車売却でよくある疑問・お悩み

お役立ちコンテンツ

車を売るときのガソリン残量は空っぽでいいのか?損しない方法!

いざ車を売ろうとしたときにガソリンが空だったということはありませんか。しかし、その車を売って次に使う人のことを考えるとなんだか申し訳なくなりますよね。しかも、ガソリンの残量が空っぽだと買い取り業者のところに出向いて査定をしてもらうのもできなくなってしまうと思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、売却する車のためにわざわざガソリンを入れるのもなんだかもったいないなぁという感じがします。ガソリン残量が空っぽの場合損なく車を売却するにはどうしたら良いのでしょうか。
お役立ちコンテンツ

車を売るときにETCはどうするの?

最近では高速道路を走行する車のほとんどが料金所でETCレーンを通過しますね。日本の車社会ではETCはもはやなくてはならないものとなってきています。そんな便利なETCですが、車をいざ売却しようとするときにETCの装置をどうするべきか悩まれることもあると思います。例えば、個人情報の漏洩とかETCの装置が付いていた方が高く売れそうだとかそういったことを考えるでしょう。いざ車を売却しようというときはETC装置をそのまま取り付けたまま、取り外すのどちらが良いのでしょうか。
お役立ちコンテンツ

バッテリーが切れた動かない車を売る簡単な方法とは?

車を売却するときもちろんその車が動くのが普通ですが、バッテリーが切れて動かなくなってしまった車を売りたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そもそも車は動かないと意味がないから動かない車なんて売却できないと考えるのは自然ですね。そうすると、動かない車は廃車にするかバッテリーをしっかりと修理してからでないと買い取ってもらえないのではないかと考えがちですが、実はバッテリー切れの車だってしっかりと売却できるのです。今回の記事ではそのような動かない車の売り方について解説していきます。
車売却でよくある疑問・お悩み

所有者名義が違う車の売却方法は?手続き方法を解説

車を売却しようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、実はすぐに車を売ることができないケースがあります。そもそもその車は本当にあなたが所有している車なのでしょうか。車の利用者はあなただと思いますが、車の所有者自体はあなたでない可能性もあるのです。例えば、自分以外の家族が所有者になっている場合やローン会社そしてリース会社になっていることがあります。よって、このような場合では利用者の判断で車を売却することはできないのです。では、利用者と所有者が異なる場合で車を売却するにはどうすれば良いのでしょうか。
お役立ちコンテンツ

10年落ちの車は買取してもらえる?10年以上経った車を高く売る方法とは?

年式古い車を手放したいと考え、車の買い替えを検討している方もいらっしゃると思います。そのタイミングとしては現在乗っている車が「10年落ち」になったときだといわれています。しかし、車の年式が新しいほど高く販売され、年式が古いほど安く販売される傾向にあります。ですので、あまりにも古い車を売ったとしても大した金額にならないのではないかと考えるのも自然ですね。 しかし、諦めるのはまだ早いです。10年落ちの車だとしてもしっかりとした値が付くことだって十分にあるのです。では、どうすれば10年落ちの車でも高く買い取ってもらえるのでしょうか。