三菱 アウトランダーの買取相場・査定相場一覧

三菱 アウトランダーの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

みなさん、こんにちは。

今回の記事では三菱 アウトランダーの買取相場・査定相場についてご紹介します。

三菱 アウトランダーはスポーティーであり、かつ上質な印象を与えてくれる車です。

本記事を参考にして、三菱 アウトランダーのより高値での買取を目指しましょう。

三菱 アウトランダーとは

三菱アウトランダー(OUTLANDER)とは、三菱自動車が製造・販売を行なっている車の一種です。

車の名前の由来としては「outland(遠隔の地+辺地)」+「er」でアウトランダー。

“遠く未知な土地へ向かっていく冒険者”の意味を持っています。

初代のエアロバージョンの「ROADEST」には「道(Road)」と「最上級(-est)」が掛けられており、あらゆる道で上質な走りを見せるエアロ仕様のモデルを想起させているのが特徴です。

生産工場は名古屋製作所(愛知県岡崎市)、パジェロ製造(岐阜県加茂郡坂祝町)、広汽三菱(中国向け)、中華汽車(台湾向け)、ヒンドゥスタン・モーターズ(インド向け)、PCMA-Rus(ロシアカルーガ州)です。

以前発売されていたエアトレックの特徴を引き継ぐ車ですが、サイズ感はアウトランダーの方が一回り大きくなっています。

そもそもアウトランダーという名前はエアトレックの輸出名で、日本でアウトランダー初代が登場するにあたって今の名前に全て統一しました。

日本では販売終了後、引き続きエアトレックを販売していた海外ではアウトランダーEXという名前がつけられています。

初代はCW5W/6W型で2005-2012年の区間で製造販売されていました。

その後品種改良がおこなわれ2012年よりGF7W・8W/GG3W型が登場。

ヨーロッパ向けの2代目「アウトランダー」の誕生です。
続いての項目で、具体的なアウトランダーの魅力を一挙ご紹介していきます。

三菱 アウトランダーの魅力

アウトランダーの最近車種は「アウトランダー PHEV」で、このPHEVとは”Plug-in Hybrid Electric Vehicle”の略です。

“HV”は「ハイブリッド」という意味で”EV”はいわゆる電気自動車であることを指します。

ハイブリッドカーという局面を持ちながらさらに電力だけでも走ることができる、なおかつガソリンでも走行可能という意味です。

ガソリンと電力のどちらでも走ることができるハイテクな車ですが、走行距離は確認できるのでしょうか?

まず電気で走るときの距離はEVに特化した距離の表示が出て、電力と燃料で走るときは両者を合わせた距離を算出しキロ数が表示されます。

使用しているエネルギーに合わせた距離が表示されるのでわかりやすさも抜群です。

ガソリンで走る車と比べると、アウトランダーPHEVは必要に応じてコンセントや急速充電器を用いて走ることができるのでエコな車ですよね!

さらにアウトランダーPHEVの電力は車の走行だけでなくアウトドアシーンでも活躍します。

最大出力1,500Wを誇るアウトランダーPHEVなら、車にいながら電子レンジやドライヤーも使えるんです。

ここで気になるのがバッテリーの消費具合。

たくさん使っているとすぐにバッテリーが減って、使えなくなってしまうのでは?という心配があるかと思います。

でも大丈夫、アウトランダーPHEVならそんな心配も取り除いてくれるんです!

アウトランダーPHEVはバッテリーが満タンの状態でなんと一般家庭で使う電力の1日分に相当するそうです!心置きなく使えますね。

ガソリン+バッテリーが満タンの状態なら、一般家庭で使う電力のおよそ10日分にもなるんです。

充電がなくなったら急速充電を使えばおよそ25分(普通充電AC200V/15Aならおよそ4時間で満タンに)で8割回復するので安心ですね。

全国各地に充電スペースが拡大しており(急速充電器およそ6,200基、普通充電器およそ14,600基)高速道路のSAやコンビニエンスストアで気軽に充電できるので便利です。

充電1回につき通常で¥305円前後ですので、かなりリーズナブル(ただ電力会社の契約内容によって異なるので要確認)です。

さらに素晴らしいのが、バッテリーが少なくなってきたら自発的にエンジンが発電効果を発揮するため、「気づいたらバッテリーゼロだった」という緊急事態をまぬがれることができます。

アウトランダーPHEVは電力供給の面だけでなくエコノミーな車としての特徴も。

とっても燃費が良く給油にかかる時間を省略して長い間走ることができるんです。

電力を存分に使った地球にエコなハイブリッドカーという面だけでなく、静かな車内も高い評価を受けています。

アウトランダーPHEVはバッテリー残量があるときはモーターのみで走行するので、車の騒音が聞こえにくいんです。

乗っている人は気兼ねなく仲間や家族とおしゃべりを楽しんだり、リラックスしたりと快適な車内で過ごせます。

三菱 アウトランダーの買取相場・査定相場について

アウトランダーの買取相場・査定相場はほぼ横ばいで、最新のデータだと数万円上昇している傾向にあります。

買取業者や個人のディーラーに任せるなど、方法はいくつも考えられますがまずもって大切なのは相場がどれほどなのかを知ることです。

中古車であっても電力と燃料を掛け合わせて走行するだけでなく、エンジンの面も高性能で乗りやすいアウトランダーは需要が高いので買取価格が高くつく可能性があります。

査定前に入念なメンテナンスを行っておくことが大切です。

三菱 アウトランダーの買取相場・査定相場一覧

 

三菱 アウトランダーを高く売るには?

アウトランダーの中でも最新種のアウトランダーPHEVが高値で取引される傾向にあります。

通常のアウトランダーに比べ中古車市場にも出回ることが少ない車種なので、レア度が高く重宝されるのです。

電気自動車やアウトランダーPHEVの場合は普段どのような充電を行なっていたかに左右されます。

例えば街を走っている時に急にバッテリーがなくなった、もしくは急用で出かけることがあるときなどは急速充電を行うこともあるでしょう。

しかし注意したいのは急速充電はバッテリーの消耗が早まるので買取の際つく値段に響くことがあります。

日頃から通常充電でまかなうよう努力していると、急速充電を多用している人より高値で取引されることがほとんどです。

また、地域や時期によっても取引される価格帯が異なっています。

積雪の多い県(北海道・東北・北陸など)では需要が高いアウトランダーPHEVは、高額買取が行われることが多いです。

なぜなら寒い地域だとバッテリーの消耗が激しいので、バッテリーの消耗が最小限に抑えられたアウトランダーPHEVは好まれる傾向にあります。

こうした地域に住む人たちは雪が降りだす本格的な冬よりも前に購入したいと考えるでしょう。

冬が来る少し前に買取に出すと思わぬ価格帯で取引される可能性も高いです。

さらに人気のボディの色ですがホワイトパール・ブラック・グレーメタリックなどありますが、いずれも人気のカラーです。

車を買うとき色で選ぶ人も多くいるので上記のカラーに当てはまるアウトランダーを所有していると、期待できます。

まとめ

電気自動車としての特徴もありながらガソリンでも走行可能なアウトランダー。

ガソリンを動力にして走行する車がまだまだ一般的な世の中で、電気の力で走るとはかなりエコな車といえます。

特にアウトランダーPHEVは人気の車種で、魅力たっぷりです。

充電を満タンにしておけばアウトドアシーンでも活躍する車なので、外で遊ぶ機会が多い人にぴったりな車ですね!

その柔軟性の高さはさすが「遠く未知な地へ向かう冒険者」の意味も含んだ車名が似合う車、といったところです。

エコでありながら高性能なアウトランダーの魅力を再確認された方は、是非アウトランダーの良さが目立つように、しっかりと清掃メンテナンスを行い高値で売れるように努力しましょう。

コメント