フォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場一覧

フォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

みなさん、こんにちは。

今回の記事ではフォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場についてご紹介します。

フォルクスワーゲン ポロはかわいらしさを感じさせる外観のみならず、高い安全性や機能性を有する車です。

本記事を参考にして、フォルクスワーゲン ポロのより高値での買取を目指しましょう。

フォルクスワーゲン ポロとは

ドイツの自動車メーカーである「フォルクスワーゲン」から出ている車種の一つ・ポロ(Polo)。

ヨーロッパを代表するコンパクトカーで、初代86型は1975年から登場し1981年まで活躍しました。

その後2~6代目まで進化を遂げ、最新式が6代目 AW型です。

車名の「ポロ」とは乗馬を行いつつボールを扱う馬術競技の「ポロ」から名づけられた名前でそれとともに13-14世紀のイタリア人旅行家であるマルコ・ポーロにも、ちなんでいます。

ポロが発売された同時期に「風」に関係する車がたくさん登場していますが(ジェッタ、ヴェント、ボーラ、シロッコなど)、ポロは関係性がありません。

カテゴリーとしれはコンパクトカーの分類に入り、フォルクスワーゲンから発売されている車の中でも人気かつ有名なのが「ゴルフ」ですが、ポロもゴルフの特徴を汲んでいます。

フォルクスワーゲンが製造・販売する車の中では日本において年間販売台数が常に1万代を突破しているモデルで、ポロのユーザーの6割が女性です。

日本でフォルクスワーゲンから発売している車に乗っている男女比においても、女性が圧倒的な支持を占めています。

フォルクスワーゲン ポロの魅力

ただいま6代目まで発売されているポロですが、どのような部分に魅力が詰まっているのでしょうか。

ポロユーザーの6割が女性ということを書き記しましたが、ポロの先駆けとなる車種・ゴルフであれば型が改良されるたびにビッグサイズになっていくのに対し、ポロは2代目ゴルフ程度の大きさをキープしています。

品種改良を行い、6代目までやってきたポロのコンセプトは「未来を現実にする」で、キャッチフレーズ通り技術性の高いシステムやドライバーサポート機能が多彩です。

それでいてコンパクトかつ可愛らしい見た目であることから、女性の支持を多く獲得しているのがポロです。

コンパクトカーと聞くとあまり車内は広さを感じられないように思われがちですが、ポロはそうでもありません。

ポロを生産する本元・ドイツでは大人の男性の身長が平均して180センチ前後あるので、大人が乗車するにはギリギリのサイズ感ですが、日本人男性の平均身長は172センチほどなのでゆとりを持って乗ることができます。

ポロの車内は一目見るだけで機能性が高いことが計り知れます。

例えば、運転手席周辺はハンドルを持った状態でも「オーディオ」「ナビゲーション」などの昨日操作がハンドル一つで行うことができるのです。

最近なんでも「デジタル化」が進行していますが、車業界にも同じことが言えます。

日本国内においてすでにゴルフが機能を搭載している「アクティブインフォディスプレイ」をポロにも採用。

ナビの画面がメーターパネル状に浮かび上がり、以前より一層快適な操作を実現しています。

最新式の機能を搭載しているだけでなく、自動車安全テストにおいて「5つ星」を記録しているなど車としての安全面も抜群に優れているのがポロです。

全てのポロの車種に「ESC(エレクトリック・スタビリティ・コントロール)」が装備されています。

ESCの機能を簡単に表すのであれば、緊急事態が起きた時に対処すると何らかのリスクを伴います。
例に挙げるなら雪や雨などで滑りやすくなっている道を曲がろうとしたとします。

そこで曲がりきれなかった場合、ドライバーはハンドルを強く切ったり急ブレーキをギュッとかけますが、そのような動作を行うと対向車線にはみ出たりスピンをしてしまう可能性が高いです。

ドライバーを危険から守るための機能(ブレーキやエンジンを抑制する)が働くシステムがESCと呼ばれています。

他にも6つのエアバックが装備されており、万が一のことがあっても対処が取れるようになっていたり、ブレーキのシステムも万全です。

特にブレーキは「シティエマジェンシーブレーキ」と呼ばれるもので、レーダーによって前を走っている車との距離を測ってぶつかりそうになると、警告音や警告灯で注意喚起がされます。

その上でもリスクがぬぐい去れない場合、システエマジェンシーブレーキが作動し事故を未然に防ぐのです。

機能性・安全面において優れているポロは、外見の愛らしさだけでファンを獲得しているのではないことがわかります。

フォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場について

フォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場はほとんど横ばいの傾向にありますが、車種によって買取価格が変動しているようです。

例えば4ドア式のタイプやスポーツモデルのGTI、特別仕様車のアベニーダやヴィアッジョには特別付加価値がつきます。

エコカー減税・エコカー補助金対象の車種である5代目も高額買取が期待できるのが特徴です。

フォルクスワーゲン ポロの買取相場・査定相場一覧

フォルクスワーゲン ポロを高く売るには?

フォルクスワーゲン ポロの場合オプションや走行距離に買取価格が左右されます。

売却を考えているポロの長所や短所を良く理解しているのは紛れもなくドライバーの皆さんです。

アピールできそうなポイントを押さえ、中古車買取業者の中でも輸入車に強いところを選びましょう。

せっかく売却が決まっても、他社ならばもっと高値がついたと落胆することのないように、多数の業者を比較することは大切です。

愛車を売りに出す前によく下調べを行なってから売却に移りましょう。

まとめ

圧倒的女性の人気を集めるドイツの車・ポロの魅力に迫っていきました。

1975年に世に出されてから累計1,400万台の販売総数を誇っているポロ。

デザイン性の高さだけでなく、安全性においてもピカイチな輸入車として貫禄のある車種です。

ポロのコンパクトカーならではの小回りの良さ・エンジンの卓越した性能が乗る人を魅了してやみません。

デザイン性の高いポロは買い手もいますので、今回ポロの魅力を再認識された方は最大限魅力が買い手に伝わるように清掃などしっかりおこなうようにしましょう。

コメント