車を売るときの自賠責保険や任意保険などの保険について

車を売るときの自賠責保険や任意保険などの保険についてお役立ちコンテンツ

車を売るときに気になるのは加入している保険をどうしたら良いのかということではないでしょうか。自賠責保険にせよ、任意保険にせよいまの車を手放すわけだから解約しなければいけないと考えておられる方もいらっしゃると思います。車を売る際にこのような保険に対してどのような手続きが必要なのでしょうか。

「自賠責保険」と「任意保険」

自動車保険といっても大きく分けて2つの種類があります。それは「自賠責保険」と「任意保険」です。これら2つの保険の特徴や違いについて解説していきます。

自賠責保険は正式名称が自動車損害賠償責任保険といわれている保険です。この自賠責保険の大きな特徴は公道を走行する際、すべての車の所有者はこれに加入しなければならないという決まりがあります。そういうこともあって俗に「強制保険」ともいわれています。賠責保険で補償されるのはあくまでも対人事故における相手のケガなどの治療費や後遺症そして死亡による損害などに限ります。自損事故は補償されず、仮に対人事故を起こしてしまった場合だとその損害補償には自賠責だけではカバーしきれないという欠点があります。ですから、自動車保険に加入する際、多くのドライバーは自賠責保険に加えて任意保険に加入するのです。

一方、任意保険は自賠責保険よりも広範囲に事故の損害をカバーすることができ、自賠責保険では補償することのできない賠償にも対応している保険です。任意保険の一般的な補償内容には自賠責で補償される内容ことに加えて、事故で壊してしまった他人の車などのモノに対する賠償そして事故時の搭載者への補償と自分自身の車への補償が含まれます。また、任意保険では自賠責保険とは異なり自損事故への補償も行うことができます。保険のプランによって補償される内容は異なるので、目的に応じた補償を選んで加入することになります。

自賠責保険の手続き

まず、車売却時の行わなければならない自賠責保険の手続きについて説明します。自賠責保険は車を売っても解約することはできません。自賠責保険は契約の対象があくまでも「車」だからです。車を仮に売却したとしても、その車は自分以外の誰かによってまた乗られることになります。その車が使われ続けられる限り自賠責保険は解約することができないのです。よって、車を売却するときは名義人を変更するだけで済みます。名義変更はその車を買い取る業者が行ってくれるので特に心配いりません。

また、自賠責保険は一定の期間分の保険料をすべて新車購入時に支払いますが、未経過分の保険料は返ってこないのだろうかという疑問が出てくると思います。自賠責保険に関しては解約をしない限り解約返戻金受け取ることはできません。廃車にしたうえで自賠責保険を解約すれば解約返戻金を受け取ることはできますが、車を売却するときは先ほども述べたように自賠責保険を解約することができないので解約返戻金を受け取ることはできないので注意しましょう。

車の売却をしたのにもかかわらず、自賠責保険の契約更新のはがきが届く場合があります。この場合、自賠責保険の名義変更ができていないことになるので売却先にすぐ確認を取ってください。名義変更が行われていなかったとしても保険料を支払う必要がないことも覚えておくといいでしょう。

任意保険の手続き

続いて、車売却時の任意保険の手続きについて解説します。任意保険では保険を使わなければ1年ごとに等級がアップし保険料の割引率が上がる等級制度を採用しています。いまの車を手放して新しい車に変える場合は車両変更手続きをすることで等級を維持できるので、保険料の割引率も引き継ぐことができます。

しかし、保険を解約して新車で新たな保険に加入すると等級も最初の低い等級に戻ってしまい、割引率を引き継ぐことはできません。現在高い等級の場合は現在加入している保険で満足なら車両変更手続きを、いま加入している保険を見直したい場合は後述する中断手続きを行うのが良いでしょう。一方、低い等級の場合は解約してこれまでの加入していた保険を見直して新しい保険に加入するのが得策でしょう。

仮に解約をした場合、先ほどの自賠責保険のときにもありましたが未経過分の保険料は返ってくるのでしょうか。結論からいうと、返ってきます。解約時に保険会社の方で未経過分の保険料を計算し、解約と同時にその分の保険料を払い戻してくれます。

一方で、こんなケースもあると思います。車を手放すが、すぐには別の車を購入しないというケースです。この場合だといまの保険を解約するしかないように思いますが、実は中断手続きという方法をとれば次に車を購入したときに等級を引き継ぐことができます。このときに発行される中断証明書を持っていれば10年間は等級を維持し、保険料の割引率も車を手放したときのまま新しい保険に加入することが可能です。

自動車保険の見直しのポイント

車を手放すタイミングですから自動車保険を見直してみるのもいいと思います。そこで自動車保険を見直すポイントを何点か伝授します。
まず、運転者の年齢条件や運転者限定特約を見直してみましょう。自動車保険では運転者の年齢によって補償の対象を分けることができます。この補償対象を絞れば絞るほど保険料は安くなります。

例えば、補償対象が全年齢の場合はどの運転者が事故を起こしても補償されますが、その対象が35歳以上になっている場合は25歳の運転者が事故を引き起こしても保険がおりません。運転者限定特約は運転者を本人や配偶者などと限定することで保険料を抑える特約です。車を手放すタイミングで誰が次の車を運転する可能性があるのかというのを確認し、それに応じて年齢条件や運転者限定特約を見直してみましょう。

次はダイレクト型の保険の加入を検討してみましょう。通常自動車保険に加入するときは代理店を通して保険会社と契約を行います。一方で、ダイレクト型の保険の場合は代理店を通さずに保険会社と直接契約を結びます。ダイレクト型は代理店を通さないので、代理店経由で保険に入る場合よりもコストがかからないので保険料が安くなる傾向があります。

最後に、免責金額を見直してみましょう。通常、任意保険に加入している場合車両補償も入っていることも多いです。保険を見直すとはいえ車両保険を外すのもはばかれると思います。そのときは免責金額が適切か考えてみましょう。免責金額とは修理にかかる費用の自己負担額のことですが、これを引き上げると保険料は下がります。

任意保険の手続きを行ってから売却しよう

車を売却するときは自賠責保険なら買い取り業者が名義変更を行ってくれるので特に何もしなくてもいいですが、任意保険に関しては車両変更手続きと中断手続きそして解約手続きのいずれかを取らなければいけませんその際に自動車保険の見直しを行ったうえでどの手続きを行うか決めるのが良いでしょう。ただ、買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえばわからないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。
無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント