車を見積もりする前に必ず読むべきマニュアル

車を見積もりする前に必ず読むべきマニュアル お役立ちコンテンツ

転勤などで住居を移さなければいけないあるいは家族構成の変化で現在乗っている車を手放さなければならない、買い替え変えたくなったという人は多くいると思います。

そんな時には、現在乗っている車をできるだけ高く査定してもらいたいですよね。

査定額次第は次の車の資金にしたり、旅行などの娯楽費など様々な使い道が検討できますよね。

この記事では3本立てでまずは車を売る時の査定額の概算の出し方、次に実際に車の査定について、最後に実際に車を売る時の注意事項についてお教えします。

この記事を読めば、現在売ろうか検討しているあなたは車を売る時の流れをイメージすることができると思います。

車の査定額の概算を見積もろう

車を売ろうかと検討している時に、いきなり売りに出すのは後で損してしまうかもしれません。

まずは、今売ろうとしている車がおおよそいくらくらいで売れそうか概算を知りましょう。

どのくらいで売れるかを知っておくと、より高く売るための行動がおのずと決まってくると思います。

高く売れれば売れるほど嬉しいですよね。

概算を知るための方法は大きく3つあります。

1つ目は車メーカーの下取り価格シミュレーターです。

日産とトヨタのシミュレーターがあります。

手始めに見積もるには無料でお手軽かと思います。

しかし査定額を決める上で走行距離と年式が価格に反映されていないという致命的な欠点があります。

無料であることもあいまって、抜けてしまっているのでしょう。

また、これらのメーカーディーラーは下取り価格が安くなる傾向にあるようです。

ですから、まずは市場での査定額を参考にするためのサイトという認識でいましょう。

2つ目は口コミ価格の相場サイトです。

実際にあった取引をもとづいた評判という意味で、非常に便利ですね。

しかし、車種によって口コミの差があるようです。

人気車種は多いですが、自分の車がそうでない場合はあまり参考にならないこともあるみたいです。

このサイトは生の情報であるため、自分の車がどれくらいで売れそうか・査定されそうかの見積りには大いに役立つと思います。

ただし自分の車がその価格で売れる保障がないことも理解しておきましょう。

3つ目は中古車買い取り一括サービスです。

過去のデータをもとに、様々な買い取り店で自分の車がおおよそいくらで買い取ってもらえそうかを1分ほどで算出できるサービスです。

インターネットですぐ概算を出すことができ、身近で便利なサービスかと思います。

加えて、実際の業者の査定に基づいていることから、現在いくらで売れそうかの実際を示してくれているともいえるでしょう。

ただし登録してサービスを利用すると、ひっきりなしに様々な買い取り業者から連絡が来てしまう可能性があることも承知おきください。

以上、メーカーのシミュレーターと口コミ価格の相場サイトそして中古車買い取り一括サービス、3つがあることを理解しておきましょう。

中でも、中古車買い取り一括サービスが最も手軽で正確な査定額の概算を見積もることができます。

車の査定について

概算を知ったところで、車を売るかどうかの本格的な検討に入ると思います。

そこで、車を売ると決めた時に、実際どのように行動すればいいのでしょうか。

ここでは「車の査定とは」と「車の査定の流れ」そして「査定前の注意事項」の3つに分けて説明します。

まずは1つ目の「車の査定とは」についてです。

車の査定とは、大きく分けて車の買い取りと下取りです。

この2つの大きな違いは、現金をもらえるかどうかです。

現金がもらえるのは買い取りです。

中古車の専門業者などが買い取りを取り扱っています。

一般に下取りより高く売れるとされています。

もらえないのが下取りです。

何も得がないわけでありません。

下取りとは、次の車を購入する前提の下でメーカーのディーラー店等で今の車を価値をつけて引き取ってもらい、その分を次の車の代金から割り引いてもらうのです。

ここで大事なのは、お金にはならず割り引きになることです。

あくまでも、そのお店で次の車を購入することが前提なのです。

注意しましょう。

また、個人の取り引きなどもありますが、これに関しては他の記事で解説していますので気になる方は参照してみてください。

次に「車の査定の流れ」です。

実際査定はどのようにして行うのでしょう。

大きく2パターンあります。

まず、直接お店と連絡を取り合っている場合です。

これは、人との約束とほぼ同じです。

サイトや電話やメールなどで日時を決めて、今乗っている車の査定を行います。

ただし業者によっては、場所は自宅か店舗かを指定することもできます。

直接お店に行く時間がない場合には自宅に出張してもらうことも検討してみてください。

次に、一括査定の場合です。

「申し込み」と「お店の選択」と「日時選択」そして「査定額の比較」をウェブ上から行います。

最後に「買い取り」の順番で進んで行きます。

その上、実際の査定額を多く比較できますので便利でもあります。

場合によっては、実際の買い取りで30万円以上も差がつくことがあるそうです。

最後に3つ目の「査定前の注意事項」についてです。

結論から言うと、車の状態をきちんと確認し、査定に向けてできるだけの準備をしましょう。

価格だけでなく、車の外観も確認しましょう。

具体的には車の凹みや傷そして歪みです。

その他にはエンジンやタイヤの状態も確認しておくとよいでしょう。

万が一調子が悪い場合は査定前に調整しておきましょう。

以上、車の査定についてでした。

実際の流れを把握してできるだけ高く買い取ってもらえるといいですね。

また、査定前の確認も抜け漏れがないようにしましょう。

車を売る時の注意事項について

これまでの説明で、見積もりを知って、車の査定についても理解できたかと思います。

しかし、ここで実際に車を売るとなってもまだ気をつける点がいくつかあります。

車を手放すからと言っても最後まできちんと確認しましょう。

その内容は、買い取り業者からもらう車の見積書と購入した時についてきた車の保証書です。

見積書は、自動車関連の税金と車の整備そのものの費用です。

税金はいくつも種類がありますので、調べて見積書の内容に誤りがないか確認しましょう。

保証書は、保証となる範囲と対象です。

範囲は期間や走行距離で示されているため、きちんと確認しましょう。

対象は事故などのケースに関する記載と保障の対象となる部品です。

これらを確認しておくことで、抜かりなく車を売ることができるのです。

ですから、あらかじめ見積書と保証書を確認しておくことを強くオススメします。

せっかくすべての手続きが終わったと思っても、面倒なことになってしまったら大変ですから。

まとめ

以上に、車を売る時の大体のノウハウをまとめました。

車の査定額の概算を知って車の査定も流れに乗っ取り、車を売る時の注意事項もクリアしてより高く売ってくださいね。

この記事にも書いた通り、査定で必ず関わるのが買い取り業者です。

買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、先ほども説明しました「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいきます。

そこから車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント