レクサス ISの買取相場・査定相場一覧

レクサス ISの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

この記事ではレクサス ISの買取相場・査定相場について説明します。レクサス ISはトヨタの展開する高級ブランド車です。

そしてISとは、インテリジェントスポーツセダンの略称で、スポーティなデザインが特徴です。

さらに、インテリジェントな車で、安全性と燃費性能共に強化されており、軽快に運転できます。

本記事ではレクサス ISを高値で売るためのポイントについても説明しますので、是非本記事を参考にして、より高値での売却を目指しましょう。

レクサス ISとは

レクサス ISは冒頭でも述べたように、高級ブランドのインテリジェントスポーツセダンです。
そもそも、高級車です。

というのもレクサスの名称の由来は、レクサスという名称は「ラグジュアリー」と「最先端テクノロジー」の二つの意味を込めた造語であるためです。

そして、その語源となっているのはドイツ語の「Luxus(贅沢)」という言葉になります。
これを特に体現しているのがレクサスISでしょう。

その上で、インテリジェンスとは、車に搭載された高い技術力のことを指しています。
具体的には、セーフティーモードが搭載され、車間距離・歩行者認知などで安全な運転環境を提供しています。

そして、スポーツセダンということで、形状・機能性にも優れています。
具体的には、アグレシッブなヘッドランプなどの形状に現れており、多くのカラーオプションに代表される機能性の高さがあります。

総じて、スポーティなデザインでありながらも安全な運転環境を提供できる実用性も兼ね備えた車だといえるでしょう。

初代がデビューしたのは1999年。海外で先行して販売されていたレクサスブランドですが、国内でレクサスブランドが設立されたのは2005年となる事から日本では実質的に2代目が初代にあたり、2005年以前はトヨタ・アルテッツァとして販売されています。

その後、2013年にモデルチェンジをし現行モデルとなる3代目へ移行しました。

ISの名は「インテリジェント・スポーツ」に由来し、知的で洗練されたデザインに走りを追求したドライバーズカーとして現行モデルまで国内外問わず高い人気を得ています。

セダンタイプの中では、コンパクトボディに部類されますがエンジンはゆとりのある高性能エンジンを搭載しなめらかでストレスフリーなドライブを楽しめます。

上質で洗練された内外装、静かで取り回しの利くゆとりある走行性能は高級セダンの名に恥じないまさにプレミアムスポーティーセダンと言えるでしょう。

レクサス ISの魅力

続いてレクサス ISの魅力について見ていきましょう。

安全な運転環境

高級車であり、セーフティーモードで通常の車より安全性を確保しています。
事故が起きないように、車間距離・歩行者を認識し調整します。

また、事故が起きた時にも衝撃を吸収する仕組みが多く搭載されています。

スポーティなデザイン

一言でいうと車体がカッコ良いです。つまり街で走りたくなるような存在であるのです。

乗ったみたい、乗ったらワクワクするのではないかという想像が走りへとかきたてることを狙っているようです。

繰り返しにはなりますが、レクサス ISは高級車ならではの高い安全性とカッコ良いデザインが走りへとかきたてる車なのでしょう。

まだまだあるレクサス ISの魅力

レクサスIS最大の魅力は、プレミアムスポーティセダンの名に恥じない走行性能と洗練されたデザインであること。

走りを追求し開発されたレクサスISは、車内の静粛性能が非常に優れています。外の雑音が少なく、ゆとりあるエンジンでストレスフリーな走行を楽しめます。

高級感のあるインテリアデザインに静かでゆったりとした空間はロングドライブに適し運転を十分に楽しむ事ができるでしょう。

2代目のISは、やや保守的なクラウンを思わせるデザインでしたが、現行モデルとなる3代目ではよりアグレッシブにエクステリアデザインの大幅な変更があり、レクサスのデザインアイデンティティに採用されたスピンドルグリルを設定。

スタイリッシュでアグレッシブなデザインながら知的で高級感のある外装に確かな走行性能、洗練されたインテリアデザインを五感で感じ所有するだけでときめきを覚え、運転する喜びを感じる事ができる魅力がレクサスISにはあるでしょう。

また、セダンタイプの中ではハイブリッドモデルを選択せずとも他車種と比較し、燃費性能に優れる面も魅力の一つと言えるでしょう。

レクサス ISの買取相場・査定相場について

レクサスISは、レクサスを代表するセダンで人気も高い事から中古車市場でも需要の高い車種です。

そのため、型落ちの個体や走行距離が多く多少状態が悪い個体であっても価格がつかないケースはほとんどないと言えるでしょう。

現行モデルである3代目レクサルISでは、新車と比べると買取相場が高額とはいかないまでも安定した査定額に期待できます。

もちろん状態がいい個体は高額査定の可能性は十分高いでしょう。

昨今の経済的ニーズからハイブリッドモデルは他タイプに比べ高めの査定が付きやすい傾向にあります。

評価の3軸

年式・グレード・走行距離の3軸で評価されます。

とはいえ、ここ2・3年では価格は下落傾向にあります。

特に、走行距離の長い車が価格を押し下げており、注意が必要です。

走行距離が短い場合は逆にいえば高く売るチャンスかもしれません。

反対に、パール・黒などの暗色系統の評価が高くなる傾向にあるようです。

レクサス ISを高く買い取ってもらうには?

レクサスブランドは国内外問わず高級ブランドとして広く認知され需要の高い車種が多い特徴があります。

レクサスISは、北米などではレクサスのエントリーモデルとして高い人気があり、海外輸出も視野に入れやすい車種と言えます。

そのため、国内向けの販路に絞らず一括査定を利用し、海外販路に精通する買取業者を含め競合させる事で予想を越える査定額になる可能性もあるでしょう。

また、経済面に優れるハイブリッドモデルや上級グレードは新車に手を出せないユーザーへニーズがあり高額査定に結び付きやすいと言えます。

内装の状態や禁煙車、正規装備なども査定額アップにつながるため大切に乗っていた個体であればしっかりとした査定額に期待できます。

売却の際は走行距離に注意

走行距離に注意しましょう。

市場には過走行車が増えており、その評価額が芳しくないようです。

売却を検討する際には、所有するレクサス ISの走行距離をまずは確認しましょう。

買取店での見積もりについて

レクサスなどの高級車を専門で買取を行う業者がいます。

彼らの査定額は高くなる傾向にあります。

しかし、高級車の買取を専門にする・注力する業者は数が少ないです。

そのため、査定で業者を見極めましょう。

内装も含めて評価してくれるレクサスISを評価してくれる業者に巡り会いましょう。

まとめ

この記事ではレクサス ISの買取相場・査定相場に関して解説しました。
ISはインテリジェントスポーツセダン車。高く安全性とスポーティなデザインで、高級車である所以を体現しています。

快適な運転体験を提供する車ともいえそうです。

そのようなことから市場もある一定の人気があります。

買取に出す際は、走行距離に注意し見積もりを複数社で比較し、高く売れる可能性を最大限検討しましょう。

是非本記事を参考にしてレクサス ISを高値で売却してみてください。

コメント