車売却時のリサイクル料金は戻ります!

車売却時のリサイクル料金は戻ります! お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

車を購入するときにリサイクル料金というものを支払っているのをご存知ですか。

車を購入するときにそれを意識している方は少ないと思いますが、新車の購入と同時に車の代金の他にもこれを実は支払っているのです。

いざ車を売るとなったときこのリサイクル料金はどうなるのでしょうか。

もう車は自分のもとにないのだからリサイクル料金が返ってくると嬉しいですよね。

今回の記事では正直よく分かっていないリサイクル料金について解説していくとともに、車売却時にそれが戻ってくるのか検証してみたいと思います。

是非参考にしてみてください。

リサイクル料ってなに?

リサイクル料金が返ってくるかどうかのお話をする前にそもそもリサイクル料金とは何であるのかについて解説します。

リサイクル料金は「自動車リサイクル法」に基づいて徴収されています。

この自動車リサイクル法は循環型社会実現のために、車のリサイクルに関して車の所有者ならびに車およびそのリサイクルに関わる業者の役割について定めた法律です。

自動車リサイクル法が制定される以前は車の廃棄費用を誤魔化し、車の不法投棄などを行う業者が増え世間で大きな問題となりました。

このような問題に対処するために自動車リサイクル法が制定されたという背景があります。

この法律で規定されている車の所有者の役割は廃車時に指定の業者への車の引き渡しとリサイクルにかかる費用の支払いが義務付けられています。

このリサイクル料金ですが軽自動車だと7,000円、普通自動車であれば10,000円程度かかります。

輸入車の場合では20,000円ほどかかってしまうようです。

そしてリサイクル料金は通常は車の購入時に支払うことになっています。

支払ったリサイクル料金はその車が廃車となるまで資金管理法人で保管されます。

多くの方が車検証と一緒に「リサイクル券」というものを保管していると思います。

このリサイクル券は車の購入時にきちんとリサイクル料金が支払われたことを証明するものなのです。

リサイクル券が売却に必要な場合がある

リサイクル料金の支払いを証明するリサイクル券ですが、これが車を売却するときに必要となることがあります。

大手といわれる買取業者ではどこもこれを提出するよう求められます。

いざ車を売ろうと思ってリサイクル券を探しても見つからないということもあると思います。

そういう場合は再発行してもらおうと頭を働かせるわけですが、リサイクル券は一度紛失すると再発行することができません。

再発行できないと車を売却できないのではないかとお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

しかしリサイクル券の紛失というのはそこまで深刻な問題ではないのです。

リサイクル券を提出することの意味というのは「きちんとリサイクル料金を支払った」ということを証明するにすぎません。

きちんとリサイクル料金を払った場合、実はリサイクル券がなくてもそれを証明することができます。

もしリサイクル券を紛失してしまった場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページにアクセスしてみましょう。

そこから車検証記載の情報を打ち込んで、「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトすることによってそれをリサイクル券の代わる書類となります。

買取業者によってはリサイクル券の提示を求められないこともありますが、その提示を求められてかつリサイクル券を紛失してしまっている場合は上記の方法をお試しください。

リサイクル料金は返還されるのか?

さて本題に戻りましょう。

リサイクル料金は車を廃車にするときに要する費用のことをいうのでした。

車を売却するときは別に廃車にするわけではありませんから、返還されるべきだろうと勘のいい方ならそう思われるはずです。

これは当たっていて、車を売却するときはリサイクル料金は返還されます。

ここからは余談ですが車を売るときにはリサイクル料金は返ってきますが、その売却した車が他の誰かに売られるときリサイクル料金はどうなると思いますか。

答えは「車の新しい所有者がリサイクル料金を支払う」です。

リサイクル料金の支払いの義務が生じるのは新車を購入するときだけではありません。

新車を買おうが、中古車を買おうがいずれにせよリサイクル料金を支払わなければならないのです。

結局のところ1つの車において所有者が移ったとしても、その車に対して常にリサイクル料金が預託されることになっているのです。

リサイクル料金の返還方法

その返還の方法については業者によってまちまちです。

ただほとんど多くの業者では査定額を算出するときにリサイクル料金を加味しています。

ですから特別に何かをする必要はありません。

しかしこのリサイクル料金を査定とは別に返還するところもあるので注意が必要です。

リサイクル料金返還に関する注意点

今も述べたようにリサイクル料金は車の査定額に含まれていることが多いです。

ですがその点をあいまいにする業者も中には存在するので注意が必要です。

リサイクル料金が査定額に含まれていればよいのですが、実際は含まれていないというケースもあります。

本来であればリサイクル料金は車の現在の所有者に返還しなければなりませんが、そこを伝えずに返すべきリサイクル料金を着服する業者も存在します。

ですから査定時にはリサイクル料金はどのような方法で返納されるかをきちんと業者に確認することが大切です。

これは業者のリサイクル料金の着服を防ぐ以外にも効果があります。

それは査定額をリサイクル料金で上乗せしているか見抜くことに役立ちます。

車の査定時では車が高値で売れることを見せかけるためにリサイクル料金込みで査定をしていることを隠す業者もいます。

これはある種の業者側の交渉術の1つです。

そこをはっきりさせることで車そのものにどれだけ値が付くのかを確認することができます。

ですからそのようなことを見破るためにもリサイクル料金の返還方法そして返還されるリサイクル料金はどれくらいなのかをしっかりと確認しましょう。

まとめ

車の購入時に支払ったリサイクル料金は車の売却時に返ってきます。

その返還方法は多くの場合では査定額に含まれていますが、そこをしっかりと説明しない業者も存在するのでしっかりと業者に確認することが重要です。

車を売るときはより高く売りたいと思いませんか。

そのためには多くの買取業者に査定を依頼して互いを競争させることによって買取価格はアップしていきます。

とはいってもわざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買取専門店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

そして一括査定では所有者本人のみに限らず代理人もそれに申し込むことができます。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買取店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買取価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買取価格が決定します。

一括査定の結果、買取価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント