スズキ スイフトの買取相場・査定相場一覧

スズキ スイフトの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

小型車でありながら堂々とした走りが人気のスズキ スイフト。

どうしてもミニマムサイズだと走行機能が低下してしまいがちですが、ボディサイズに左右されずスポーティな走りを見せることから、幅広いユーザーから愛されています。

今回はそんなスイフトの特徴や魅力を紐解くと同時に、買取相場や高く売るためにはどうしたらいいのかなどについて触れていきます。

スズキ スイフトとは

スイフト(SWIFT)はスズキが製造・販売を行うコンパクトカーの一種です。

車名の由来としては古きに渡っては「カルタス」の初代・2代目の国外仕様に使われていて、特に2代目においてはカルタスの国外仕様車を「スイフト」として売り出している国は多いです。

日本にスイフトが初めて登場したのは2000年で、ワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを起用、リーズナブルな小型車であることをアピールした販売スタイルが執り行われました。

こちらの型は2代目カルタスがすでに「スイフト」として販売されていたことを受け、「イグニス(IGNIS)」というネーミングで販売されていたのが特徴です。

2代目は国内・国外問わず共通して「スイフト」として販売されるようになります。

自動車の基盤における「走る・曲がる・止まる」この3つを徹底的に研究し、作り込まれた車種として世界からも高評価を受けた車です。

3代目が出る頃には2代目のコンセプトを維持しながら改良がなされ、細部まで新たな設計が加えられました。
現在4代目に当たるスイフトですが、「マイルドハイブリッドモデル」が設定されその後ハイブリッドモデルも出ることでラインナップが増えたことが注目ポイントです。

初代から3代目まではJWRC(ジュニア世界ラリー選手権)に参戦経験があり、JWRCを連想させるホッテストハッチ「スイフト スポーツ(SWIFT SPORT)が出ています。

そちらも各方面から高評価を受けている車種です。

ちなみに4代目も全日本ラリー選手権のJN4クラスに参戦を果たしました。

スズキ スイフトの魅力

お次はスイフトの外観から内装までこだわり抜かれた魅力たちに迫っていきましょう!

まずボディーカラーは5種類から選ぶことができ、スズキのHPで載っているスイフト バーニングレッドパールメタリックが特に印象的です。

色味からどことなくスポーツカーのようなシャープなかっこよさがにじみます。

他のカラーを選んでもしっくりくるデザイン性の高さは圧巻です。

さらにボディの軽量化を実現しながら、高剛性があります。

車好きの心をくすぐる外観だけでなく、ドライバー目線で設計が行われた内装も注目すべきところです。

スタイリッシュな盤面に目盛りや水温計のデザインもクールで、中央部にはマルチインフォメーションディスプレイが設置されていてリアルタイムにドライブ状況が確認できます。

車内空間も洗練されていて、ボディーは短く低いのがポイントに対し乗車してみるとその広さに驚きです。

新プラットフォーム「HERTECT(ハーテクト)」の導入により、運転者からしてみれば運転操作のしやすい空間、そして同乗者からするとくつろぎの空間が広がっています。

初代のスイフトと比較しても荷室や後ろの席にゆとりが出ていますので、荷物をたっぷりのせても窮屈になりません。

あらゆる道があるので、運転する場所はいつも広いとは限りません。

例えば狭くて擦れそうなギリギリの駐車場でも車体に傷がつかないか心配はご無用です。

なぜならスイフトのフロントドアは3段階に開閉するため、狭いところに応じたドアの開け方ができます。

小回りの効く車体で、最小回転半径4.8mを誇っており狭くて通りにくい道でも難儀せず通ることが可能です。

軽快な走行を支える16インチの幅広タイヤとアルミホイールも特徴的。

ヨーロッパの車にも使われることのある剛性の高いチューニングタイヤです。

次はスイフトの走行性能についてご紹介していきます。

スイフトのは「ガソリン車」「ハイブリッド」「マイルドハイブリッド」の3種から選択可能です。

ハイブリッドシステムはスピードを落とす時のエネルギーを使って電気を生み出し、スピードを出すときにはモーターでエンジンを支える仕組みとなっています。

エンジン性能にも優れ、4気筒エンジンから排出される燃料が細かい粒子となって外に出ることでエンジンの燃焼の安定性を図ります。

排出ガスの一部を冷却することで焼却室に再び戻し燃焼に必要な温度を高める水冷式クールドEGRシステムを採用。

効率よく燃料が燃えることでエンジンの働きが活発になります。

スイフトは、安全装備においても文句なしの内容です。

ひとくくりにして「セーフティパッケージ」と呼ばれている装備は具体的にどんなものがあるのでしょうか。

・緊急自動ブレーキ

単眼カメラや赤外線レーザーカメラが掛け合わせられることにより、車や歩行者にぶつかる前にブレーキがかけられるシステムが働きます。

未然に事故を防ぐために必要な機能が多彩で、この他にも前方衝突警報機能、前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト機能があります。

セーフティパッケージのオプション価格は96,120円です。

およそ10万円かかりますが、安全性を考えると装備しておいても損でない内容となっています。

スズキ スイフトの買取相場・査定相場について

スイフトの買取相場は年々下がり気味にあり、平均して90万円代にあたります。

スペックの面においては、年式が新しければ新しいほど買取価格は上昇し、高値が期待できることがわかりました。

多くのユーザーは車検を迎える前には売却手続きに入ります。

車の買取相場は日々変動するものなので、早めに査定を受けて売りに出すことがオススメです。

買取相場を知ったところでスズキ スイフトを高く売るために必要な下準備などを行なっていきましょう。

スズキ スイフトの買取相場・査定相場一覧

スズキ スイフトを高く売るには?

スズキ スイフトを高く売るには以下のことに気をつけて準備するといいでしょう。

・車の情報をこと細かく記入し、アピールポイントを増やす

査定に出すとき基本情報の他に任意項目を記入する機会があります。

その際埋められるところは全て記入し、写真も何枚か添付すると業者に情報が行き渡りやすいです。

より多くの情報を共有することで、価値が上がる場合があるので面倒がらずに愛車の情報を揃えておきましょう。

さらに現車確認が行われるまでにスペアキー、外してしまった純正パーツを探して手元に置いておくと、査定額アップにつながります。

ついていると査定額にプラスされる可能性が高いのが「ディスチャージヘッドランプ」「純正OPアルミホイール」「純正OPエアロセット」です。

・人気グレードやカラー

スイフトの人気グレードは「スイフトスポーツ」「RS」「XS」「4WD」などです。

ボディーカラーによっても価格が変動し、特に「ブラックパール」「ホワイトパール」「イエロー」の3色はユーザー人気が高い傾向にあります。

まとめ

スズキ スイフトは国内・海外問わず幅広い客層に親しまれるコンパクトカーです。

日本のみならず海外でも販売を展開しているほど人気な車なんですね。

魅力もたっぷり詰まっていて、安全性能もオプションでつけられるのでより安心してドライブしたい人は必見です。

スイフトの買取相場についても触れましたが、年々微々たる変化ですが価格が低下しつつありますので、車検が訪れる前には売却手続きに入ることができるとベストなタイミングですね。

コメント