軽自動車を高く売る方法!軽自動車を最高額で売ろう!

軽自動車を高く売る方法!軽自動車を最高額で売ろう!お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

現在車の売却をお考えの方で軽自動車を売ってしまいたいという方ももちろんいらっしゃるでしょう。

ただ軽自動車はそもそも普通車より価格が安いから売ったところで安い値段にしかならないのではないかと思っていませんか。

しかしながら、軽自動車は新車市場でも中古車市場のいずれにおいても需要が高まっています。

そのような背景もあり軽自動車でも高く売ることも可能なのです。

よって、今回の記事では人気が高まりつつある軽自動車をより高くそして最高額で売るための方法について解説していきます。

軽自動車人気の背景

一昔前の軽自動車を使っていた方はお分かりいただけると思いますが、車内が狭かったり燃費が悪いなどのマイナスなイメージを軽自動車に持たれている方もいらっしゃるでしょう。

最近の軽自動車では車内が広々としていたり、燃費向上といったことが進んでおり一昔前と比べてはるかに軽自動車の快適性は進歩しているのです。

他にも世の中の流れにもその人気は影響されています。

バブル時代の頃は大きなスポーツカーに乗ることに一種のステータスを感じていた人が圧倒的に多かったと思います。しかし最近ではどうでしょう。

石油価格の高騰などもあり「節約志向」に日本全体として動いています。街中で走行している車を眺めていると以前よりも軽自動車の数が増えていることが分かると思います。

安く買えてあまり維持費用がかからないそして燃費も良いというニーズを満たしているのが軽自動車であり、そのニーズが高まっているからこそ街中で見かける軽自動車の数が増加しているのです。

軽自動車が高く売れる理由

いまも述べたように節約志向が高まっている現代日本では、軽自動車は価格が安く維持費用も抑えられそして燃費が良いのでそのニーズを満たすこともあって人気が高騰しています。

その人気は新車市場に限った話ではありません。

中古車市場においても他の普通車と比べても需要は高いです。

実際に中古車販売店に足を運んでもらえれば分かると思いますが、軽自動車はなかなかの高値がついています。高値がつくということはそれだけ高い価格であったとしてもその車をユーザーが買ってくれると販売店側が見込んでいるということなのです。

そう考えると業者としても軽自動車をその車を売りたいユーザーからより高値で買い取ることで市場への供給量を増やしたいと思うはずです。

ですから、軽自動車だからといって安く買い取られるのではなくむしろ高い価格で買い取ってもらえる可能性が高いということを覚えておきましょう。

「買い取り」に出すがポイント

車を売却する方法として「下取り」あるいは「買い取り」のどちらが良いのかという話が出てきます。

これについては過去の記事でも触れていますが結論は「買い取り」に出す方が良いです。

これは買い取りと下取りとでは買い取った車の販路の豊富さや中古車市場の動向をどれだけ把握できているかに左右されるからですが、買い取りを行う中古車買い取り業者がどうして市場の変化をキャッチできるのかについてお話ししたいと思います。

中古車買い取り業者の中でも自前の販売店を有しているところもありそういった業者では自分たちで買い取った車を自分たちで販売していますが、販売店を有していない買い取り業者は買い取った車をどうしているのでしょうか。

彼らは「中古車オークション」を行って自分たちで仕入れた車を販売店へと売っているのです。

中古車を仕入れたい販売店はどの車のニーズが高いのかという情報に敏感ですからそれをもとに中古車をいくらで競り落とすかを決めています。

結局のところ、中古車買い取り業者としては車をどれくらいの価格で買い取るべきかをこの中古車オークションの相場がどう動いているのかで判断しています。

他方自分たちで販売店を持つ中古車買い取り業者では販売店を訪れたユーザーと直に触れることでそこからニーズをつかみ取って、それをもとに買い取り価格を決定しています。

いずれにせよ中古車買い取り業者は中古車購入を検討しているユーザーのニーズをつかんだうえで査定をしています。

ですから、新車販売をメインに行いかつ中古車の販路が狭いディーラーが行う「下取り」よりも「買い取り」の方が値がつきやすくなるのです。

業者にオークションで競り落とさせる感覚でせっかく車を売るわけですから、軽自動車をお使いでもより高値で買い取ってもらうのが当然ながらお得ですよね。

しかし、どのようにして査定額を吊り上げさせれば良いのでしょうか。

その秘訣についてお話しします。

ポイントは「業者に自分の車を競り落とさせる」ことにあります。

これはまさにオークションそのものですが、次のような例を考えてみましょう。

よくオークションが行われるのが「絵画」ですよね。

絵画が出品されてそれが欲しいユーザーが落札額を競り上げながらなんとしてでも絵画を落札しようと躍起になるのを見たことがある方も多いでしょう。これを「買い取り」に照らし合わせて見ていきます。

中古車買い取り業者は大手のところからそうでないところまで多岐に渡ります。

査定にやってくる営業マンはノルマを抱えています。

それだけ複数の競合を出し抜いて自分たちのところに売却してもらおうと日々格闘しています。

もし査定を1社にしか頼まなかったらどうでしょうか。

競合となる業者がおらずほぼ確実にそのお客さんは車を売ってくれるだろうから安く買いたたこうと業者側は考えると思いませんか。

しかし車を売る側が複数の業者に査定を依頼している場合、ノルマとの掛け合いもありその中から自社を選んでもらいたいと考え価格交渉に応じてくるはずですよね。

そうすると査定額がアップし、より高値で売却できる可能性が高くなります。

ですから、「多くの買い取り業者に査定させて査定額を吊り上げていく」ことが最高額で自分の車を買い取ってもらうことにつながるのです。

まずは複数の業者に査定を依頼しよう

いまも述べた通り複数の業者に査定してもらうことが最高額で売るための第一歩といえます。

これは面倒ではありますが、これを行うことで価格交渉の切り札を作るのです。

査定を依頼すると買い取り業者から営業トークを言葉巧みに使って即決させようと仕向けていますが、そこは相手のペースに乗るのではなく毅然とした態度で振る舞いましょう。

彼らも車を安く買いたたきたいのでそのように即決するように上手く誘導してくるのです。

仮に即決を促してきたとしても他の業者にも査定してもらいたいから即決はできない旨をしっかりと伝えればそれでいいのです。

そのような言葉巧みなセールストークをかわしながら複数の業者に査定してもらいましょう。

これまでの情報をもとに「価格交渉」を行おう

査定が終わると業者の方から査定価格が提示されます。

それを受けて価格交渉へ移っていきます。

買い取り業者としてはこちらが複数の業者の査定を受けているので宙ぶらりん状態になっています。

査定後後日に業者から連絡があった場合はその他の業者の価格を伝えましょう。

そうすると業者としても他の業者が高い値をつけていることに気づけばほぼ間違いなくその価格よりも高い値段を提示してきます。

これを複数の業者の間で行うことによって価格が吊り上がっていき最高額で売却することが可能になると思います。

「一括査定」を利用しよう

最高額で軽自動車を買い取ってもらいたいなら複数の業者に査定を依頼して業者に価格を競わせることが大切です。

とはいっても買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

この一括査定の結果を受けて高い値を提示してきた上位3~5社の買い取り店に実際の車を査定してもらうのが効率的であり効果的です。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

 

愛車がいくらで売れるか一括査定で確認する

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。

まずは、車の一括査定を利用して、現在のあなたの愛車がいくらで売ることができるかを確認だけしてみましょう!

お役立ちコンテンツ車を高く売る方法車売却について
シェアする
ks_paint0329をフォローする
車売却ウルゾ

コメント