スバル インプレッサスポーツワゴンの買取相場・査定相場一覧

スバル インプレッサスポーツワゴンの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

スバル インプレッサスポーツワゴンはスバルのスポーツワゴンです。

スポーティな走りと5ドアハッチバックによる収納性を両立させているのが特徴です。

快適な走りとゆったりとした車内で乗り心地・居心地共に抜群と言えそうです。

また、本記事ではスバル インプレッサスポーツワゴンを高値で売るためのポイントについても説明していきます。

是非本記事を参考にして、より高値での売却を目指しましょう。

スバル インプレッサスポーツワゴンとは

簡単に今までのインプレッサスポーツワゴンの発展を以下に述べます。

初代と2代目モデルではハッチバックモデルはステーションワゴンを押し出していました。使い勝手を強調し、新たに「スポーツワゴン」という価値を訴求していました。

3代目ではスポーツワゴンの名称を取り外し、通常の5ドアハッチバックタイプとなりました。

4代目モデルと現在の5代目は5ドアハッチバックタイプに「スポーツ」というサブネームが与えられました。

また、16年に販売開始された5代目モデルの最大の特徴は次世代型プラットフォームとなる「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用したことです。

したがって、安全性や操作性が大きく向上しました。

具体的には、衝突安全性が飛躍的に向上し、操縦応答性や操舵安定性といった運動性も向上しました。

これによりインプレッサスポーツワゴンは完成度の高い車になりました。

スバル・インプレッサスポーツワゴンは、現行モデルが5代目となるインプレッサシリーズの初代、2代目まで設定されていた5ドア・ステーションワゴンタイプの車種です。

初代が販売されたのは1992年。2000年にモデルチェンジし2代目は2007年まで販売されていましたが、3代目からはスポーツワゴンに変わりハッチバックタイプのスポーツとセダンの2タイプとなりスポーツワゴンの生産は終了しました。

当時、インプレッサスポーツワゴンは同社「レガシィ」の弟分のような存在で一回りコンパクトなサイズでデビューをしました。

ですが、コンパクトながらレガシィのハイパワーを積んでいると話題になり、走りを楽しむユーザーから高い評価得ています。ハイパワーで気持ちのいい走行とステーションワゴンの居住性と積載量の高さを合わせ持ち普段使いにも適しています。

また、レガシィ同様レースカーとして実績を残した事から走行を重視するユーザーにも支持され、現行モデルまで全国の幅広いユーザーに愛されるスバルの主力車種へと成長しました。

現在ではスポーツワゴンを冠するインプレッサは製造されておらず、現存する個体は年数の経過から少なくなっているため希少な車種と言えますが、全体的に角の少ない丸みのあるフォルムに小型でハイパワーな走行性能は今でも多くのファンの心に残っているでしょう。

スバル インプレッサスポーツワゴンの魅力

スバル・インプレッサスポーツワゴンの魅力は、ハイパワーエンジン+小型ボディから来るスポーティーな走り心地と同時にステーションワゴンの実用性を合わせ持つ事でしょう。

当時ステーションワゴンブームの中では、積載量などの機能面では若干劣るもののハイパワーエンジンでライバル車と比べ走りに特化した性能は多くの人を魅了しました。

2代目からは、走りに特化したセダンと、よりステーションワゴンらしさを増したスポーツワゴンタイプが明確に棲み分けされました。ファミリーカーとしても使え、小型ボディながらハイパワーなエンジンを搭載したパワフルな走り、取り回ししやすい操作感は運転する楽しさを感じる事ができるでしょう。

