日産 スカイラインの買取相場・査定相場一覧

日産 スカイラインの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

日産から登場している「スカイライン(SKYLINE)」。

“日本にはスカイラインという美しい道ががある”というセールスコピーにふさわしい、高級感あふれる車種です。

スカイラインに搭載されている、世界初の操舵システムである「ダイレクトアダプティブステアリング」とは一体どのような機能なのでしょうか?

今回は日産 スカイラインの魅力を徹底解剖するとともに、買取相場や高く売るための条件を列挙していきます。

日産 スカイラインとは

日産 スカイライン(SKYLINE)は日産自動車が製造・販売を行っている車種の一つです。

1957年から富士精密工業(プリンス自動車)の主力自動車として登場し、2014年には13代目を発表しました。

車名は「山並みと青空を区切る稜線」に由来しています。

スカイラインの名付け親は桜井眞一郎さんです。

2007年3月21日にはアイディアを思いついた地である、群馬県草津市の山小屋「芳ヶ平ヒュッテ」に生産50周年を記念し「スカイライン命名の地」と掲げたプレートが取り付けられました。

ボディの種類は現在4ドアセダンのみとなっています。

かつては2ドアクーペ、5ドアハッチバック、ステーションワゴンなども存在していましたが似たり寄ったりなデザインを量産することを避けるため、スカイラインとしての製造は廃止されました。

長野県岡谷市の鳥居平やまびこ公園内には自動車博物館としては異例の限られた車種のみの博物館である「プリンス&スカイラインミュウジアム」が運営されています。

1958年には「スカイライン1900」が当時の皇太子である明仁親王の愛車となり話題になりました。

続きまして、登場してから発売された始めごろの昔から今まで、愛される車種であるスカイラインの魅力に注目していきます。

日産 スカイラインの魅力

スカイラインの外観はラグジュアリーな雰囲気がただよっているのが特徴的です。

洗練された外観によって、プレミアムスポーツセダンとしての魅力が光り輝きます。

ボディカラーは9色から選択が可能となっており、乗る人の好みに合わせたカラーを選べるのも素敵ですね。

長年愛してもらえるような加工としては「スクラッチシールド」が挙げられます。

運転している上で木や対象物で擦ってしまい、傷がつくこともあるでしょう。

そんな時でもスクラッチシールドの塗装によって時間が経てば修復されるので、ほとんど元のピカピカの状態に復元されます。

たとえボディを傷つけてしまったとしても、軽度な引っかき傷であれば心配いりません。
耐用年数は3~5年ですが、一般塗装より傷を残しにくい状態がキープできます。

走行性能と環境性能の両者を高いレベルまで引き上げた、ハイブリッドシステムにも注目です。

「世界初」と謳われる”ダイレクトアダプティブステアリング”は、ドライバーの意のままに運転可能なシステムです。

ドライバーが曲がろうとした方向に車が曲がり、コーナリングの際には修正操舵がなく軽やかなドライブが実現。

曲がりくねった道ではもちろんのこと、スピードを抑えて走る街中でも駐車場においても思い通りです。

ドライブモードを「スポーツモード」に選択すればなお軽快な走行を体感することができます。

もしもシステムが上手く作動しなかった場合即座にバックアップが取られ、ステアリングモードへ移ります。

万が一に備えた機能もしっかりしているので安心です。

例えば高速道路においても走行において圧倒的な安定性を叶えます。

高速道路を走っているとドライバーが意図せずともまっすぐ走ろうと心がけることで、疲れが蓄積されがちです。

しかしダイレクトアダプティブステアリングが働きかけることでステアリングの微調整が行われ、安定して走るためドライバーへの負担がかかりにくくなります。
ゴツゴツとした岩場のような道でも、さも舗装された道のように走ることができるのも強みです。

実際に海外のありとあらゆる道で検証を重ね、広いアメリカの道を走行する際うねるような道でも微々たる乱れすら感じさせない走りを確立させました。

結果、どんな道にも臨機応変に対応し、まっすぐ走らせることに成功したのです。

ハイブリッド車には日産オリジナルのハイブリッドシステムが搭載されています。

シンプルで高い効率を誇る1モーター2クラッチ方式インテリジェント デュアル クラッチ コントロールを始め、高出力なリチウムイオンバッテリーなどが採用されているのです。

さらにモーターオンリーで走ることで洗練された静かかつ滑らかな走りによって、市街地だけでなく高速を走っていても低燃費で走行することができます。

エンジンとモーターによって加速性能も抜群で、革新的なパフォーマンスを発揮。

機能において、ダイレクトアダプティブステアリングの他にも「アクティブレーンコントロール」があります。

70km/h以上での高速道路を走っている時車線に対して車の方向をカメラがとらえ、タイヤの角度とステアリングの操舵反力をコントロールするという趣旨のものです。

横から吹き付ける風や傾斜などの道の影響によって左右されることなく、まっすぐ走ろうとする機能なのでドライバーによる修正もほとんどいりません。

長距離を走っていても疲れが溜まりにくく、安心して車に乗ることのできる機能が作用することでクオリティーの高いドライブを実現します。

日産 スカイラインの買取相場・査定相場について

スカイラインの買取価格は年々いささか増減を繰り返している傾向にあります。

グレードや走行距離によって買取価格や査定価格が左右されますので、入念なリサーチが必要です。

日産 スカイラインを高く売るには?

1957年に登場してから長きにわたって販売されているトヨタ スカイライン。

国産の高級セダンとして発売されたスカイラインですが、最近は国内でのセダン離れが著しく、セダン人気が低迷していますので、売却するときの値段は厳しくなっているのが現状です。

しかしスカイラインはハイスペックで機能性にも優れている車なので、強みを生かしたアピールができれば高額買取も夢ではありません。

同じ日産車に買い替える際は下取り価格も一定の価格は望めることでしょう。

ただし、日産ディーラー以外では思ったより値がつかずがっかりしかねません。

売りに出してから後悔するのでなく、「買取価格」「下取り価格」を綿密に調べ上げ最終的にトータルで一番高値で買取を行ってくれるところに出しましょう。

まとめ

誕生してからの歴史が長く、たくさんの人に愛されてきた車・トヨタ スカイライン。

スポーツセダンとして最高級な風格を持ち合わせる車で、日本のみならず海外にまで進出しています。

トヨタ スカイラインは他の車と比べても色あせない魅力的なボディや、安全面に配慮された機能がドライバー思いな車です。

燃費も良く、道の歪みや幅に左右されない走りを見せるので熟練されたドライバーはもちろん、運転初心者でも高度な技術なしでドライブを楽しむことができます。

トヨタ スカイラインを買取に出す場合、年式や走行距離によって値段が判断されますので、気にかけるようにしましょう。

違う種類の日産車に買い替える場合は下取り価格を次の車の購入へ充てることもできるので、そのことも念頭に置いて売却することをオススメします。

コメント