スバル フォレスターの買取相場・査定相場一覧

スバル フォレスターの買取相場・査定相場一覧中古車の買取相場について

みなさん、こんにちは。

今回の記事ではスバル フォレスターの買取相場・査定相場について解説します。

スバル フォレスターといえばスバルの販売するクロスオーバーSUVです。

SUVの中でも落ち着いた雰囲気を持っているのが特徴的であるのがこのフォレスターでしょう。

また、本記事ではスバル フォレスターを高値で売るためのポイントについても説明していきます。

是非本記事を参考にして、より高値での売却を目指しましょう。

スバル フォレスターとは

スバル フォレスターとは冒頭でも述べたようにスバルが製造販売しているクロスオーバーSUVです。

初代モデルは1997年に販売が開始され、現在では5代目となるSK系が販売されています。

プラットフォームをインプレッサと共有していることもあり、両者が似通っているように感じられることもあると思います。

それはある意味で正しくて、というのもフォレスターは「インプレッサ グラベルEX」というインプレッサの特別仕様車の後を継ぐ車だからです。

またこれに関しては後述しますが、四輪駆動と水平対向エンジンを組み合わせた「シンメトリカルAWD」が全てのグレードで採用されています。

ちなみにですが、フォレスターという車名は全世界で共通となっています。

スバル フォレスターの魅力

続いてスバル フォレスターの魅力について見ていきましょう。

まず挙げられるのは「シンメトリカルAWD」です。

シンメトリカルAWDによって車体の重心の位置が低くなり、前後左右の重量バランスが保たれるようになります。

このおかげでどのような道路を走行しても高い走行安定性が実現され、乗り心地が良くなります。

また、フォレスターでは走行状況や路面に応じて最適なトルクを分配する「アクティブトルクスプリットAWD」が採用されているため、より優れた走行性能を発揮ししています。

そのようのこともあり、悪路を走行するのに特化しているという印象を抱かれる方も少なくないと思います。

しかしそれだけにとどまらず、高速道路を走行するときにおいても疲労を感じにくい安定した走りをも実現します。

ですから普段使いにおいても優れた走行性能を発揮するのがこのスバル フォレスターなのです。

続いてご紹介する魅力は「高い安全性」です。

スバルの予防安全機能としては「アイサイト」が有名ですよね。

アイサイトは歩行者や障害物を検知する機能です。

似たようなことは他のメーカーでも行われてはいますが、そのほとんどがレーザーで検知をしていますから検知した物体が何であるのかまでは分からないというのが現状です。

それに対してアイサイトではステレオカメラが採用されており、歩行者や車そして自転車などをはっきりと認識することができます。

なお、フォレスターにはアイサイトの最新版である「アイサイト Ver.3」が搭載されています。

これにはカラー画像を認識できたり、視野距離と視野角を40%拡大するという改善が施されています。

よって予防安全により一層磨きがかかっているわけです。

他にも誤発進抑制機能や後退時ブレーキアシストも搭載されているので、どなたでも安心してドライブを楽しむことができます。

最後にご紹介するのが「室内の快適性」です。

最新のフォレスターではマイナーチェンジによりドアガラスが厚くなり、そして各部分に遮音性や防音性の高い資材が用いられています。

これにより静粛性が向上し、ノイズが軽減されています。

その他にもヒートシーターが備え付けられていたり、可動式リヤシートによって多くの荷物を積載することが可能です。

このように普段の用途に対してもフォレスターは優れた車なのです。

スバル フォレスターの買取相場・査定相場について

次にスバル フォレスターの買取相場について見ていきましょう。

スバル フォレスターの相場はどの年式においても上がったり下がったりを繰り返していますが、最近ではそれが下降気味のようです。

一般的に走行距離が伸びたり、年式が落ちていくにつれて査定額は下がっていきます。

事実、フォレスターにおいてもその傾向が見られます。

年式においては10年落ち前後で査定額が急激に変わります。

一方、走行距離については5万キロ前後で買取金額が大きく変わっていくというデータもあります。

ですからなるべく高く買い取ってもらうタイミングとして、年式が10年落ちに変わる前そして走行距離が5万キロに達する前までということになるでしょう。

スバル フォレスターを高く買い取ってもらうには?

さて、スバル フォレスターをより高値で買い取ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

フォレスターに関しては売却するタイミングを意識すると良いと思います。

というのもフォレスターは普段使いのみならず、SUVですからアクティブなシーンにおいても重宝される車であるからです。

特にフォレスターでは9~10月に手放すことをおすすめします。

この時期には冬に備えてウィンタースポーツを楽しむ人々の需要が増えています。

フォレスターは雪道のような悪路を走行するのにも適していますから、この時期に手放すと高値が付きやすくなります。

また、「アイサイト」がスバル車の大きなアイデンティティとなっています。

ですからこのアイサイトがきちんと動作するかというのがより高値で売れるかを左右するといっても過言ではありません。

査定に出す際はアイサイトの動作を確認し、不具合が残るようであればそれを直してから売却することをおすすめします。

まとめ

今回の記事ではスバル フォレスターの買取相場・査定相場について解説しました。

スバル フォレスターは最先端の予防安全技術である「アイサイト」を搭載している他に、どのような路面を走行するときにおいても高い走行安定性を実現する非常に使い勝手の良い車です。

また見た目も洗練されていますから、普段使いの車として使用するのにも最適な車であるといえます。

フォレスターを売りに出すときはタイミングを意識すると良いでしょう。

他にもアイサイトのような特徴的な機能が搭載されています。

そのような機能が売りであることが非常に多いので、それがきちんと動作する状態で売却することも大切になってきます。

是非、本記事を参考にしてフォレスターを高値で売却してみてください。

コメント