ローンが残っている車も売ることが可能?賢い売り方

ローンが残っている車も売ることが可能?賢い売り方 お役立ちコンテンツ

子供が生まれて家族が増えた、いきなり遠くに転勤となった、今乗っている車の状態が良くない等の事情で車の買い替えを検討している方に朗報です。

今乗っている手放したい車のローンが残っていても、車を売ることができるのです。

車は売らないといけないけどローンは残っているという心配も要りません。

 本当に売ることができるのか?

繰り返しにはなりますが、結論は売れます。

ローンが残っていても車を売れるのです。

ただすべての車について同じように売れるわけではないことを頭に入れておきましょう。

今乗っている車の「車の所有者は誰なのか?」そして「ローンはどのような状態なのか?」の2つのポイントから整理していきます。

以下では2つのポイントをもとに解説するので、皆さんはどのケースに当てはまるか確認してください。

さらにローンが残っていても車を高く売る賢い方法についても説明するので、見逃さないようにしてください。

ローンが残っていても賢く車を売る参考にしてもらえると幸いです。

車の所有者は誰なのか?

あなたが所有者の場合

ローンが残っていても自分名義の車ですので、売ることができます。

というのも、通常の場合であれば銀行等の金融機関でローンを自分の名義で組んでおり、現在乗っている車は自分のものであるためです。

ローンが残っていようが、自分の所有物ですので売ることはできます。

しかし、車を売ったからといってローンがなくなるわけではないので、ローンの支払いは続くことにご注意ください。

なおご契約中のローン次第では、ローンの支払いが残った状態で車を売ることを禁止している場合もあります。

ですので、ローンの内容を今一度入念に確認してから売ることをご検討ください。

 所有者が自分以外の場合

ディーラーなどの販売店でローンを組んでいる場合、所有者はディーラーあるいはローンを組んでいる会社になります。

したがって、あなたは車の使用者であっても所有者ではないのです。

ですので、車を売る場合にはディーラーないしはローン会社の許可なしでは売ることができません。

この状態で売ってしまうと罪に問われます。

このような場合に車を売るには「所有権解除」という手続きが必要になります。

つまり、車の名義を、ディーラーもしくはローン会社からあなたに変更することです。

その手続きには、以下の書類などが必要です。

すべてではない可能性もありますので、ご自身で再度調べて確認して見てください。

自動車検査証(車検証)

新旧所有者の印鑑証明

新旧所有者の委任状

納税証明書

譲渡証明書

新所有者の車庫証明

自動車納税証明書

実印

これらの書類はお忘れなく手続きに持参しましょう。

中には作成に現在の車の名義者の確認が必要なものもありますので、所有権解除の手続きは早めに準備しましょう。

ただし、現在支払いが残っているローンについては引き続き支払いが必要になることにご注意ください。

これらの手続きは煩雑ですので、精通しているディーラーなどの業者にお願いすることも1つの手だと思います。

ローンはどのような状態なのか?

もちろんローンが残った状態で車を売る際には、ローンを一括返済できる状態が最も望ましいかと思います。

しかしそうでない方も多いと思いますので、3通りに分けて主な対処法を示すので、参考にしてください。

ローンの支払い能力がない

まず金銭的な余裕がないということですので、すぐに売ることを強くオススメします。

お金が厳しいと精神的にも厳しいものがあると思います。

もしローンの残額より高く売ることができれば、その差額もあなたのもとへ返ってきます。安心できると思います。

万が一、ローンの残高より低い額で売れてしまっても、返済額は大幅に減ることでしょう。こちらも金銭的に余裕ができると思います。

今すぐ売るための行動に移すことを再度強くオススメします。

売った金額よりもローンが高い

残念ながら、今乗ってる車のローンは完済できなかったということです。

もちろんローンはすべて返済する必要があります。

ですので、今あるあなたの貯金で賄うもしくは次に購入する車のローンに上乗せすることをご検討ください。

しかし、ローンの審査も厳しくなり、月々の返済額も高くなる傾向にあります。

返済できるかは十二分に検討してから、次に購入する車そしてローンの組み方を決めるようにしましょう。

また、販売店によってはローンに上乗せするサービスを扱っていないこともありますので、事前に確認するようにしてください。

売った金額よりもローンが安い

こうなれば嬉しいですよね。

今乗ってる車のローンは完済されるので、余った資金で次の車の購入費用など様々な使い道を検討できます。

余った資金を次の車の購入費用に当てることができ、次の車のローンの額を少なくすることもできます。

その点は大いにご検討ください。

「ローン完済サービス」を利用してみよう

以上のような手続きを一括して進めてくれる買い取り店の「ローン完済サービス」を利用すると、手間がかからず車をすぐに売ることができます。

所有権解除についても引き受けてくれるため、ローン完済サービスは非常に便利です。

また、ローンが完済できない場合も柔軟に上乗せローンを組んでくれることもありますので、積極的にご検討ください。

「廃車」となったときの対処法

また非常に稀な場合ですが、事故やトラブルで廃車になったしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

基本的には残ったローンを計画通りに返済するか、一括で返済することになりそうです。

しかし事故車でも売ることができるお店もあるため、一括査定に出すことで廃車にかかる費用やローンを減額することができることもあるそうです。

このような事態に残念ながらなってしまった際には、一度ご検討ください。

まとめ

以上のように、所有者とローンの2つの状態をきちんと確認することが大事です。

所有者は名義人が自分なのかディーラーあるいはローン会社なのかを確認しましょう。

ローンの残高は今乗ってる車を売った額より安い場合と高い場合、それぞれについて異なる対応があったと思います。

これらを一括で進められる「ローン完済サービス」を積極的に活用することをオススメします。

以上のように確認した情報をもとにより高く売る賢い方法を検討してください。

その際複数の買い取り業者と連絡を取り合うことが想定されます。

ローンが残っている車を対象にしても世の中には多くの車の買い取り業者が存在しています。

買い取り業者といってもたくさんあってどこに査定してもらえば分からないし、わざわざ自分で業者1つ1つに連絡を取って査定してもらうのも面倒ですよね。

そこで、登場するのが「一括査定」です。

一括査定とはその名の通り、複数の買い取り店に同時に車を査定してもらうことです。

一括査定は無料で行うことができ、しかも愛車をわざわざ店舗に持っていくことなく、買い取り店が出張査定してくれるので大変便利です。

一括査定の流れとしてはネットからの申し込み完了後中古車買い取り店から連絡がいき、車種情報からの大まかな買い取り価格を聞いたうえでどこに実際に査定してもらうかを決め、実際の車を査定したうえで買い取り価格が決定します。

一括査定の結果、買い取り価格が高いところと最も低いところでは約30万円も差が出ることがあるようです。

無料で一括査定は行えますから、これを利用して車がより高く売れるお店を選んでみてくださいね。

コメント