車を売る際や車買取でよくあるトラブルと対処方法

車を売る際や車買取でよくあるトラブルと対処方法 お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

車ほどの高い品物を売ったり買ったりとなると車を売る側と買い取る側の間でトラブルが発生しやすくなります。

車を売るときはそのようなトラブルに巻き込まれることがない方が良いですよね。

それを避けるためにもどのようなことがトラブルとして予期されるのかを知っている必要があります。

車を売る際に一体どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。

そしてそれを回避するための策は何なんでしょうか。

これら2つについて今回の記事では解説していきます。

見積もり段階でのトラブル

最近では多くの大手の買い取り業者が無料で査定を実施するということを宣伝していますね。

もちろん無料で査定をしてくれるところも当然ながらあるわけですが、その反対に査定をするにもお金がかかる場合も当然あります。

見積もりの段階で本当にその業者が無料で査定を実施してくれるかどうかはきちんと確認しておくと安心です。

車の売却主が原因となるトラブル

車の売買契約に限らずその他多くのことにもいえる話ですが、契約を締結に関してはお互いが信義誠実の原則に基づいて対応しなくてはいけません。

信義誠実の原則とは「お互いが相手の信頼を裏切らないように行動すべきである」ということです。

よく耳にする信義則ということばはそれの略称です。

トラブルが発生するときは必ずしも買い取り業者側に落ち度があるとは限りません。

車を売る側が落ち度となるケースも多いのです。

車を売る側の責任が問われるのはどういった場面なのでしょうか。

まずは自動車税の納税が行われていないというのが挙げられます。

車を売却する際に自動車税が納税されているかどうかは法的には関係はありません。

しかしながら自動車税が納税されたことを証明する納税証明書がなければ中古車オークションに出品したり、車検を受けることができなくなってしまいます。

そのような背景もあり多くの買い取り業者では「自動車税納税証明書」も契約時に提出するよう求めているのです。

当然納税せずに車を売却すること自体はできますが、自動車税を支払わなくても良いということにはなりません。

自動車税を納税せずに売却できる業者も存在しますが、それをもとに膨大な額のお金を支払うよう吹っ掛けられる可能性があります。

ですからそのようなトラブルを未然に防ぐためにもきちんと自動車税は納税しましょう。

次は査定のときに嘘をつくあるいは不利益な情報を隠すことです。

人間は誰しも得をしたいと考えますから、自分にとって損になる情報を公開したくないと思うのは普通のことです。

実際の車の査定の場面でも修理歴や事故歴そして車の不具合状況など車を売る側からしたら痛いことももちろん聞かれます。

そうするとどうしても見繕うために嘘をついたり、都合よく隠したいと思うかもしれません。

しかしながら信義則に基づいて車を売る側も買い取る側も行動しなくてはいけませんからそのような行為というのは信義則に反することになってしまいます。

仮にそのような情報を虚偽に申告してあとにそれが発覚すると、相手方から損害賠償請求されるケースもあります。

そうなると法的に過失があると認められるのは車を売る側になってしまい、損害賠償を支払わなければならなくなる可能性が高いです。

ですからトラブルを回避するためにも不都合な情報であったとしてもしっかりと伝えることが大切です。

買い取り業者に責があるケース

みなさんがよく想定するトラブルの大半はこの買い取り業者に責があるケースではないでしょうか。

このケースでのトラブルについてどのようなものがあるのか見ていきましょう。

まずは引き渡し後に減額を要求されることです。

この減額が要求される背景には車の引き渡し後に再査定を行ったところキズなどの故障が見つかったというのが挙げられます。

普通査定というのはその道のプロが行うものですからその時点で故障か所が見落とされたのであればそれは買い取り業者側の責任です。

ですから車を売る側としてはそれを理由に減額を要求されたのであれば突っぱねれば良いのです。

しかし契約書をしっかりと読まずにその旨についての記載があったにもかかわらず見落としてサインしてしまったのなら、それに同意したことになるので減額を受け入れるほかありません。

車の売買契約を交わすときに買い取り業者がそのことを伝えないまま契約書にサインさせていることだって十分あり得ます。

契約を交わすときは十分に注意しましょう。

ほかには車を引き渡したにもかかわらずお金が支払われないことが挙げられます。

買い取り業者側の確認作業が長引いて入金予定期日を過ぎてしまうことも中にはあるようです。

悪徳業者に引っかかってしまった場合、入金がなされないという可能性もあります。

 

車を売る前に気を付けるべきこと

これまで車の買い取りに関わるトラブルの内容について見てきました。

改めてトラブルを未然に防ぐために注意すべきことについてここから解説していきます。

まずは嘘をつかずに誠実に対応することです。

これは先ほども述べましたが、ここで虚偽があると後々に売る側の責任問題になりかねません。

ですからどんなに都合の悪いことを聞かれたとしても真実を話しましょう。

契約を締結するときに生じる疑問はその場でしっかりと確認することをおすすめします。

売買契約を結んだあとに疑問が出てきてはもう遅いですから契約を交わす前にしっかりと疑問を解決しておきましょう。

その際に気を付けるポイントをご紹介します。

まずは売却価格です。

査定時の価格と契約書記載の価格が一致しているかや自動車税がいくら業者から返ってくるかも合わせて確認しましょう。

次は支払いに関する事項です。

支払いがどのように行われ、いつまでに入金されるのかをしっかり確認しましょう。

続いて契約のキャンセルについてです。

契約を交わしてしまったけれどそれを解除したいということも中にはあるかもしれません。

そのときに契約のキャンセルは契約締結日からどれくらいの期間の間であれば可能なのかであったりキャンセル料がどれだけかかるのかをあらかじめ確認しておくと安心です。

複数の業者にも査定してもらおう

車の売買契約を交わすときはお互いが信義則を守ることが大切です。

もちろん車を売る側も遵守しなければなりませんが、買い取り業者は都合の悪いことを説明せずに契約書にサインさせることだってあります。

ですから契約を締結する前にしっかりと契約内容を確認することが大切です。

また本当にそのような業者に車を売るべきか悩ましいときは複数の業者に査定してもらって業者を比較することも効果的です。

とはいえ買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

そして一括査定では所有者本人のみに限らず代理人もそれに申し込むことができます。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント