車を売るときのガソリン残量は空っぽでいいのか?損しない方法!

44車を売るときのガソリン残量は空っぽでいいのか?損しない方法!お役立ちコンテンツ

いざ車を売ろうとしたときにガソリンが空だったということはありませんか。しかし、その車を売って次に使う人のことを考えるとなんだか申し訳なくなりますよね。しかも、ガソリンの残量が空っぽだと買い取り業者のところに出向いて査定をしてもらうのもできなくなってしまうと思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも、売却する車のためにわざわざガソリンを入れるのもなんだかもったいないなぁという感じがします。ガソリン残量が空っぽの場合損なく車を売却するにはどうしたら良いのでしょうか。

ガソリンの残量が空っぽだと査定に響くのか

ガソリンの残量が空っぽだと査定額が減額されるのではないかと思われる方はいらっしゃいませんか。ガソリンの残量そのものは査定額に影響することはありません。エンジンの調子をみるためにエンジンがかかる程度にガソリンは残っていなければいけないですが、ガソリンの残量がないから減額というのはまずあり得ません。
仮にガソリンの残量がないまま買い取ったとしても整備工場でガソリンを入れれば良いだけの話ですから、ガソリンの残量は査定に何ら影響を与えないのです。もしガソリンの残量が少ないからという理由で査定額を減額する業者がいたらお断りしてしまって大丈夫です。

ガソリンを入れて売る方が得なのか

査定を出す際に車を買い取り業者のもとへ届けるためにガソリンを入れる必要が出てきます。しかし、売却する車のためにガソリン代をかけたくないと思う人がいらっしゃると思います。そのような場合は「出張査定」を依頼しましょう。出張査定は買い取り業者が自宅まで出向いて査定をしてくれるサービスです。これを利用すればわざわざガソリンを入れることなく査定をしてもらえるので是非利用してみましょう。
もし、買い取り業者のところに出向いて査定を依頼する場合、一概にはいえませんがだいたい1000円分のガソリンが入っていれば十分です。

ガソリン残量がなくても損なく売却する方法

ガソリン残量が空で損なく売却するには買い取り業者に出張査定をお願いしましょう。ただ、買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント