他県・県外ナンバーの車を売却する方法とは?

他県・県外ナンバーの車を売却する方法とは?お役立ちコンテンツ

転勤に伴う引っ越しあるいは単身赴任で車をそのまま持っていくこともあるかと思います。車を持っていく際にナンバーを変えないままであったり、住所変更を済ませていないケースもよくあるようです。

しかし、引っ越した場所で車の買い替えでいまの車を売却しようとするとき、ナンバーを変えていないまま売却できるのかそして何かしらの手続きが必要なのではないかと疑問に感じる方も少なくないはず。今回の記事では他県・県外のナンバーの車を売却するための方法についてみていきます。

どのような手続きが必要なのか

車に付けられているナンバーは現住所と車検証に記載のある住所が原則として一致しています。引っ越した場所で車を売る場合は現住所が変わっていますから車検証の住所をまず移転させる手続きが必要になります。これを「移転登録」といえます。この移転登録を完了して「一時抹消登録」という名義変更を行ったうえで車は売却されるわけです。

しかし、この2つの手続きを個人で行うのもなんだか面倒だと感じる人も多いでしょう。ここで朗報ですが、これら2つの手続きは個人で行わなくても買い取り業者が代行してやってくれます。代行して買い取り業者が手続きしてくれるとはいえ、自前で用意なければならない書類があります。その用意すべき書類について解説していきます。

用意すべき書類について

まずは移転登録手続きに必要となる書類について説明します。必要書類は申請書とその売却しよう車の所有者の印鑑のほかに住民票と手数料です。
一時抹消登録には発行してから3か月以内の車の所有者の印鑑証明と所有者の押印がされた委任状そしてナンバープレートや車検証、移動報告番号と解体報告記録がなされた日の記録が必要となります。移動報告番号と解体報告がなされた日については解体証明書に記載があります。

他県・県外ナンバーでも簡単に売却できる

他県・県外のナンバーでも面倒な手続きは買い取り業者が行ってくれるので心配ありません。もし何か必要な書類があれば買い取り業者の方からどういった書類を用意しなければならないか指示してくれるので業者に任せてしまって大丈夫です。しかし、いざ車を売ろうとなると買い取り業者がたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント