バッテリーが切れた動かない車を売る簡単な方法とは?

バッテリーが切れた動かない車を売る簡単な方法とは? お役立ちコンテンツ

車を売却するときもちろんその車が動くのが普通ですが、バッテリーが切れて動かなくなってしまった車を売りたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そもそも車は動かないと意味がないから動かない車なんて売却できないと考えるのは自然ですね。

動かない車は廃車にするかバッテリーをしっかりと修理してからでないと買い取ってもらえないのではないかと考えがちですが、実はバッテリー切れの車だってしっかりと売却できるのです。今回の記事ではそのような動かない車の売り方について解説していきます。

バッテリーの機能は何なのか

車に搭載されているバッテリーですが、いったいどのような役割を果たしているかみなさんはご存知でしょうか。バッテリーが切れた動かない車の売り方の説明に入る前に、このバッテリーについての基礎知識をまず解説していきます。

まず、エンジンスタートについて見ていきます。最近の車ではブレーキを踏みながらボタンを押すとエンジンが作動します。実はここでバッテリーが活躍しており、バッテリーからの電気によってモーターを回転させることでエンジンが起動します。また、現在の車はすべてコンピュータで管理されています。よって、バッテリーによって電源が供給されないとその管理自体ができずエンジンを作動させることができないほどバッテリーは大きな役割を果たしています。

ほかにも車にはエアコンやカーナビゲーションシステムなどが搭載されています。これらを作動させるためには電力が必要不可欠となります。エンジンが作動するとその駆動を利用して自動車内部で発電が行われます。ここで発生した電気が車内の電気機器に供給されます。それと同時にその電気はバッテリーの充電に充てられます。しかし、夏場など複数の電気機器が使用される場合、エンジンから発電された電力だけでは足りず不足分はバッテリーから供給されることになります。そうするとバッテリーの残量は減っていき、バッテリー自体の劣化につながります。

バッテリーの負荷という点では走行時の電気の使いすぎもそうですが、実は発進をするときに最もバッテリーに負担がかかります。発車してから中・長距離を走行する方が実は近距離を移動するよりもバッテリーに負荷がかからないのです。
よって、バッテリーの劣化を早めないためにも短距離での移動のために車の利用を避けるそして走行中に過度に電気を使いすぎないことが大切です。

バッテリー「切れ」と「上がり」

バッテリーの不具合についてよく「バッテリーが上がった」だとか「バッテリーが切れた」ということばを耳にすると思います。そもそもこれらはどう違うのか説明できますか。
バッテリー上がりというのはバッテリーが供給する電力が車内の必要な電力に届かずにバッテリーの充電が切れることをいいます。そう考えるとバッテリー上がりもバッテリー切れも同義でしょう。

バッテリーが上がる原因として、夏場や冬場といったエアコンを含めた複数の電気機器の使いすぎと近距離の走行で車を使ってバッテリーに負荷をかけるなどの利用者の行動によるものやバッテリーそのものが劣化しているそして車内の内部系統に故障が発生しているといった理由が考えられます。

バッテリー切れへの対処

バッテリー切れへの対処としていくつか方法がありますのでご紹介します。
まずはバッテリーを交換することが挙げられます。そもそもバッテリー自体が劣化している場合はバッテリーそのものを新しいものに取り換えるのが最適です。一般にバッテリーの寿命は2年から4年ほどだといわれています。使用状況によっては2年で寿命が来る場合もあります。前回のバッテリー交換時からこれくらいの期間が経過している場合は新しいものへの交換をおすすめします。

次の方法は別の車から電力を供給してもらうことです。バッテリーの切れた車のバッテリーと正常に作動する車のバッテリーのプラス極同士、マイナス極同士をブースターケーブルで接続してエンジンをかけます。しかし、ブースターケーブルのつなぎ方を間違えると漏電などの事故を引き起こすことになるので慎重に行ってください。

上記2つの方法を試してみてもうまくいかない場合は車内の内部系統の故障を疑い、ディーラーや修理業者にみてもらうのをおすすめします。

修理しなくても売却できるのか

バッテリー切れの場合、それをしっかりと修繕してからではないと売却できないイメージがありますが、実際はどうなんでしょうか。結論からいうと、売却することは可能です。
最近では車の査定で業者さんが出張査定をしてくれるので、バッテリー切れの状態でも売ろうと思えば売ることはできます。

そうすると、そのような状態で売却したら故障していない場合と比べて買い取り価格が安くなってしまうのではないかと心配になりますよね。結局、安く買い取られないようにするために修理しようと思われる方もいらっしゃると思います。では、本当にバッテリーが切れた状態と切れていない状態とで買い取り価格に差が出るのでしょうか。

バッテリー切れで売ったら安く買い取られてしまうのか

正直、バッテリーが切れていても査定価格に影響しません。結局のところ、車体の状態や走行距離そしてその車の中古車市場での需要の高さなどが考慮されて買い取り価格が決まります。買い取り業者にかかればバッテリー交換も低コストで行えるので、バッテリー切れだったとしてもさほど問題はないのです。そうすると、わざわざ自分でバッテリー交換などをしてしまうと余計な出費になってしまいます。もし買い取りを依頼する場合は業者にバッテリーが切れていることを伝えましょう。そうすると、査定時に代替のバッテリーを持ってきたうえでエンジン系の調子もみながら査定をしてくれるので心配ありません。

買い取り業者の中にはバッテリー切れを理由に査定をお断りしたり、査定額を減額するところがあります。いま説明したように、バッテリーの交換そのものにコストを大してかけることなく、簡単に買い取り業者はしてくれます。それにもかかわらず査定額をそれを理由に下げようとするのは単に安く買いたたこうとしているだけです。そんな業者はお断りしましょう。

バッテリー切れの車には出張査定と一括査定を

まとめとして、バッテリー切れの車を売却するときはそれを修理することなく買い取りをお願いすると良いです。その際は、買い取り業者に出張して査定をしてもらう出張査定を依頼することを忘れないようにしましょう。しかし、買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント