トヨタ ノアの買取相場・査定相場一覧

トヨタ ノアの買取相場・査定相場一覧 中古車の買取相場について

みなさんこんにちは、トヨタから発売されているミニバン、「ノア」の買取相場についておはなしします。

人気がある車種の為、高額査定も期待できますので、是非記事をお目通ししていただき査定額アップを目指しましょう。

トヨタ ノアとは

トヨタ・ノアは、2001年にタウンエースノアの後継車種として発売された5ドアミニバンです。現行モデルは3代目となり、2007年と2014年にフルモデルチェンジをしています。

トヨタでは、ミニバンのラインナップが3種類用意されています。そのラインナップはミニバン3兄弟と呼ばれ、ノアの他にヴォクシー、エスクァイアがありいずれもノアをベースモデルとしています。

トヨタ・カローラ店で販売されるノアの特徴は、低床設計で広い室内空間とがっちりしたエクステリアながら万人受けしやすいマイルドなデザインが特徴です。

2014年のフルモデルチェンジでは、ハイブリッドエンジン搭載モデルも登場。燃費性能や走行性能、先進装備が充実しファミリーカーとして実用性と機能性を高水準でまとめた車種としてミニバン市場でも高い人気を誇る車種です。

現行モデルグレードはハイブリッド車・ガソリン車どちらにも「G」「X」「Si」の3種類、合計6種類のグレードが用意されています。XとGグレードの違いは主に装備面の有無でクルーズコントロールなど特定の装備が不要な場合はXグレードを選ぶと良いでしょう。Siは、特殊エアロを唯一設計できる他、エクステリアデザインに違いがあり、より迫力・存在感のある外装に仕上がっています。

ファミリーカーとして根強い人気を持つミニバン。時代に合わせモデルチェンジをしてきたノアはミニバン界を牽引する車種の一つと言えるでしょう。

トヨタ ノアの魅力

ミニバン市場で根強い人気を誇り需要も高いノアの魅力は、居住性・機能性・走行性がミニバン市場トップクラスにまとめられた欠点の少なさでしょう。

2014年のフルモデルチェンジで、低床化により室内空間をより広く確保し、乗り降りや積み荷の負担軽減、積載量の増加、走行の安定性能が高まりました。また、エクステリアデザインはよりダイナミックに迫力のあるデザインに変更。走りと所有欲を満たし実用的な機能性は多くのユーザーが魅力的に感じるでしょう。

また、ミニバンで唯一本格的なハイブリッドエンジンを採用。ボックス型ミニバンでは燃費効率が最高となる23.8km/Lと燃費性能が高いことも魅力の一つでしょう。
トヨタ ノアの買取相場・査定相場について
ミニバン界を牽引するミニバン3兄弟の一つノアは、ミニバン市場で長く人気の車種です。

新車で購入する際、ミニバンは高額になる傾向があり、ファミリーカーとしてワンサイズ大きな車への乗り換えを検討するユーザーから高い需要があります。また、ハイブリッドモデルや装備オプション、純正パーツなどカスタマイズが多岐に渡り査定額に幅ありますが年式が古くても車体の状態が良ければ査定額にも期待できます。

トヨタは世界的にも人気ブランドで、ミニバンのノアは海外でも需要のあるタイプです。
そのため、国内だけにとどまらず海外販路に精通している買取業者を利用する事で、思わる高額査定につながる可能性もあるでしょう。

注意点としては、国内外問わず年式の古いノアは価格が付きにくい可能性があります。走行距離が10万kmを越えた車体では査定額が一気に下がる傾向にあります。
反対に、年式が古くても走行距離が比較的浅い車体は価格が付きやすいとも言えます。

ノアは、2001年発売から3代目となる現行モデルまで安定した人気を誇ります。現行モデルは高額査定に結び付きやすいですが、売り時や売却方法により大幅に損をする可能性も少なくはないです。

損をしないために、買取相場や売却方法を予め把握しておくべきでしょう。

トヨタ ノアの買取相場・査定相場一覧

トヨタ ノアを高く売るには?

ファミリーカーとして、ワンサイズ大きなノアを購入したものの、様々な理由で購入後数年で売却を検討する方も多いのではないでしょうか。

少しでも高く売却するために売却のコツを是非参考にしてみてください。

ノアはファミリーカーとしてはもちろん、送迎利用としても需要があります。低床設計で乗り降りが容易な事から幅広い購買層のニーズに対応できます。

需要がある車種なため、走行距離や車の状態に気を付ける事でより高額査定に期待できるでしょう。また、純正パーツやオプションなどによりさらに査定アップに期待できます。

10万km以上走行し、年式が古い車体でも海外では高値で取引される事も。そのため、年式古く買値が付かない場合でも海外販路に精通した買取業者を選択する事で高値で売却できる可能性があるでしょう。

国内では、現行モデルが安定した価格で高値で取引されやすい傾向にありますが、年式が古い場合でも走行距離など車体の状況が良ければしかり価格が付くでしょう。

インターネットが急速に普及している昨今、オンライン上で査定をしてもらう事も可能です。1つの業者に絞らず、オンライン上で複数の買取業者へ一括査定依頼する事で買取価格のつり上げも十分可能でしょう。

一括で査定した場合、各業者とのやり取りに不満を感じる方も少なくないですがそういった場合オークション方式で出品し落札価格を競わせる手法を取るなど、状況に合わせより高く売却するために方法を把握しておく事が1円でも高くノアを売却する方法と言えるのではないでしょうか。

まとめ

トヨタのミニバンラインナップを代表する車種のひとつであるノアは、発売初期から人気があり中古車市場でも需要のある車種です。

国内では、状態のいい車体であれば比較的年数が経過していても価格が付きやすく、国内で価格が付かない状態が好ましくない車体でも走行に問題が無ければ海外でしっかり価格が付く場合もあります。

車体状況に合わせ、相場を把握し適切な売却方法を選択し少しでも得をするために参考に頂ければ幸いです。

コメント