車を買取査定に出した場合のメリット・デメリットについて

車を買取査定に出した場合のメリット・デメリットについて お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

この記事を読んでいるあなたはきっと現在の愛車を手放そうとお考えだと思います。

さて、車の売却の仕方にも種類があることをご存知ですか。

単に車を売るといってもその売り方には2つのやり方が存在するのです。

それは「下取り査定」「買い取り査定」の2つです。

そのどちらかを選ぶかはその目的に応じて変わってきます。

ですから、しっかりと両者のメリットやデメリットを知ったうえでどちらを選ぶのが望ましいのかを検討することが大切です。

これからその2つの査定方法のメリットやデメリットについて解説していきます。

「下取り査定」≠「買い取り査定」

「下取り査定」と「買い取り査定」の2つの査定方法があると説明しましたが、結局のところどちらも変わらないのではないかという印象を持たれる方も多くいらっしゃると思います。

しかしながら両者は全く異なります。

これら2つの大きな違いは車を売る側から見た「売却先」にあります。

「下取り査定」の場合はカーディーラーつまり新車を主に販売するお店に売却します。

それに対して「買い取り査定」の場合は中古車買い取り業者に車を売却します。

またその他にも下取り査定の場合は車の売却によって得られたお金は新車の購入に使わなければなりませんが、買い取り査定ではそのお金を何に使っても良いのでお金の使用用途は自由です。

車を売ることには変わりはないのですがどこに車を売るのかということが両者の決定的な違いになっています。

カーディーラーと中古車買い取り業者というとなんだか性質が大きく違いそうな感じがしますよね。

それもその通りでこれら2つの性質が大きく違うからこそ買い取り価格などに両者の差がはっきりと出てくるのです。

「下取り査定」のメリット

それでは「下取り査定」のメリットについて説明していきます。

下取り査定の利点といえば主に次のような点であるように思われます。

まずは面倒なことをしないで済むことです。

下取りはカーディーラーで新車を購入するときにセットで彼らから提案されることが普通です。

車の売却そして新車の購入までがすべて1つのお店で完結するのでいろいろと査定額を比較して高く売りたいという人よりかはむしろさっさと手っ取り早く車を売ってしまいたいと考える人には適した売却の方法であるといえます。

次に挙げられるのは下取りが値引きの代わりになるということです。

新車を購入するとき車を買う側としてはカーディーラーに対して値下げ交渉をすると思います。

カーディーラー側が値下げに応じてくれると良いのですが彼らはなかなか値下げには応じてくれません。

そこで現在の車を下取りに出さないかと彼らはその話を持ちかけてくるのです。

先ほども述べたように下取りは車の売却によって得られた資金はすべて新車の購入に充てなければなりません。

ですから値引きができない分下取りによって新車の価格を割り引くということになるのです。

「買い取り査定」のメリット

続いて「買い取り査定」のメリットについて考えていきましょう。

そのメリットの1つ目としては買い取り価格がより下取りに出すよりも高くなりやすいところです。

買い取りというのは中古車のプロである専門の業者が査定を実施してその車を買い取ります。彼らは中古車市場に精通しています。

ですからどういった車種や装備が中古車市場で人気があるのかというのをリアルタイムで把握しています。

よって、最新の市場の動向を加味して査定を実施するのでより高値で買い取ることが可能なのです。

ですから車種に関わらずその装備や付属品に関しても査定時にプラスに働いてより査定額が高くなることもあります。

次は価格交渉が可能である点です。

下取りに出す場合は新車を購入するディーラー以外の比較対象はありません。

もし比較をするのだとすれば複数のディーラーで比較することになり、そうすると新車の購入も別のディーラーで行わなければならず面倒です。

ですから下取りの場合はそうすると決めた時点で他のところと比較して価格交渉するということがまずできません。

一方買い取り査定の場合は何社に査定してもらおうとそれは車を売る側の自由ですから各社の査定額を比較検討することができます。

そしてそれをもとに業者に対して価格交渉を行うことが可能です。

複数の業者の価格を提示すればもし買い取り価格が他の業者よりもそこが低い場合値を吊り上げてきます。

なぜなら彼らとしても多くの中古車を引き取りより多くの車を市場に供給したいからです。これを繰り返すことによって買い取り価格が上がっていきます。これこそが買い取り査定の良さなのです。

最後はお金の使用用途が自由であることです。

車を売るといっても必ずしも全員が新車の購入のためにそうするわけではありません。

例えば田舎から都心部へ引っ越してきて車が不要になったから売却したいという方もいらっしゃるでしょう。

このケースでは新車の購入が前提である下取り査定は利用できませんが、買い取り査定では売却によって得た資金の使い道は自由ですからそのお金を旅行に使っても良いし貯金に使っても良いわけです。

「下取り査定」のデメリット

さて、下取り査定のデメリットとしてどのようなことが考えられるでしょうか。

まず挙げられるのはお金の使い道が拘束されることです。

車が不要になったから売却したいというケースではこれを利用できません。

次は買い取り査定よりも査定が安くなりやすいことです。

カーディーラーは新車販売が主たる仕事ですから中古車買い取り業者のように中古車再販の販路を多く持っているわけではありません。

その分中古車市場の動向に彼らよりも疎いところがあるので、買い取り査定では装備や付属品がプラスに働きますが下取り査定の場合はそれらがプラスに働くことはあまりありません。

最後はそのメーカーのものでないと安くなる傾向になることです。

新車を購入するときのメーカーと現在の車のメーカーが合致していないと安く買い取られることになるので注意しましょう。

「買い取り査定」のデメリット

続いて買い取り査定のデメリットについて見ていきましょう。

まずは相場変動をもろに受けやすいということです。

買い取り査定では中古車市場の動向をリアルタイムに反映するように査定額が決まります。

ですからもし売却のタイミングがその車種の価値が低いときと重なってしまうと査定額も相場に合わせて安くなってしまいます。

よってしっかりと売るタイミングを見極めないと安く買い取られる恐れがあることに注意しなければなりません。

次は買い取り業者に車を引き渡すまでの時間が短いことです。

一般的に売買契約を結んでから多くの場合では1週間程度で車を引き渡さなければなりません。

もし当分は車の使用が不可欠になる場合は新車の購入から納車までのタイムラグを考慮したうえで売却するタイミングを自分で見定めなければなりません。

どちらを選ぶかは何を優先するかによる

「下取り査定」も「買い取り査定」もメリットとデメリットは当然あります。

このどちらを選択するかは車の売却に何を優先するかによって決めると良いと思います。

仮になるべく車を高く買い取ってもらいたいということを優先したいのなら買い取り査定を選べば良いし、すぐにでも新車を購入したい場合や購入後もしばらくは車を使い続けなければならないのなら下取り査定を選べば良いのです。

この両者を比較すると買い取り査定の方が利点は多いのでできるのであればこちらを利用するのが賢いですが、何を優先したいかによって最適な選択は変わってきますから車の売却に関して自分は何に重きを置いているのかをしっかりと考えて選択しましょう。

買い取りには「一括査定」を

買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで登場するのが先ほども説明しました「一括査定」なのです。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定サービスを行っているサイトを訪れるとほぼ間違いなく大手の中古車買い取り業者もそこに参加しているはずですから、どこに査定を出したら良いか分からないというときは大手の業者を片っ端から選択してみると良いでしょう。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

この一括査定の結果を受けて高い値を提示してきた上位3~5社の買い取り店に実際の車を査定してもらうのが効率的であり効果的です。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント