所有者名義が違う車の売却方法は?手続き方法を解説

所有者名義が違う車の売却方法は?手続き方法を解説車売却でよくある疑問・お悩み

車を売却しようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、実はすぐに車を売ることができないケースがあります。そもそもその車は本当にあなたが所有している車なのでしょうか。車の利用者はあなただと思いますが、車の所有者自体はあなたでない可能性もあるのです。

例えば、自分以外の家族が所有者になっている場合やローン会社そしてリース会社になっていることがあります。よって、このような場合では利用者の判断で車を売却することはできないのです。では、利用者と所有者が異なる場合で車を売却するにはどうすれば良いのでしょうか。

利用者と所有者が異なることがあるのか

車の利用者と所有者は一致していると考えるのが一般的ですが、なぜ利用者と所有者が異なるケースがあるのでしょうか。その答えは主に次の2つです。

 車の購入をローンやリースで行った場合
車を購入するとき、キャッシュ一括で支払うこともあればローンを組む、あるいはリース会社に車そのものを購入してもらい月の利用料を支払うといった方法が考えられます。キャッシュで買う場合はまず間違いなく車の所有者はあなた本人になりますが、ローンやリースで購入するとリースでは所有者はリース会社になりますし、ローンの場合はローン会社や販売店が所有者になることが多いです。

リースの場合は先ほども説明したようにリース会社が車を購入して利用者が月々の利用料を支払ってその車を使用するので、車そのものの所有者はリース会社となります。
一方で、ローンで所有者がローン会社か販売店になることが多いのは車自体を担保に設定しているからです。ローン会社のようにお金を貸す側としては貸したお金が返ってこないリスクがあります。

このようなリスクへの対処として、車自体の所有者をローン会社等にすることで貸したお金が回収できそうにない場合に車を差し押さえるようにしているのです。といっても、お金を借りる側の支払能力がしっかりとしていてローン回収のリスクが低い購入者に対してはその購入者が所有者になることもあります。

 家族が所有者になっている場合

何らかのお祝いで親が車を買ってくれたケースや親が車を買い替えるタイミングでその車を譲り受けたケースなどがこれに該当するでしょう。
所有者が健在である場合はさほど問題はありませんが、もし亡くなっている場合は通常の売却方法とは異なるところがあるので注意しましょう。

家族名義の車の売却方法

利用者と所有者が異なるケースで車を売却するには基本的には所有者の名義変更が必要になります。車を売却する際にその名義変更に関わる書類をディーラーや中古車買い取り業者に提出すれば車を売却することができます。ここでは所有者が健在の場合と亡くなっている場合の2つに分けて説明します。

まず、所有者が健在の場合です。その車を売ろうとしている利用者の印鑑証明、車検証を用意してください。一方、所有者は譲渡証明書・印鑑証明・委任状の3つを準備しましょう。譲渡証明書と委任状は国土交通省のホームページから簡単に手に入れることができます。これらの書類を業者に手渡せば彼らが名義変更を行ってくれます。

次に、所有者が亡くなっている場合です。その車があなたに相続されていることが売却の条件となります。つまりその車があなたに相続され、名義変更をして売却するということです。このケースの売却の場合は手続きがややこしいので、ディーラーや中古車買い取り業者に任せた方がスムーズに進みます。

ローン会社やリース会社が所有する車の売却方法

こちらは所有者が家族の場合と比べて煩雑です。所有者がローン会社やリース会社の場合は基本的にはローンを完済している必要があります。完済されている場合には手続きは楽に行えますが、もしローン等が払い終わっていない場合は車が売却できないこともあります。後者の場合で車を売却するには「車の売却額が残高を上回って」いなければなりません。つまり、車を売却して得られるお金からローンなどによる残高分を支払わなければならないということです。

ローンが完済している場合、あなたご自身が用意すべき書類とローン会社・リース会社が用意すべき書類は健在の家族名義になっている車のときと同じです。
ローンを完済していない場合では残高分をすべて返済したあとで車を売却することが可能です。借金を完済して名義変更を行って車を売却します。この際に必要な書類は健在の家族名義になっている車を売るときと同じです。

ほかにも、車を売却し残高をすべて支払うだとか車を売却してもローン残高があるときに次の車の購入時にそれを上乗せしてローンを組むという方法がありますが、完済するタイミングが違うだけで結局のところローンを完済することは変わりません。よって、残高分をすべて支払ってから車を売却する方が最もシンプルなやり方のように思います。

残価設定型クレジットには注意が必要

最近ではローンとして「残価設定型クレジット」といわれる方法が出てきました。残価設定クレジットとはローンを組むときに残価を設定し、残りの金額を分割で支払う方式です。ローン残高があらかじめ設定した残価になると次の3つから支払いを選ぶことになります。その3つとは「購入したディーラーで残価の支払なしに新車を購入・ディーラーに残価を支払うことなく返却・残価を支払って車を買い取る」ことです。

先ほど説明した「ローンが残っているときの車の売却方法」はあくまでもローンを完済することが前提でしたが、いま説明した残価設定クレジットは最終支払時に残価をどう処理するかを選ぶためその方法をそのまま利用することはできません。

もし残価設定クレジットを利用している場合で車を手放すにはローン残高が設定した残額になるまで待たなくてはいけないうえ、新車を買うかディーラーへ返却する以外の方法がありません。よって、車を中古車買い取り業者に売却する方法がとれません。もし、どうしても中古車買い取り業者に売却しようという場合は設定した残高を清算したうえで売却するという流れになると思います。ですので、残価設定クレジットを利用している方は注意しましょう。

せっかくだから高く買い取ってもらう方がお得

ローンが残っている、残っていないにしてもいまの車を売って新車を購入する場合はその車を高く買い取ってもらった方が得であることには違いはありません。しかし、下取りしか検討しないだとか1つの中古車買い取り業者にしか査定を頼まないといったことをしてしまうと自分の車が安く買いたたかれていたかどうかもわからず損をしている場合があります。しかし、いちいち自分で連絡をとって業者1つ1つに査定を頼むのは面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。そして、面倒な名義変更も彼らが行ってくれるので安心です。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント