車を売る際のおすすめの方法を教えます!

車を売る際のおすすめの方法を教えます! お役立ちコンテンツ

みなさん、こんにちは。

今乗っている車も買い替えや引っ越しなどによっていつか手放すときがやってくるでしょう。

しかしいざ手放すとなったとき車をどのように売ろうか悩むことがあると思います。

というのも車を売ると一口にいっても「買取」や「下取り」、「個人売買」など車を売る方法は多岐にわたるのです。

そこで今回の記事ではそれぞれの状況に応じたおすすめの車の売却方法を伝授していきます。

是非参考にしてみてください。

売る方法は大きく分けて3つ

車を売る方法としては大きく分けて3つあります。

その3つとは「個人売買」と「下取り」そして「買取」です。

下取りと買取は業者を介して車を売却しますが、個人売買に関しては自分自身で直接他の誰かに売却するという点で大きく異なります。

これら3つに関しての特徴を考えていきましょう。

「下取り」ってなに?

ではまずは下取りについて見ていきましょう。

そもそも下取りって何なんでしょうか。

下取りは車をカーディーラーに売却する方法のことを指します。

下取りというのは実は新車の値引き代わりにもなっているので、下取りに出した場合はそのままそのディーラーで新車を購入することになります。

そして下取りではディーラーの方で書類を揃えてくれたり面倒な手続きを代行してくれるので手間がかかりません。

カーディーラーとは新車販売をメインに扱う販売店で、新車を購入するときはまず間違いなくここのお世話になると思います。

しかし新車を販売するお店に中古車を売るというのはなんだか違和感を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん買い取った車は他の誰かに販売されることになります。

とはいうものの、新車をメインに販売しているところが買い取った中古車を再販できるかどうか怪しいと思いませんか。

実はここに下取りの欠点が潜んでいるのです。

その指摘の通りでカーディーラーというのは新車に特化した販売店なので、中古車の販売網をしっかりと持っているわけではありません。

もし買い取った車が他の誰かに再販できなかったら、在庫費用やメンテナンス費用がのしかかってくるわけです。

そうすると車をカーディーラーが高値で買い取ることは非常にリスキーなのです。

ですから下取りでは安い価格で買い取られてしまうことが多く、高値での買取はあまり期待できません。

車によっては下取り価格が0円となるケースも中にはあるようです。

「個人売買」ってなに?

続いて個人売買の説明に移っていきたいと思います。

今説明した「下取り」は新車販売をメインに行うカーディーラーに車を売却するのに対して、「個人売買」は直接自分の車を第三者に販売することをいいます。

個人売買の例として自分の知人に販売するというケース以外にもカーオークションを自分で主催して販売することが考えられます。

最近ではインターネットの発達によってオークションが手軽なものになってきました。

インターネットオークションでは車の出品も可能で、オークションを介して車を売却するケースが増えてきています。

その他には地元掲示板に車を出品して販売するということも多く行われています。

個人売買のメリットとしては「高い金額での売却が可能」である点にあります。

下取りのように車を業者に売却すると業者のマージン等が入ってくる影響で売却価格がその分が実は安くなっています。

それに対して個人売買では中間に業者を挟むことなく直接車を販売できるので、そのようなマージンが売却価格から引かれずに済むという特徴があります。

ですからその分高く売ることが可能になるのです。

もちろん個人売買にもデメリットはあります。

それはトラブルが発生したときに誰がその責任を負うのかというところにあります。

売却した車が故障する場合だって当然あり得ます。

そうすると車の修理を受けられるのかという問題に直面したり、その故障がもともとの欠陥に起因するものなのかどうかで誰が修理代を負担するのかが変わってきます。

このように車を売却した後のトラブル対応が個人売買の場合は大変になります。

トラブルを回避するためにもしっかりと車を買う人との間で契約書を交わす必要があります。

「買取」ってなに?

最後に買取について説明しましょう。

買取は中古車を専門とする買取業者に売却することです。

下取りと大きく違うのは車をどこに売るのかということです。

下取りではカーディーラーに売却しますが、買取では中古車買取業者に売却することになります。

買い取られた中古車は再販されますから、買い取る側としてはその販路が豊富であればあるほど在庫を抱えすぎずに済みます。

そして販路の広さに応じてどういった車種や装備などが人気なのかという中古車市場の動向がリアルタイムに集まってきます。

ですから下取りよりも買取の方が中古車市場の動向をしっかりと反映された価格が付きやすくなりやすいです。

それは結局のところより高値での売却へとつながっていきます。

一方で中古車市場の動向を反映して値を付けているので、売ろうとしている車種が相場で安くなっている場合は売却価格も安くなってしまいます。

何を重視にするかで選択しよう

これまで3つの売却方法について説明してきましたが結局のところどれを選択すればよいのでしょうか。

これは車を売却する際に何を重視するかによります。

例えば車をより高く売りたいという場合は高値で売れる傾向が強い個人売買や買取を利用するとよいでしょう。

いろいろとお店を回るのが面倒で、新車の購入と引き換えに車を引き取って欲しいという場合は下取りを利用しましょう。

車売却後のトラブルを避けたいという場合では下取りあるいは買取を選択するとよいと思います。

車を売却するときに自分自身が何を重視するのかということとそれぞれの売却方法の特徴を考慮して選択すると失敗せずに車を売却することができます。

より高値で売却するにはどうしたらいいの?

車を売るときなるべく高く売りたいと思いますよね。

高く車を売るためのコツとしては「複数の業者に値を競わせる」ことが挙げられます。

個人売買の例でもあったように「オークション」で値を競わせることによって売却価格が高くなっていきます。

買取でも同じで複数の買取業者に査定を依頼してそこで値を競わせると車をより高く売却することができます。

「一括査定」も利用しよう

車の売却方法の選び方としては車を売るときに何を重視するかで決めるとよいでしょう。

もし車をより高く売りたい場合は車売却後のトラブルを回避するためにも買取を選択しましょう。

とはいってもわざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買取専門店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

そして一括査定では所有者本人のみに限らず代理人もそれに申し込むことができます。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買取店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買取価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買取価格が決定します。

一括査定の結果、買取価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント