メルセデス・ベンツ Sクラスの買取価格・相場一覧表

メルセデス・ベンツ Sクラスの買取価格・相場一覧表 中古車の買取相場について

みなさん、こんにちは。

今回の記事ではメルセデス・ベンツ Sクラスの買取相場・査定相場についてご紹介します。

メルセデス・ベンツ Sクラスはデザインや乗り心地の良さそして安全性をとことんこだわり抜いたハイグレードな車です。

本記事を参考にして、メルセデス・ベンツ Sクラスのより高値での買取を目指しましょう。

メルセデス・ベンツ Sクラスとは

ドイツの自動車メーカーとして名だたる「ダイムラー」が展開している高級乗用車・メルセデス・ベンツSクラスは、1951年にSクラス以前の初代が誕生しのちにSクラスに切り替わっていきました。

メルセデス・ベンツは時が進むにつれ進化を遂げながら、2017年4月に上海においてマイナーチェンジのメルセデス・ベンツSクラスが発表されました。

こちらの新Sクラスは8月に日本でも販売されるようになり、話題となった車です。

今までのメルセデス・ベンツから一新して設計変更を行い、変更が行われた部分は6,500にも及びます。

細やかなアレンジとなっているため、可視できる部分は少ないのですが、洗練されたデザインに魅了される人続出です。

同じSクラスとして列挙されるロールス・ロイスやベントレーなどとは違って、年間7万台以上製造販売されるモデルとなっています。

メルセデス・ベンツSクラスは壮大な装備においては納得の満足度を誇り、車としての機能性もしっかりとついている最高級実用車です。

6代目に進出したメルセデス・ベンツの詳しいチャームポイントを見ていきましょう。

メルセデス・ベンツ Sクラスの魅力

2013年に改良を行なったメルセデス・ベンツSクラスですが、「最善か無か」というキャッチーなコピーにふさわしく、車に求められる全ての性能に対して一切の無駄がありません。

妥協せず製造された本物の質感を、肌で確かめることができるのがまず一つの魅力です。

内装はこだわり抜いた機能が設置されていて、本革・ウッドパネルが用いられているため豪華な印象を受けます。

フロントシートにはホットストーン式のマッサージ機能が取り付けられているため、リラックスしながらドライブを楽しむことが可能です。

さらに7色からお好きな色を選択することのできるLED間接照明や香水が漂うパフュームアトマイザーなど、好みに合わせた空間を再現できます。

後席の設計も抜かりなく、ロングホイールベースタイプとなっており、広くゆったりとくつろげるのが特徴です。
オプション機能に4人乗り仕様(ファーストクラスパッケージ)をチョイスすると、43.5度までリクライニングが倒れます。

レッグレスト、フットレストが出てくるほか、枕と同じくらいのサイズ感なヘッドレストも設置されるので、車にいながらゆっくり休むことが可能です。

こちらのモードでは10インチのテレビが前の席に取り付けられるので、テレビはもちろんのことお好きなDVDをご鑑賞いただくことも可能です。

必要に応じて格納式テーブルや冷蔵庫も出すことができますので、至れり尽くせりな空間となっています。

セレブな空間を満喫できるだけでなく、車としての性能・安全面共にパーフェクトなのがメルセデス・ベンツSクラスです。

時に「世界一安全な乗用車」と称されるほどの安全性を保っており、これほど乗り心地が良く安心して乗車していられる車はメルセデス・ベンツくらいで、他を見ないと言われます。

芸能人の方々も大勢所有している(していた)車として知られ、人気や知名度も絶大なのが特徴です。

メルセデス・ベンツ Sクラスの買取相場・査定相場について

メルセデス・ベンツの中でもカブリオレと称される車種が人気を誇り、買取相場はほぼ横ばいになっています。

代表的なオプションカラーは「ダイヤモンドホワイト」で、こちらのカラーを所有していると価値が高くつきやすいです。

まずは高額で売るための対策を練ってから業者を選ぶようにしましょう。

メルセデス・ベンツ Sクラスの買取相場・査定相場一覧

メルセデス・ベンツ Sクラスを高く売るには?

平均価格からして四桁をゆうに越すメルセデス・ベンツSクラスは値段が跳ね上がりやすい車種です。

走行距離やオプションなど、総合的な観点から評価され値段をつけられますので日頃からメンテナンスは入念に行なっておくといいでしょう。

単体で業者を見るのではなく、複数のお店やバイヤーを調べ上げどこが一番高値をつけてくれそうか加味した上で買い取ってもらわないと、思わぬトラブルに巻き込まれることも。

まずは愛車が平均してどれくらいの価値があるのか調べておく必要があります。

まとめ

高級乗用車の代表格として名だたるメーカー・メルセデス・ベンツSクラスの特徴やチャームポイントに迫っていきました。

国産車にはないスピード感や内装のラグジュアリーな雰囲気漂う空間がたまりません。

Sクラスのベンツはドライバーとしてだけでなく、後部座席にも座ってみたいと思えるような憧れが募ります。

買取相場・査定相場はかなり高額に取引される可能性が考えられるので、車は丁重に扱うようにしましょう。

 

コメント