レクサス LSの買取相場・査定相場一覧

レクサス LSの買取相場・査定相場一覧 中古車の買取相場について

スタイリッシュで人気の高いレクサス。その中でもトップクラスのカッコよさを誇るレクサスLSを売却したいと考えている方に、今回はできるだけお持ちの車を高く売るための情報、そして買取相場についてご紹介します。

レクサス LSとは

トヨタ自動車が手がける車の一種として知名度の高い高級車「レクサス」のフラグシップセダンとして発売しているLS。

1989年にトヨタ自動車がアメリカを主な拠点として新たに開発した高級車ブランド「レクサス」の最上級車として登場したのが始まりです。

LSが生まれる以前は北米の高級車市場においては「キャデラック」「リンカーン」などのアメリカのメーカーや「メルセデスベンツ」「BMW」など西ドイツのメーカーが陣取っていました。

その頃は日本車メーカーが新しく事業を展開したところで、入る余地はないと断言されていたのですが、トヨタは1980年代初め頃からLSのマーケティングを始動。

高級車市場に新しい風を吹かせる存在にまで登りつめていくのです。

トヨタの粘り強さが功を成し、北米マーケットで大人気のブランドとなっていきました。

とりわけ「静粛性」「V型8気筒エンジン」のクオリティーの高さが評価され、他のメーカーに衝撃を与えたのは有名な話です。

また、レクサスの事業が成功したことで後世に登場するフォルクスワーゲンなどの大衆車メーカーが高級車市場へ参入するきっかけともなりました。

レクサス LSの魅力

高級車のイメージだけでいうと海外のメーカーの印象が強いかもしれませんが、日本の高級車も引けを取らないものが多いです。

レクサスは日本の代表的自動車メーカー・トヨタが心血を注ぎ世の中に送り出した高級車ブランド。

1,000万円をゆうに超過するモデルも多数あり、一般的な車種との格の違いが見られます。

予備知識ではありますがレクサスは3代目まで「セルシオ」として販売されていました。

こちらの名前ならば記憶にあるというユーザーの人は案外多いものです。

レクサスの素晴らしいポイントは多数ありますが、まず何と言っても外観のゴージャスさが挙げられます。

レクサスLSは一目にしただけで高級車の風格を感じさせるような外装となっています。

デザインフィロソフィー「L-finesse」にのっとり手がけられた美しいフロントフェイスやツヤ感がファンの心をときめかせる仕様です。

レクサスの型の中で特にLSは国内はもちろんのこと海外からも絶大な支持を受けています。
1989年より北米に進出したこともあって、日本車が海外に通用する瞬間を作った車とも取れるのです。

内装においてもピカイチの機能を誇っているのがレクサスLSです。

走りの面においても安全面においても高水準を満たす車種で、力強くありながら優雅さも忘れない「HULTI STAGE HYBRID」やエンジンに工夫が見られます。

安全性においては「レクサス セーフティシステム+A」が機能するのが特徴です。

トヨタ自動車の最高峰の技術を駆使した予防安全システムで、心地よく安全なドライブを行えます。

レクサス LSの買取相場・査定相場について

2017年のデータを見ると相場は上昇傾向にありました。

ただし年式・走行距離の割に値段の張る車は敬遠されることがあります。

以降走行距離が10万キロを超える型が流通して、下落の一途をたどったようです。

総括すると希少価値の高い車種を除き、中古車市場に出回る車の数は増えていて、それらの価値は低くなっています。

走行距離が長ければ長いほど値段は下落気味で、価格が高くつきがちなのはパールや黒などといった人気カラーのものでした。

シルバーも出回っているようですが、値段は横ばいになる傾向です。

しかしいくら人気とはいえ高級車なので割高のわりに性能面に傷がついていたりすると高額取引は難しいようです。

価格と性能のバランスが取れた車両が最も価値が見出されています。

レクサス LSを高く売るには?

言わずと知れた高級車レクサスLSを少しでも高く買取に出すには、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

一つが、査定に出すタイミングを見計らうということです。

というのは、高級車なので中古販売においても一般車に比べると高く値段をつけてもらえることがあります。

高級車が販売にかけられるタイミングというのは3月・9月・12月などボーナスの後のシーズン、決算期に購入したいという声がかかりやすいです。

オプションが正規品でまとまっていればなおさら高額取引が望めます。

各部品が欠けることなく揃っている状態を保てば、より一層期待値が高まるのも押さえておきましょう。

まとめ

日本のみならず海外にまで羽ばたいている自動車メーカー・トヨタ。

そんなトヨタから高級車の看板を背負って出荷されているレクサスLSですが、見た目のゴージャスさは見る人を惹きつけ、実際の乗り心地も最高という欠点の見つけにくい車種です。

高級車は一般車より高値で買取してもらいやすいですが、傷がついていたり走行距離が長いとマイナスポイントになることも考えられます。

愛車を手放す時はなるべくベストな状態で送り出すようにしたいですね。

コメント