかということとその際に名義変更が必要になるのかについて考えていきます。

自分名義ではない車の売り方は2つある

先ほども述べたように自分が所有していないものを勝手に売ることは法的にも社会通念的にも許されることではありません。

しかし一定の条件を満たせば他者名義の車でも売却することが可能です。

その方法としては2つあります。

まず1つ目の方法は自分が「代理人」となって車を売ることです。

代理人とはその名義人に代わって手続きを実行する人です。

ですから名義人に売却の意思があってその手続きを代理人に委任するということであれば問題なく売却することができます。

2つ目の方法はその車の「名義変更」をすることです。

車の所有者つまり名義人が他者から自分に変更されればその所有者は自分に移ることになるのでこちらの場合も問題なく車を売ることが可能です。

「代理人」として売った方が楽

自分名義でない車の売り方2つをご紹介しました。

どうせやるなら楽な方法で売却したいですよね。

どちらの方がより簡単に売却できるでしょうか。

それは代理人として売却する方法です。

その理由は名義変更をすると二度手間になってしまうからです。

車の名義変更をする際は運輸支局への届け出が必要となります。

もし面倒であれば業者に代行して手続きしてもらうことも可能です。

ここでよく考えてみてください。

代理人として売るのであれば必要な書類を一式揃えて業者に提出すれば済む話ですが、名義変更の場合だと書類を揃えお金を払って届け出たうえで車を売却することになりますから代理人として手続きするよりも二度手間となってしまうのです。

もし業者に依頼すればその手数料もかかってしまいますし、いずれにせよこちらが無駄に損をしてしまいます。

ですから他人名義の車を売るときは代理人として売ることがベストです。

代理人手続きの特有の書類「委任状」

代理人として車を売る方が手間が少ないというのは前章でお話しした通りです。

といっても口先だけで自分が所有者の代理人ですといって信用してもらえるでしょうか。もちろん誰も信じてはくれません。そのためには自分が所有者の代理人であることを証明しなくてはいけません。

そこで登場するのが「委任状」と呼ばれるものです。

この委任状には委任者ならびに受任者に関する情報そして委託する法律行為を記載しなければなりません。

この委任状は法的に正式な書類ですから1か所でも記載漏れや内容に誤りがあるとアウトです。

委任状は自分で作成することもできますが、そのようなミスを防ぐためにも国土交通省のホームページから委任状をダウンロードしたりあるいは買い取り業者から委任状を用意してもらうと万全でしょう。

代理で売却するときの必要書類

さて、代理人として他人名義の車を売却するときに必要な書類を見てきましょう。

まずは所有者の印鑑登録証明書です。

通称は「印鑑証明」といわれているものです。

譲渡証明書ならびに委任状には実印の押印のために必要で、これをもとに所有者の氏名と住所に誤りがないかどうかを確認します。

結婚や引っ越しによって車検証の記載内容と印鑑証明の内容が一致しないことがありますので車を売却する前にしっかりと確認しましょう。

そこでもし不一致があるようであれば戸籍謄本や住民票の取得も必要です。

次は自動車検査証いわゆる車検証です。

これはまず間違いなく車内のダッシュボードの中に保管されています。

もしも車検証がない場合は陸運支局で再発行してもらう必要があります。

続いて自動車損害賠償責任保険証明書です。

これは要するに自賠責保険に加入していることを証明する書類です。これもほぼ確実に車検証とセットで保管されています。

もし紛失している場合は自賠責保険契約を結んだ保険会社ないしは保険代理店に再発行手続きをしてもらわなくてはなりません。

再発行には時間がかかる場合が多いので注意しましょう。

続いて譲渡証明書で、業者が車の名義人を変更するために必須となる書類です。

これは買い取り業者の方からもらうことになります。所有者の情報の記載と実印の押印が必要となります。

続いて納税証明書です。多くの買い取り業者で納税証明書の提出が求められます。

実際は車の売却をするときには必要はないのですが、自動車税が納税されていないと業者との間で売買契約を結んでからトラブルになりかねないのでそれを提出するよう要請しているのです。

これを紛失した場合は都道府県税事務所で再発行することができます。

続いて委任状です。

ここでいうところの委任状は所有者が買い取り業者に登録や抹消の委託したことを証明する書類です。

この書類も買い取り業者からもらうことができ、所有者の情報の記載と実印の押印が必要となります。

代理人が車の売却をする際は上記の他に車の売却に関する委任状代理人の身分証明書が必要です。

車の売却に関する委任状は前章でお話ししました委任状のことです。

そして代理人の身分証明書は運転免許証があれば事足ります。

その他にもリサイクル券が必要となることがあります。

これはなくても問題ないケースが多いので、もし手元にあれば用意しておくと良いでしょう。

代理人で売却するときも「一括査定」を

これまでも述べてきたように所定の書類をしっかりと揃えることができれば名義人が自分でないとしても車を売却することができます。

もちろん売却する人が代理人だからといって不当に査定額が減額されることはありません。

せっかく車を売却するわけですからなるべく高い価格で売りたいところですよね。

とはいえ買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

そして一括査定では所有者本人のみに限らず代理人もそれに申し込むことができます。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント