車が高く売れる店を教えます!車の売却先の選び方

車売却について

新車の購入で現在乗っている車を下取りに出そうと考えている方や、転勤等で車が不要になって売却してしまいたいという方がいらっしゃると思いますが、そのときに車の売却先としてどこを選ぶか悩ましいところですね。

例えば、ガリバーやアップルのような中古車を専門に取り扱うところや、新車を買うと同時にディーラーで売却するなど車を売るといってもどこで売却するのかというのはさまざまですね。
また、自分の車種が古い場合はどこで売っても変わらないと諦めてしまう方も少なくないような気がします。

しかし、売却先の特徴によって査定額は変わってきます。もしかすると、あるお店では低い査定額を出したとしても、違うところでは高い査定額を提示してくれるというケースもあるのです。

ですから、売却先の性質の違いを理解して、慎重にお店を選び、愛車をなるべく高い価格で買い取ってもらえるようにしていきたいものですね。

車の売却先の種類

一般的に車を売る際には主に次の2つが考えられます。

ディーラー
中古車買い取り店

ディーラーとは自動車メーカーと契約を結んで、新車や中古車を販売するお店です。わかりやすいのが、例えばトヨタ車を購入しようとする際に「トヨタカローラ店」に出向くことがあると思いますが、これこそがディーラーなのです。

基本的に、ディーラーは自動車メーカーと契約を結んでいるため、もちろん中古車を扱うディーラーもありますが、新車をメインに販売するお店と考えてもらって問題はありません。

中古車買い取り専門店とはあくまでも車そのものを買い取ることに特化したお店です。多くの場合だと自分たちで買い取った車を自分たちで販売することが多いです。

ちまたでいうところの「ガリバー」や「アップル」などがここに該当します。この記事では買い取りも行い、中古車を販売も行うお店を「中古車買い取り店」と呼ぶことにします。

意外と知らない「下取り」と「買い取り」の違い

車を売却するお店を選ぶうえでまず知っておかなければいけないのが「下取り」と「買い取り」の違いです。両者は一見すると同じように見えますが、中身はまったく違うので注意しましょう。

「下取り」…新車を購入するディーラーで促され、売却して得られたお金は新車購入
に充てられることになります。
「買い取り」…新車を購入するかに関わらず売却できます。

両者の大きな違いは「新車の購入を前提としているか」にあります。「下取り」の場合なら、ディーラーで車を引き取ってもらえるうえにそのまま新車を購入できるので手間がかからずに済むという特徴があります。しかし、新車の購入を前提としているので、新車を購入する気がない場合は下取りに出すことはできません。

一方の「買い取り」は新車の購入の前提なしに売却が可能で、これを行うのは「中古買い取り店」となるのが一般的です。査定の際は中古車市場の動向などを踏まえたうえで、査定額を算出してくれます。

中古車のプロはどちらか

いまの話を踏まえると、「ディーラー」あるいは「中古車買い取り店」のどちらを選べばいいかはっきりします。

結論からいうと「中古車買い取り店」です。彼らは中古車のプロなわけですからどういった車種が中古車市場で価値があるのかといったことを熟知したうえで、査定を行っています。

それに対し、「ディーラー」ではもちろん中古車を扱うディーラーも存在しますが、あくまでも新車の販売がメインであり、中古車市場の動向についてきちんと把握しているとは必ずしもいえないですね。

そうすると、どうやら「中古車買い取り店」に売却する方が愛車を高く売れる可能性が高いように思えます。

中古車買い取り店での査定はどこも同じなのか

車を高く売るにはどうやら「中古車買い取り店」が良さそうだというのは、なんとなくはわかっていただけたかと思います。

しかし、中古車買い取り店といっても大手から中小までいろいろなところがあり、その中でもどこに売却すればいいかという問題が起こります。もしもどこの買い取り店で同じ価格で買い取ってくれるなら、わざわざ多くの買い取り店が世に存在する意味がないですよね。

そういうわけで、中古車買い取り店によってもちろん買い取り価格というのはさまざまです。その中でも買い取り価格が高いお店の特徴をお教えします。

中古車の価値は何で決まるのか

そもそも中古車の価値というのは何で決まるのでしょうか。これを理解しない限り、高く買い取ってくれるお店を比較することはできませんね。中古車の価値を決めるものとして2つの要因があります。

まず挙げられるのは「買い取り店が市場を熟知しているか」です。中古車市場においてどのような車種の人気が出てくるのかということを見通すことができない限り、高く愛車を売却することは困難です。市場をしっかりと把握したうえで、今後のトレンドを予測できるお店なら高い査定額を提示してくれるでしょう。

次に、「販路が広いか」です。さまざまな車種がありますが、家族構成や気候といった要因によって、どの消費者がどの車を買いたいと思うのかが異なってきます。

もしも、幅広い販路を有している場合、どの地域で、あるいはどういった消費者がどのような車を好むのかという情報がストックされます。そのため、無駄な在庫を抱えるリスクが減り、車をより高い最適な価格で買い取ることできます。

より高い価格で買い取ってくれる店はどこなのか

いまのこと踏まえると「販路が広いこと」そして「買い取り店が市場をしっかりと熟知していること」を満たす必要があります。これらを見抜くにはどうすれば良いのでしょうか。

まず考えるべきは「店舗が全国に展開しているか」でしょう。先ほども申し上げた通り、ある特定の車の需要というのは地域などによって変わってきます。全国に店舗を展開するということは全国にネットワークを持っているので、買い取った車の在庫を適材適所に配置でき、無駄な在庫費用を抱えずに済むため、高く買い取ってくれます。

次は、「海外にも販路を持っているか」です。日本と世界でもどの車の需要があるのかは変わってきます。日本で売れない車でも、別の国では需要が高く売れるというケースが多々あります。それを踏まえて、世界に対しても中古車を販売できるルートを持つお店を選ぶと良いでしょう。

それでもお店選びは悩ましい

いまの2つの条件を満たす中古車買い取り専門店は大手のところならどこでも当てはまりそうな感じがします。そういったところの中から売却先を選んでいくことになりますが、1つ1つお店を訪問し、査定をしてもらうのは少々面倒です。

そこで登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあります。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

愛車がいくらで売れるか一括査定で確認する

一社だけの見積もりに比べて、複数の見積もり査定をすることで車の買取額が15~30万円ほどアップするのは普通です。

ちなみに、私が一括見積もりしたときは買取額が41万円も上がったことがあります。

まずは、車の一括査定を利用して、現在のあなたの愛車がいくらで売ることができるかを確認だけしてみましょう!

車売却について
シェアする
ks_paint0329をフォローする
車売却ウルゾ

コメント