続いてスバル インプレッサスポーツワゴンの魅力について見ていきましょう。

大きく2点あります。

事故を回避できる安全性

車だけでなく歩行者を認識する機能が備わっています。

これにより衝突や接触を自動的に回避する可能性が大幅に高まりました。

これは、すでに述べたようにインプレッサスポーツワゴンには、スバル社が社運を賭けて開発したSUBARU GLOBAL PLATFORMが導入されたためです。

いつでも快適に運転できる操作性

まず、高い操作性と設備による運転のしやすさです。

安定したハンドリングができます。

また、エンジンは十分に大きくスピードも確保した上で、車体がコンパクトで運転がしやすいです。

総じて、スバルのインプレッサスポーツワゴンは、安全に心地よく運転ができる車と言えます。

実用性が高いでしょう。

スバル インプレッサスポーツワゴンの買取相場・査定相場について

インプレッサスポーツワゴンは、最後に生産されたモデル末期の個体でも10年以上経過している事から多くの場合価格が付きにくいと言えるでしょう。

ディーラーでは価格が付く事が少ないですが、しっかりとした売却方法を選択する事で状態のいい個体であれば今でも査定額が付く可能性は十分あります。

インプレッサスポーツワゴン自体は中古車市場でも人気の車種です。

モデル・グレード・走行距離の3軸で価格はおおよそ決定できます。

当然年代が古くなれば走行距離も長くなり、評価額は下がってしまうでしょう。

さらにグレードも高級であればあるほど評価が伸びる傾向にあります。

ですので、現在所有しているインプレッサスポーツワゴンの状態を抜け目なく確認しましょう。

そして、より高値で売りたい場合はそれらを踏まえて行動しましょう。

スバル インプレッサスポーツワゴンを高く売るには?

より高くインプレッサスポーツワゴンを売却するには、一括査定を利用すると良いでしょう、

通常、走行距離が10万キロを越えると大幅に査定額が下がりますが、それに加え年数の経過から多くの場合価格が付きにくいという言えます。

ですが、一括査定を利用する事で海外に多く販路を持つ買取業者や、スバル車をメインで扱う買取業者など様々な業者へ一括で査定依頼する事になり価格が付く可能性が十分高くなります。

価格が付かない場合は、反対に費用が発生する事もある事からディーラーなどで価格が付かないからと諦めずに一括査定などを利用し工夫する事をオススメします。

インプレッサスポーツワゴンは安全性と操作性が充実しており、人気が高いです。

まずは注目すべきは内装の清潔さを確保しましょう。

内装が汚いと、インプレッサスポーツワゴンの評価額が下がってしまいます。

臭いや汚れは消せるものは最大限消す努力をしましょう。

次に、複数の買取店での評価を受けましょう。

インプレッサスポーツワゴンのような特徴が強い車は買取店によって評価のバラツキがあります。

ですので、より高く評価してもらえる店を複数の見積もりを比較しましょう。

その他の注意点には、スバル インプレッサスポーツワゴンはメーカーオプションが充実していることです。

スバル純正のオプションを揃えておくとそれが高値での買取に働くこともあります。

あくまでも純正であることがポイントで、純正でないパーツを使ってアレンジしたりしているとそれがマイナス査定に繋がるということも覚えておいてください。

年数が経過し走行距離が長いからと諦めるにはまだ早い

インプレッサは現在でも高い人気を誇るスバルを代表する車種です。

初代・2代目のインプレッサスポーツワゴンのフォルムを好むコアなユーザーも少なくはありません。
走行に難があったり、状態が悪かったとしても現在では入手が困難な部品取りや、日本国内と法律が異なる海外では走行する事が可能な場合もあり、海外輸出を得意とする買取業者に相談する事で価格が付く事もあります。

インプレッサスポーツワゴンのみならず、一部のブランド力の高い車種には世界中にファンがいる事が多いため日本では利用できない車でも需要がある可能性に期待できるでしょう。

まとめ

生産終了から10数年経過するインプレッサスポーツワゴンは、国内では価格が付かないケースが多いと言えるでしょう。

正規ディーラーなどでは、ほとんどの場合査定額に期待できませんが一括査定を利用する事で多くの買取業者に査定ができ、古い個体でも価格が付く可能性が跳ね上がります。

海外需要や部品での需要がある可能性もあるため、価格が付かないと諦めるにはまだ早いかもしれません。

この記事ではスバル インプレッサスポーツワゴンの買取相場・査定相場に関して解説しました。

インプレッサスポーツワゴンは安全性と操作性が抜群で、運転しやすい車と言えるでしょう。

買取に出す際には、車内環境を清潔にして複数の買取店での見積もりを比較しましょう。

是非本記事を参考にしてインプレッサスポーツワゴンを高値で売却してみてください。

コメント