スズキ ジムニーの買取相場・査定相場一覧

スズキ ジムニーの買取相場・査定相場一覧 中古車の買取相場について

みなさん、こんにちは。

今回の記事ではスズキ ジムニーの買取相場・査定相場について解説していきます。

スズキ ジムニーはスズキでは高い走行性能を誇る軽自動車で、高い人気を誇る車です。

本記事を参考にして、スズキ ジムニーをより高値で売却しましょう。

スズキ ジムニーとは

スズキ・ジムニーは、歴史が長くスズキの軽自動車といえばジムニーと連想される事の多い本格軽オフローダーです。

初代は1970年にデビューし、現行モデルは2018年にフルモデルチェンジを迎えた4代目となります。

頑丈で強固な作りに優れた悪路走破性は国内だけではなく世界中で高い評価を受けています。デビューから現行モデルまで、一定の需要があり人気の衰えない車種と言えるでしょう。

初代からエクステリアはキープコンセプトのまま、モデルチェンジを繰り返し時代に合わせ装備面を強化してきたジムニーは、4代目では更に走破性を追求し悪路走行の操作を想定したインテリアに、先進の安全装備も充実させ進化を続けています。

角ばった無骨なデザインはパワフルで男らしく走行の力強さを連想させます。
アウトドア志向のユーザーはもちろん、悪路走行を趣味とする国内外のユーザーに特に人気と言えるでしょう。

現行モデルでは、「XG」「XL」「XC」の3グレードを設定。最上位グレードはXCとなります。
全グレードマニュアル仕様設定が可能で最上位グレードでは2トーンカラーを選択できます。

4代目からは全グレード「スズキセーフティーサポート」が標準装備となり安全性能に差が無い事が特徴です。

スズキ ジムニーの魅力

スズキ・ジムニーは軽自動車ながら本格的なオフローダーとして開発された車種です。多彩なアレンジとカスタマイズに軽自動車とは思えない確かな走破性能が最大の魅力と言えるでしょう。

日本国内では、様々なライバル車が登場してきましたが軽自動車オフローダーとして常に王座を守り続けてました。長年生産し続けてきたスズキの技術と信頼、「ジムニー」という高いブランド力があってこそと言えるでしょう。

軽量なボディに高い登坂能力、優れた走破性能を持ちながら軽自動車の規格であるジムニーは唯一無二の存在と言えます。

また、世界的にファンも多く日本独自の規格である軽自動車は、海外で利用するメリットはほとんど無いにも関わらず小型で優れた悪路走破性能を持つジムニーは海外の屈強なオフローダーとの引き合いに出される事もあります。

海外では、ジムニーを日本から輸入し改造して楽しむユーザーも少なくはなく、国内外で多くのユーザーがジムニーを魅力的に感じていると言えるでしょう。

長年ライバルを跳ね除けてきた「ジムニー」という車種そのものが魅力なのだと言えるのではないでしょうか。

スズキ ジムニーの買取相場・査定相場について

スズキ・ジムニーの買取相場は、安定して高額取引されています。

中古車の需要も非常に高く、状態が極端に悪い場合を除きしっかりとした査定価格に期待できるでしょう。

2018年にフルモデルチェンジを迎えたばかりであるため、現行モデルの場合は、中古車市場へ多く出回っておらず高値で取引されていますのでより高額査定となる可能性が高いでしょう。

通常、モデルチェンジを迎え型落ちした個体は査定額が下落する傾向にありますが、ジムニーの場合年式が古い個体でも状態がよければしっかりと価格が付く特徴があります。

スズキ ジムニーを高く売るには?

ジムニーは基本的には高く売れますので、買取業者からすると売れ残りのリスクも少なく大変優れた商品です。

そのため、販売価格や買取相場が安定している事につながりますが、下取りや他社と比較しない売却手段を選択すると時に数十万をも損する危険があります。

人気を逆手にとり、一括査定を利用し多くの買取業者間で価格競争させる事がより高く売却するポイントとなります。

また、状態が悪く価格が国内で使ない個体であっても海外で高い評価を得ているジムニーは需要があります。走行できない個体でも部品として再利用、走行さえできれば日本と法律が違う海外では問題なく利用できる可能性があります。

売却時期や時間にゆとりがある際は、広い視野で売却を検討すると損をしにくくなるでしょう。

まとめ

世界的に評価されている本格軽オフローダーのジムニーは国内はもちろん海外での需要も高いです。

状態がよければ安定した高額査定に期待できますし、状態が悪い個体であっても買取につながる可能性が十分にある数少ない車種と言えるのではないでしょうか。

モデルチェンジに合わせ乗り換えを検討する方も大きな損をせず乗り換えが可能で、中古車を検討するユーザーはお得に購入できるジムニーは、今後も唯一無二のブランド力で日々進化していくでしょう。

コメント