ダイハツ ムーブの買取相場・査定相場一覧

ダイハツ ムーブの買取相場・査定相場一覧車売却について

現在、軽自動車の売れ行きが好調な時代に差し掛かっています。新車として販売される車種のおよそ37%が軽自動車です。

ダイハツ・ムーヴは、スズキのワゴンRが大ヒットしたという背景から、開発されたトールタイプの軽自動車で、1995年に発売されてから2017年の現行機種では6代目になります。

今もとても人気があり、5ドア軽トールワゴンの代表的な車種であるダイハツ ムーヴの特徴や魅力、買取相場をみていきましょう。

ダイハツムーヴの魅力

“軽トールワゴン”は、このダイハツ・ムーヴとスズキ・ワゴンRがツートップと言っても過言ではなく、軽トールワゴンの人気上昇とともにムーヴも歩んできました。

バリエーションはノーマルモデルのほかに、スポーティモデルの「カスタム」の2つとなります。
その中で特別仕様として、「エアロダウンカスタム」「エアロダウンRS」「カスタムRS」「カスタムXリミテッド」「ナビエディション」などが発売されました。
バックドアは、初代から5代目まで横開き式のものがあります。
これは軽トールワゴンの中では珍しく、特徴のひとつとも言えましたが、6代目に、一般的なハッチバック跳ね上げ式が採用されました。

軽量なこともあり、想像以上のコーナリング性能を発揮してくれますし、素直な操縦性と安定したグリップ力で安心できます。
80㎞以上の高速走行時にも乗り心地もよく、このレンジにセッチングしてあるように思います。

ムーヴの人気の理由として、上質感、カスタム性や安全性、などがあり、アクセサリーも充実していて、外装、内装ともにさまざまなカスタムが可能です。

これにより、従来から軽自動車にありがちな安っぽさを感じさせず、男性にも女性にも受け入れられるデザインになっています。

後席も窮屈さを感じず、室内空間もゆとりのあるスペースを確保しています。大人4人乗せても快適にドライブを楽しめます。

また、安全・環境に配慮した機能面も人気の要因です。
軽トールワゴンの中で、ムーヴは比較的サスペンションが優秀だと言われており、パワー面での走行性能もよく、しなやかで力強い走りができるのが特徴です。

ムーヴには、軽自動車として初めて、衝突被害を軽減させるシステム「スマートアシスト」が装備されました。

これは「スマートアシストⅡ」として進化し、さらに安全性を高めています。
また走行ノイズや振動の軽減など乗り心地や高級感、デザインについてもとことん追求されています。
このようにムーヴは、軽自動車とは思えないほどの装備や技術が次々と投入されているダイハツの顔とも言える人気の車種です。

2014年に発売された最新モデルのLA150/160S型は、31.0km/Lという低燃費を実現させています。車が減速して止まる直前にエンジンが自動停止する「エコアイドリング機能」を搭載。

また、マルチインフォメーションディスプレイによって、燃費のいい運転をすると照明がグリーンに変わるので、エコドライブの実践が視覚的に分かりやすくなっています。

エンジンはノーマルモードとパワーモードがあり、ハンドルにモードを切り替えるスイッチが装備されていて、エコモードで運転したい時、パワーモードで坂路を駆け上がりたい時など、状況に応じて切り替え可能。

シートは座り心地と運転のしやすさを追求したデザインになっており、快適なドライビングのアシストを行っています。

走行性能も優れており、高速道路でエアコンをかけながらスピードを出して走っても、全く不満を感じることが有りません。

音楽をかけたり楽しみながら走行しても、性能が良いのでタフに走ってくれます。
高速道路や坂道発進もスムーズに、高速走行での安定性もあります。

ムーヴのような人気車種は、乗り終えた後の買い取り価格が高いというのも大きな利点となります。軽自動車というのは、購入時のコストパフォーマンスに優れるだけでなく、乗り終えても無駄にならない点もポイントです。

ダイハツ ムーブの買取相場について

ダイハツムーブの買取相場はどのモデルも年々下がってきています。3年落ち、5年落ち、7年落ちいずれのデータを見ても、全体的に買取相場が下落しているので、現在ダイハツムーブを所有されている方はお早めに査定にだすことをおすすめします。

一括査定サービスを利用することで現在の愛車がいくらぐらいで売れるのかを確認することができるので、確認という意味合いで利用しましょう。

一括査定サービスを利用したからといって必ず売却しなくてはならないというわけではありませんから、一度利用してみるのも手ではないでしょうか?

ダイハツムーブを高く売るには

ムーヴの査定額をアップさせるには、いくつかのコツがあります。
まず、きれいな状態であるかは大きなポイントです。

軽トールワゴンの代表格でもあるムーヴは、発売から長い期間を経ていることも多く、10年以上経過している個体も珍しくありません。経過年数が長く、ボロボロ、走行距離も多いとなると高い査定額は残念ながら期待できないでしょう。

基本的にムーヴは、海外でもとても人気があります。
なぜならば海外では日本車を所有することが、ひとつのステータスであるからです。

なかでも機能性・デザイン性のどちらにも優れたムーヴは、海外からの評価がとても高く、
きれいな状態のものは海外輸出もでき、確実に売れるという理由で高い査定に期待が持てるわけです。

ムーヴの中古車を購入する層として学生や若い社会人が多く、その層に人気の色は白や黒の車体のものになります。
そのため、白か黒のムーヴは他の色より査定額が高めになる傾向があります。

装備については、カーナビやダイハツ純正アルミホイールなどついているものは査定にいい影響がでるので、純正アルミホイールをお持ちの場合は、査定時に忘れずに申告しておきましょう。

そして、安全装置が装備されているのもポイントです。
5代目と6代目のムーヴにはスマートアシストや後方ソナーなど、安全装置が付いているものがあります。

これらは非常に人気の機能で、高額査定につながります。
ダイハツ・ムーヴを買取査定する際は、これらのポイントを抑えてなるべく高く買い取ってもらいましょう。

まとめ

運転初心者の方や、女性も乗りやすい軽自動車です。年配者でも先進安全機能が搭載されているグレードなら安心して運転も出来ますね。

ダイハツムーブをお持ちの方は老若男女に愛されるダイハツムーブの良さを再認識されたのではないでしょうか?今回とりあげさせていただいたダイハツムーブの良さを意識し、その良さが伝わるように車内を綺麗にしたりすることで高額査定を狙いましょう。

まずは一括査定をしてみて愛車がどれだけの価格で売れるのあかを確認するとよろしいかと思います。

コメント