買取が下取りよりお得な理由とは?車を高く売るなら買取で決まり

買取が下取りよりお得な理由とは?車を高く売るなら買取で決まりお役立ちコンテンツ

家族で長く乗った車から乗り換えを検討していたり転勤などの仕事の都合で車を手放す必要が出てきたりする人は多くいるでしょう。

そのような時に車を換金して新しい車を買う元手にしようと思い、下取りか買取のどちらにすべきか迷っていませんか。

もちろん高く売れた方がうれしいですよね。

「買取」と「下取り」どちらかが高く売れてお得か?

結論からいうと、車を高く売るなら買取です。

買取業者は中古車を買取って再度販売することが主眼にあることから、中古車のためなら査定額を上乗せして買取ってくれやすいためです。

一方下取りは、新車を販売することで利益を生み出しているディーラーが行っているため、そもそも中古車を引き取ることはディーラーの主眼にはないのです。

つまり、買取の方が業者が再販して高く売るノウハウがあることから、新車を売ることを前提で中古車を引き取る下取りより高く売れる可能性があるのです。

そもそも「買取」と「下取り」って何?

「買取」とは現在乗っている車を専門店などの買取業者に売却して、現金を得ることです。

その価格は、中古車のオークションの価格を参考にして決まります。

時期によって変動はありますが、車種や装備によっては高額な買取がされることがあります。

一般的には、買取で得た資金は、次の車を購入する資金として当てられています。

ですので、ここで高く買取ってもらえれば次の車の購入費用が抑えられたり、より高額な車に乗り換えることができるのです。

一方で「下取り」とは次の車を買うお店で現在乗っている車を売却することです。

つまり、次に新しい車(新車や中古車に関係なく)を買う前提のもとで、自分の車をディーラー(車を販売する店)に売ることを指します。

しかし、買取と大きく異なるのは下取り額を現金化するのではなく、引き取り金額分を次の車の購入金額から引いてもらう点です。

「買取」とは車を売ってお金にすること、「下取り」とは車を売って次の車の料金から差し引いてもらうことだといえるでしょう。

「買取」のメリットは?

買取の最大のメリットは、下取りより高く売れる傾向にあることです。

この理由は2つあります。

売却する車種や付いているオプションの人気度がオークション相場で決まっており、これらが反映される点です。

時期によって相場の変動はありますが、人気なものは傾向で決まっており、一度調べてみるとよいでしょう。

加えて売却する車に社外パーツ・ナビなどの装備品も、ものによっては高く売れる傾向にあります。

社外パーツやナビなどの装備品を付けている車を売却する時は、積極的に買取を検討することをおすすめします。

さらには、ディーラー(車を買取る業者)へのアピール次第ではより高く売れる可能性があります。

「買取」のデメリットは?

では、「買取」のデメリットは何でしょうか。

これは、次の車への乗り換えのタイミングを調整しづらいことでしょう。

この理由は、買取にかかる手間にあります。

まず、買取業者を自前で探す必要があるのです。

これは少し厄介です。

なぜなら数多くの業者の中から最も高額で買取ってくれる業者を探さなければいけないからです。

複数の業者とのやり取りになると時間もかかってしまうのです。

次に、買取の評価額には期限あります。

とすると、その期限内に売ることができなければ再度業者に評価してもらう必要があり、場合によっては以前の評価額より低くなってしまうこともあるのです。

その期限によっては車を買取に出してから次の車の購入までに時間が空いて、車を持っていない時期が存在してしまうのです。

さらに相場変動があるため、車種や時期によっては低くなってしまうことも考慮に入れておきましょう。

「下取り」のメリットは?

一方、下取りのメリットは何でしょうか。

これは下取りの楽さです。

車の売却と購入が同時にできることで新車の納車までは現在の車に乗れ、手間を省くことができます。

また古い車種やマイナー車種でも下取りの対象となることもあり、それらの価格も相場による変動はなく、安定して幅広く出せるのが下取りのメリットともいえるでしょう。

「下取り」のデメリットは?

もちろん、下取りにもデメリットはあります。

高く売れる可能性が低いということです。

買取は異なり相場の影響を受けていないこともあり、人気の車種や装備そして社外のパーツは下取りの評価では考慮に入っていません。

ですからせっかくの車でも評価額に反映されず、低くなってしまうことがあります。

「買取」がベストである

「買取」と「下取り」を比較してみていかがでしょうか。

確かに現在乗っている車や次の車を購入する目的によって買取と下取りが分かれると思いますが、やはり多くの人がより高く車を売りたいと考えているでしょう。

とすると、上記で述べた理由から買取の方が下取りより高く売れる可能性が高いのです。

「買取」は面倒なのでは?

とはいえ先ほど述べたデメリットもあって、買取は高く売れる可能性があっても面倒くさいのではないのかと疑問を抱く方もいるでしょう。

実際はそんなことないのです。

買取にかかる手間は大幅に省けるし、次の車を購入するまでに車を持っていないなんて事態も回避できます。

お店を探す手間は、買取の車一括査定を利用しましょう。

このサービスを利用することで、最も高く買取ってもらえるお店が一目瞭然でしょう。

さらに各業者とのやり取りの手間を大幅に減らすこともできますし、業者ごとに異なる基準間でも価格を明確に比較できます。

お店を調べる手間もいらなくなりますし、高く買取ってもらえる額が比較できるのは非常に便利だと思います。

次の車を購入するまでに車を持っていない事態は特に生活の足として毎日利用する人にとっては致命的です。

買取ってもらっても困ってしますよね。

買取業者によっては無料の代車サービスを行っているお店があります。

もし買取と購入のタイミングがずれてしまうのが困る人は業者にあらかじめこうした無料代車サービスの確認をとっておき、利用することが望ましいでしょう。

ですから是非「一括査定」を積極的に利用しましょう。

これでせっかく高額で買取ってもらうだけでなく、手間も時間も省きましょう。

「買取」における注意点

手間もかからず高く買取ってもらって代車サービスも利用できたらいいことづくめですよね。

でも気を付けるべきこともあります。

あくまでも、買取業者だろうと下取り業者だろうと利益を出すために安く買って高く売りたいということです。

ですので一般的には買取の方が高く売れる可能性が高いですが、それはすべての車に当てはまるわけではないのです。

ということは最終的にできる限り要望を通って高く売るために、お店側と交渉するのも1つの手だということも頭に入れておきましょう。

 

高く売るために「買取」を有効活用しよう

今回の記事のまとめです。

買取とは車を売ってお金にすることです。

相場の変動もありますが、車種や装備そして社外パーツによっては高く売れる可能性がより高まるということです。

車一括査定サービスを利用して手間を少なくしてより高額な査定を目指しましょう。

もし万が一、車を買取に出すタイミングと次の車を購入するまでのタイミングがずれてしまう場合はお店に無料代車サービスがあるか確認をとるとよいでしょう。

以上のことを頭に入れて車を買取に出し、より高値で買取ってもらった上でお得に次の車を購入しましょう。

コメント