日産 モコの買取相場・査定相場一覧

日産 モコの買取相場・査定相場一覧 中古車の買取相場について

軽自動車全体に言えることですが、軽自動車に乗る最大のメリットは、コストを安く抑えられる点にあります。
普通車の自動車税は、最低でも年額29,500円。
しかし、軽自動車の場合は、軽自動車税を年額10,800円納めるだけですみ、普通車の約1/3の金額です。
また、軽自動車は、全長が3,400mm以下、全幅が、1,480mm以下で、よくタクシーなどで使われている車のサイズに比べると、全長は1,295mm、全幅は215mmも小さいのです。

ボディがコンパクトだと、狭い道でも悠々と通れますので、運転に自信のない方や、運転初心者も安心。買取に出す際にも軽自動車は乗り手が多いので査定に良い影響がでることがあります。

日産 モコ(トールワゴンタイプ)は、軽自動車の定番といえる形で、走行性能、車内の空間の広さが、高いバランスでまとまっています。

そんな軽自動車の中でも、今もなお人気の高い、日産モコの買取査定事情についてと日産モコについてをご紹介します。

日産 モコとは

モコ(MOCO)は、スズキ・MRワゴンの姉妹車種で、日産自動車によって発売された軽トールワゴンです。
「若いアクティブなママが、子供と一緒にどこへ行ってもジャストフィットできるベストパートナー」というコンセプトのもとつくられました。

「モコ」という車名は、女性に長く愛される親しみやすい車を目指し、“モコモコ”の可愛いらしい擬態語に由来して命名されました。
飽きのこないエクステリアデザインで、使いやすく身近な軽ハイトワゴンに相応しい素敵なネーミングと言えるでしょう。

日産 モコの魅力

日産モコは、2002年空2016年まで発売された軽トールワゴンで、2016年の3代目モコの時に販売終了になりました。現在は中古車として販売されています。

2002年~2006年の初代モコは、レバー1つでシートを倒せる機能などシートアレンジが豊富で、後部座席に左右独立前後スライド機能を備えたりしていました。

ターボエンジンを搭載し、ルーフスポイラー、アルミホイールを標準装備としたスポーティなモデルも販売されていました。

2006年空2011年の2代目モコは、初代の丸みを強調したデザインでしたが、フルモデルチェンジを果たす度にそのイメージを変えていきました。

初代は安全性能は弱かった印象のあるモコに、安全基準を満たす装備が沢山つきました。特別仕様車として販売された内装をすべてチョコレートカラーで塗りつくしたカラー「ショコラティエコレクション」が話題となったこともあり、現在の人気につながっています。

2011年~2016年までの3代目モコは、かわいらしさを押し出したトールワゴンタイプで、女性の可愛らしくアレンジ可能な自分の部屋がそのまま車になったような印象です。

モコが人気の理由は、インテリアやカラーバリエーションはもちろんですが、燃費がとてもいいところにもあります。

車を持つには維持費がかかります。税金は金額は決まっているので、1番コストのかかるのはガソリン代ですね。

現在、エコカーやハイブリット車など地球環境や燃費を抑えるエコを意識した車もたくさん販売されているますが、その中でもクラストップレベルの低燃費車と言われています。

環境にも優しく、減速エネルギーで発電して再利用したり、アイドリングストップ機能などによって30km/Lという燃費性能となっているので環境にも大変優しい車。

社内空間も軽でありながら、窮屈さが抑えられており、ゆったりと広く、居心地の良さが感じられます。

またその他にも、ワンタッチのプッシュエンジンスターター、クリーンで良い空気を維持できる、インナーグリーンという室内快適性能、キーの抜き差しをする必要がないインテリジェントキーなど、機能性の高さも人気の理由です。

運転初心者の方でも小回りの効ききもよく、視界も良好で運転しやすく、おすすめです。
また、モコの「若いアクティブなママが、子供と一緒にどこへ行ってもジャストフィットできるベストパートナー」というコンセプトどおり、子供の送り迎えや近所へお買い物など、セカンドカーとしても良いでしょう。

日産 モコの買取相場について

日産モコは3年落ち、5年落ち、7年落ちのもの、いずれの年数経過においてそれぞれ買取相場が安定しています。 安定しているということはこれから売却を考えており、査定にだすことを目的としている人にとってみてはいいタイミングであると言えるでしょう。自分が売却したいと思うタイミングで問題ないかと思います。

これから、売却を考えられている方は一度一括査定にだしてみて、現在の売却価格を調べてみることをおすすめします。何も事前情報がなく、一社で査定してしまうと、安くたたかれてしまう可能性があるので、こういった一括査定サービスを利用するとよいでしょう。

買取相場はあがることもなく、大幅にさがることもないと予想されますので、売却を視野に入れている方は買取相場を頭にいれて、走行距離などを気にするようにしましょう。

日産 モコを高く売るには?

日産モコは、現在、新車販売をしていません。しかし、中古車としては、今もなお人気があるため、高価買取りしてもらうことが期待できます。

しかし、生産が終了したのが2016年のため、現在日産 モコを所有されている方のほとんどが結構な走行距離を重ねているのではないでしょうか?

走行距離は、買取査定において大きなポイントとなります。

買取を検討している場合は、50,000キロ、100,000キロといった価格を大きく左右する数値が近い場合は超えないよう、注意するといいでしょう。
100,000キロ以上で、価格は大幅に下落します。逆に言ってしまえば、走行距離の少ない日産 モコであれば高額査定が期待できるのです。

また、ビターなカラーやレトロなデザインは、女性からの需要が高いです。

気をつけたいのは、ディーラーでの下取りの場合、下取り査定では、年式・走行距離ごとに決められた査定基準をもとにして評価します。基本的には減点方式で査定をするため、人気度などが査定額に反映されにくいです。

しかし、買取店であれば、市場の人気度をダイレクトに反映してくれます。市場の相場が主な基準になるため、モコを少しでも高く売るには、買取店のなかから、より高く売れるところを探すべきです。

複数の買取店に査定をしてもらうと、それぞれ数十万円の差が生じることもあるので、少しでも高く売れるように、できるだけ多くのお店で査定をしてもらい、その中から、より好条件のところを選ぶと良いでしょう。

まとめ

今まで大切に乗ってきた車なら、できるだけ高く売りたいと思うのではないでしょうか。
モコは非常に人気が高い車なのでそれなりの値段がつくとおもいます。
買い換えを検討している方は、大きく値下がりしていない、現在が、高く売る絶好の時ではないでしょうか。

コメント