車を売るときにETCはどうするの?

車を売るときにETCはどうするの? お役立ちコンテンツ

最近では高速道路を走行する車のほとんどが料金所でETCレーンを通過しますね。日本の車社会ではETCはもはやなくてはならないものとなってきています。そんな便利なETCですが、車をいざ売却しようとするときにETCの装置をどうするべきか悩まれることもあると思います。

例えば、個人情報の漏洩とかETCの装置が付いていた方が高く売れそうだとかそういったことを考えるでしょう。いざ車を売却しようというときはETC装置をそのまま取り付けたまま、取り外すのどちらが良いのでしょうか。

取り付けたまま売ったら個人情報の漏洩の心配はないのか

ETC装置を車内に取り付けたまま車を売却するときの懸念点はその装置に個人情報が残っているかどうかだと思います。もし装置に個人情報が残っていれば個人情報が漏洩しかねないですから。
結論をいうと、ETC車載器を付けたまま売却しても問題ありません。というのも、装置そのものにはETCカードに含まれる個人情報が書き込まれていないからです。

ETCはETC車載器にカードを挿入し、後日指定されたETCカードから通行料金が引き落とされる仕組みになっています。自分の車でない別の車のETC車載器に自分のETCカードを挿入しても問題なく使うことができます。そもそもこの車載器はナンバープレートなどの車両情報が書き込まれているだけであり、料金所と通信する機能を有しているだけであり通行料金の支払いとは特に関係していないのです。

ですから、車を替えるときにETCカードも変えなくてはいけないのかと考える方もいらっしゃると思いますが、わざわざカードを変える必要もなくこれまで使ってきたカードはそのまま利用することができます。

ETCを利用していた方は次のことに注意しよう

ETCを利用していた方といっても車を売却しようとしている方の大半が当てはまることと思いますが、新車に乗り換える場合は次のことに注意しましょう。

まずは「ETCマイレージ」に関してです。ETCマイレージとはETCを使うたびに貯まるポイントのことです。登録も年会費も無料で、ETCカードさえあればこのマイレージサービスを利用することができます。車を買い替えるとき、このマイレージサービスに登録されている情報を変更しないとこれまで貯まっていたポイントが消失することもあります。新車にこれまで使っていたETC車載器を導入する場合は「車両番号」を、新車に新しいETC車載器を付ける場合は車両番号に加えて「車載器管理番号」を変更しなければなりません。なお、新車でETCを使えるようにするためには別途にETCのセットアップが必要になります。

次は「ETCのセットアップ」です。最近の車ではETCが搭載されており、その場合はセットアップが完了しており、ETCカードを挿入すればETCを使うことができます。しかし、新しく購入する車にETC車載器が搭載されていない場合あるいはこれまで使っていたETC車載器を付け替えるという場合はただ車にそれを付けてもETCは使えません。この場合は別途ETCのセットアップが必要になります。このセットアップではその車の車両番号等の情報を暗号化して書き込みが行われます。この作業は指定されたお店でしかできません。その際には「車検証」そして「車載器管理番号」が必要になります。車載器管理番号は取扱説明書やETC車載器本体に記載があり、そこから確認することができます。新しくETC車載器を購入して購入した車に付ける場合は本体そのもののほかにもセットアップに費用が上乗せされることに気を付けましょう。

ETC車載器を付けたままで査定額は高くなるのか

ETC車載器を付けたまま車を売却しても個人情報の漏洩は特に問題ありません。では、これを付けたまま売却したら買い取り価格は高くなるのでしょうか。答えは、ETC車載器が搭載されていたとしても高くなることはありません。ETC車載器は安いもので1万円程度で車に付けることができるのであまり査定額に影響しないのが実情です。

ETCの普及もあり売られている中古車にもETC車載器が搭載されていることが多いです。これはETCが付いているからといって、そのことに大した価値があるわけではなく買い取り価格が上がるわけではないということを示しています。

「ETCを付けたまま売ると取り外してから売る」どちらが得なのか

ETCが付いたまま売っても査定には響かないということをお話ししましたが、結局のところ「ETCを付けたまま売るとETCを外して売る」どちらがお得なのでしょうか。

まずETCを付けたまま車を売却する場合を考えます。このときだとETCそのものの価格と取り付けにかかる費用そして先ほど説明しましたセットアップ費用の3つがかかります。一般的に、ディーラーでETCを購入すると2万円から5万円程度そしてカー用品店で購入すると1万円から3万円程かかるといわれています。

しかし、ディーラーで購入する場合は例えば新車そのものにセットアップまで済んだETC車載器が内蔵されていたり、取り付けにかかる費用が値引きされるといったこともあるので一概にカー用品店ですべてやってもらうのがお得とは言い切れません。新車を買うタイミングで新たなETC車載器を付ける場合はディーラー、中古車を購入してETCを搭載するにはカー用品店が良いと思います。
次に、ETCを取り外して売却する場合についてです。

この場合はETCそのものの本体代金はかかりません。ETC車載器を取り外すための費用がまずかかります。そして新しく購入した車に搭載するための取り付けそしてセットアップにお金がかかります。ここで注意していただきたいのが新しくETC車載器を購入するときと比べてこれらの工費が割高となることもあります。結局のところETCを新しく買い替えるよりもお金がかかってしまうこともあります。

最近では「ETC2.0」というこれまでよりも広範囲の交通情報を取得することで混雑を回避したルート選択が可能になったり、駐車場やガソリンスタンドを利用したときにETCカードで決済されるような従来のETCよりも便利な機能が追加された新しいETCが広まっていくこともあり、古い車載器を利用していた方は車の買い替えと同時にそれに対応した新しいETC車載器を購入した方が将来的だとは思います。
ETC車載器を買ったばかりといったケースを除いて、ETCを付けたまま売ってしまうのが良いと思います。

ETCを付けたまま売ってしまおう

まとめとして、車を売却する際はETCを付けたままで良いでしょう。ETCが付いたまま売っても査定額に影響を与えないとはいってもせっかくですからなるべく高い価格で車を売却したいですよね。しかし、買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント