フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場・査定相場一覧

フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場・査定相場一覧 中古車の買取相場について

ドイツの由緒ある車製造メーカー・フォルクスワーゲンがポルシェとタッグを組んで登場した車種である「トゥアレグ」。

2002年から市場に出回り、ただいま3代目まで販売されています。

モータースポーツの「ダカール・ラリー」にも参戦済みなこの車、一体どんなところに人々は惹きつけられてやまないのでしょうか?

具体的な特徴や魅力の共有と併せて、トゥアレグを中古または新車で購入したい人や、買取に出したい人のためにも相場を見ていきます。

フォルクスワーゲン トゥアレグとは

フォルクスワーゲンが手がけるSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)として知られるトゥアレグ。

ポルシェと共同開発ということあって、同じ会社のSUV・カイエンとプラットフォームをシェアする姉妹車の位置関係にあります。

製造を担当するのは、スロヴァキアのフォルクスワーゲン ブラチスラヴァ工場です。

初代は2002年に発表されたのち、販売にかけられました。

ディーゼルエンジンの2.5L/直列5気筒TDI、3.0L/V型10気筒TDI、ガソリンエンジンの3.2L/V型6気筒、4.2L/V型8気筒のラインナップがあります。

日本にもガソリンエンジン仕様限定で導入されており、のち2005年には世界限定500台(そのうち100台は日本でも発売)で「W12 SPORT(6.0L/W型12気筒搭載)」が発売されました。

結果、日本で販売されたフォルクスワーゲン車の中で初の1,000万円を記録したことが話題です。

のちにモデルチェンジが行われ、2代目を経て3代目に突入したトゥアレグ。

3代目の本格的な導入は、2019年の秋を予定しているという情報も上がっています。

続いて、気になる最新のトゥアレグの情報と、旧式のトゥアレグの魅力に迫っていきます!

フォルクスワーゲン トゥアレグの魅力

トゥアレグの魅力は数多くあり、紹介してもしきれないほどですがまず挙げられるのが「クロスオーバーSUVらしい重厚感のある車体」です。

奇抜なデザイン性で注目を浴びるような商法でなく、真っ向から攻めたボディデザインに雄々しさを感じられます。

街ではもちろん高速道路、曲がりくねった道、険しい峠道などでも安定して重厚な存在感を示す車です。

走行性能の面にも優れており、V型6気筒DOHCはトータルの排気量が3,600ccに近づくパワーあるエンジンでスピード能力もあります。

“力強い走りを見せる”と聞くと騒々しさが付きまとうような感じもしますが、全くそのようなことはありません。

車内の静粛さは保持されたまま加速が可能なので、兄弟車として輩出しているポルシェ・カイエンの代用として購入するユーザーもいるほどです。

インテリアの面でも抜群なセンスを誇り、座面にレザーが使われている他木目調のセンターコンソールなどもあり、手触りや外見からしてラグジュアリー感ただよう車内となっています。

兄弟車・ポルシェカイエンに比べると半分ほどの値段となりますが、トゥアレグの高級感は負けず劣らずです。

サイズ感にも余裕が見られ、580リッターの荷室は広々と使えるので利便性にも長けています。

ボディの重厚感や内部の高級感だけでなく、トゥアレグは車としての安全性も高いことで知られます。

30km/h未満で走る時に前に車の障害になるようなものがあって、ぶつかりそうな時は衝突によるダメージを軽減させる自動ブレーキが含まれた「フロントアシストプラス」が有効です。

さらに追突された時には時速10km/h以下になるまで自動的にブレーキをかけ追突による二次被害が少しでも抑えられるように働きかける「マルチコリジョンブレーキ」もあります。

先を走る車との車間距離や車のスピードをコントロールしつつ走行する「アダプティブクルーズコントロール」も安全性を守り抜く上で必要な機能です。

またオプションの「アップグレードパッケージ」には車載カメラがもし車が走っていて、車線から出てしまったことを検知すると注意喚起を促す「レーンアシスト」もプラスされます。

トゥアレグには、安全装備を総括している「フォルクスワーゲンオールインワン・セーフティ」が搭載されているのが特徴です。

レーダーを使って車間距離を保つ機能や、車線から逸脱しないようサポートする機能などドライバーと同乗者の安全で快適なドライブを支援します。

フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場・査定相場について

フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場は増減を繰り返しており、不安定です。

すでにヨーロッパでは2018年にモデルチェンジが行われているので、旧式の車には値段がつきにくい傾向にあります。

かといって全く需要がないというわけではなく、高級車の一種で愛用しているユーザーはたくさんいるので、諦めず買取相場を把握した上で対策を取るべきです。

続いてフォルクスワーゲン トゥアレグを高く売るにはどうしたらいいのか、ポイントを掴みましょう。

フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場・査定相場一覧

フォルクスワーゲン トゥアレグを高く売るには?

トゥアレグを1円でも高く売るにはまず年式やグレード、走行距離を把握してから査定に出した方が、どの業者で買い取ってもらうのが最適かわかりやすいです。

中古車の買取傾向として走行距離が長めだと価格が安くなる傾向にあり、落胆してしまう場合もあるかもしれません。

しかしオプション機能や純正パーツで補えば予想より高値がつくケースもあるため、気を落とさずに行きましょう。

トゥアレグを他社のディーラーに頼んで査定してもらうと査定額が大幅に下がることがあります。

ディーラーは基本的に自社の車を販売することがメインなので、他のメーカーの車の買取は苦手分野だからです。

だからと言ってフォルクスワーゲンで下取りを行えば期待通りの値段が出るかというと、絶対的な保証はありません。

基本的にディーラーでは「オプションなどの付属が査定額に反映されにくい」というポイントがあります。

下取りはあらかじめ決定された査定基準を元に査定額を計算しているからです。

では、どのようなお店にトゥアレグを売却すればいいのか悩みますよね。

一つの打開策として「輸入車に対する買取強化を行なっているお店」で査定を出してもらうことです。

そのような特徴のあるお店であれば、輸入車の販売経路が確かなため、高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

一ヶ所で査定を出すのではなく、いくつかの業者で買取価格を比較してみるのが一番です。
フォルクスワーゲン トゥアレグの3代目が2019年秋に日本へ
トゥアレグは2018年3月23日にヨーロッパで3代目にモデルチェンジを行いました。

日本に導入されるのは2019年秋の予定と発表されています。

旧式と比べエクステリアの面に変化の有無があるのかということですが、基盤こそ変わっていないもののフロントマスクがチェンジされ、グリル開口部が大きくなりました。

ボディの大きさとしては2代目より全高こそ下がるものの少し大きめの車体になることが予測されています。

全長は4,950mmで全幅が1,950mm、そして全高は1,730mmとの予想です。

日本に入ってきているトゥアレグ2代目のエンジンは3.6LのV6エンジンでしたが、3代目には3.0LのV型6気筒エンジンを搭載し、サイズダウンされています。

しかし最高出力はむしろ高まっていて、燃費も良くエコな車に生まれ変わることがわかりました。

3代目へモデルチェンジを行なった後のトゥアレグの日本発売日は2019年秋の目処が立っており、ヨーロッパでの価格帯は最低グレードでも53,000ユーロ、日本円にして689万円との値段が発表されています。

日本でお目にかかる日が待ち遠しいですね!

まとめ

フォルクスワーゲンの輩出する車の一つであるトゥアレグの魅力に迫っていきました。

正統派なボディデザインはもちろんのこと、どんな道にも対応可能な走行性能を持ち抜群のバランスを保っています。

初代からモデルチェンジが重ねられ、2019年には日本に新たなトゥアレグが登場するのでさらに期待が高まる車です。

すでにトゥアレグを所有しているユーザーさんで買取をお考えの場合は、モデルチェンジの前に売却した方が高値がつきやすいので今まさに売り時です。

高く買ってもらうには走行距離や人気グレード、オプションの兼ね合いがあるのでメンテナンスを重ねて万全の状態で手続きに移りましょう。

コメント